高城剛メルマガ「高城未来研究所「Future Report」」より

小さな仏教都市にも訪れている世界的な観光バブル

高城未来研究所【Future Report】Vol.417(2019年6月14日発行)より

今週は、インドのダラムサラにいます。

インド北部の小さな町は、1953年に中国人民解放軍がチベットを軍事制圧したチベット動乱により、ラサを追われたダライラマ14世に対し、インド政府がダラムサラの一角(マックロード・ガンジとカンチェン・キション)を提供したことから、ここにチベット亡命政府が発足し、世界的に注目を集める場所となりました。

もともとこの街は仏教が盛んな土地で、19世紀にはチベット人による僧院の建立もあったことから、チベット動乱の際に、逃げ出した数万のチベット人が当地に移住。
しかし、彼ら(と二世)はいまも「難民」であり、正式なパスポートを保有していない状況が続いています。

通称「上ダラムサラ」には、1万5000人以上のチベット人が生活をするマックロード・ガンジと、亡命政権の官庁があるカンチェン・キション(雪有る幸福の谷の意)のふたつのエリアがあり、もともと静かな町でしたが、現在、マックロード・ガンジの大半は、涼しさを求める人たちと、「フリーチベット」を声高く上げる観光客によって占められています。

インド北部にあるデリーでさえ、日中は40度を超える日が続くため、この時期にはインド全土から観光客が避暑地を求めて続々と到来。隣のラジャスタン州では、今週50度を超えています。
中間層が爆発的拡大を続けるインドでは、国内観光客も増大しており、ヒマラヤの麓で、チベット人が住むダラムサラに人が大挙して押し寄せ、ちょっとした観光パニック状態。
山の中腹にある小さな町の小さな路地に、何万という車が四方八方から押し寄せるので、市の中心地は毎日大渋滞が続き、酷い日には、2時間で1メートルも車(エアコンなし)が進みません。

信号もない上に、交通警察官の姿を見ることは稀で、町の青年がボランティアで交通整理をしている様を、何度も目撃しました。
渋滞がひどいことで有名なインドですが、この時期、ダラムサラのマックロード・ガンジは、常軌を逸しています。

そこで、中心地は歩くに限りますが、日々30度で(インドでは涼しい)、高度も2000メートルを超えていることから日差しが強く、その上、渋滞と焼畑農業により空気は酷い有様で、歩くと目も喉も痛くなってしまうほど。
本来、ダラムサラは「ピースフル」や「スピリチュアル」な地と呼ばれていましたが、実態はそれらと大きくかけ離れた状況です。

実は30年ぶりに訪れたのですが、かつての印象は、荘厳な山にある静かな町の印象でしたが、世界的な観光バブルは、小さな仏教都市にも訪れていることを、実感しました。

21世紀の黄金は、静寂である。

そう考える、今週です。
 

高城未来研究所「Future Report」

Vol.417 2019年6月14日発行

■目次
1. 近況
2. 世界の俯瞰図
3. デュアルライフ、ハイパーノマドのススメ
4. 「病」との対話
5. 身体と意識
6. Q&Aコーナー
7. 連載のお知らせ

23高城未来研究所は、近未来を読み解く総合研究所です。実際に海外を飛び回って現場を見てまわる僕を中心に、世界情勢や経済だけではなく、移住や海外就職のプロフェッショナルなど、多岐にわたる多くの研究員が、企業と個人を顧客に未来を個別にコンサルティングをしていきます。毎週お届けする「FutureReport」は、この研究所の定期レポートで、今後世界はどのように変わっていくのか、そして、何に気をつけ、何をしなくてはいけないのか、をマスでは発言できない私見と俯瞰的視座をあわせてお届けします。

高城剛
1964年葛飾柴又生まれ。日大芸術学部在学中に「東京国際ビデオビエンナーレ」グランプリ受賞後、メディアを超えて横断的に活動。 著書に『ヤバいぜっ! デジタル日本』(集英社)、『「ひきこもり国家」日本』(宝島社)、『オーガニック革命』(集英社)、『私の名前は高城剛。住所不定、職業不明。』(マガジンハウス)などがある。 自身も数多くのメディアに登場し、NTT、パナソニック、プレイステーション、ヴァージン・アトランティックなどの広告に出演。 総務省情報通信審議会専門委員など公職歴任。 2008年より、拠点を欧州へ移し活動。 現在、コミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門に、創造産業全般にわたって活躍。ファッションTVシニア・クリエイティブ・ディレクターも務めている。 最新刊は『時代を生きる力』(マガジンハウス)を発売。

その他の記事

「日本の労働生産性がG7中で最下位」から日本の労働行政で起きる不思議なこと(やまもといちろう)
『ぼくらの仮説が世界をつくる』書評ーかつて本には「飢え」を感じるような魅力があった(岩崎夏海)
大手プラットフォーマーとのつきあいかた(本田雅一)
夏休みの工作、いよいよ完結(小寺信良)
週刊金融日記 第310号【教育工学も基本は恋愛工学と同じ、米中貿易戦争勃発、目黒駅の安くて美味しい立ち飲みビストロ他】(藤沢数希)
ハードウェア事業を見据えたアップルのしたたかなプラットフォーム戦略(本田雅一)
「USB-C+USB PD」の未来を「巨大モバイルバッテリー」から夢想する(西田宗千佳)
『ご依頼の件』星新一著(Sugar)
『一人っ子政策廃止』は朗報か?(ふるまいよしこ)
幻の鳥・ドードーの来日説を裏づける『オランダ商館長の日記』(川端裕人)
伊達政宗が「食べられる庭」として築いた「杜の都」(高城剛)
ゲームを通じて知る「本当の自分」(山中教子)
Netflix訪問で考えた「社内風土」と「働き方」(西田宗千佳)
石田衣良がおすすめする一冊 『繁栄―明日を切り拓くための人類10万年史』(石田衣良)
『マッドマックス 怒りのデスロード』監督ジョージ・ミラーのもとで働いた時のこと(ロバート・ハリス)
高城剛のメールマガジン
「高城未来研究所「Future Report」」

[料金(税込)] 880円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回配信(第1~4金曜日配信予定。12月,1月は3回になる可能性あり)

ページのトップへ