高城剛メルマガ「高城未来研究所「Future Report」」より

「昔ながらのタクシー」を避けて快適な旅を実現するためのコツ

高城未来研究所【Future Report】Vol.369(2018年7月13日発行)より


今週も、札幌にいます。

馴染みの鮨屋に出向くと、年々黒潮が国土から離れ、同じ魚を獲るにも燃料コストが上がったと嘆き、古い友人たちと話せば、まるでこの世の終わりのような重い雲に覆われた日が続く異常気象に、すっかり疲れています。
これは、北海道だけの問題ではなく、僕らが知らぬところで、この星に大きな変化が起きているのは間違いないと実感する今年の夏です。

さて、夏休みが近づくにつれ、旅のご案内や観光情報をお求めになる方も増えますが、どの旅行ガイドブックを見ても乗ってないのが、タクシー情報です。

全国通津浦々どこに行っても、日本ではそれなりの都市であればタクシー網が整備されており、実はこの地域に根付くタクシーには特色がありまして、値段やサービスだけでなく、地域によって大きな特徴があります。

例えば、今週滞在する札幌には、僕のお気に入りのMIDというタクシー会社がありまして、ここは、全車乗りごごちがバツグンのブラック・アウディを、通常のタクシーと同じ金額で提供しています。

アムステルダムの空港に降り立つと、レーンに並ぶタクシーは全車テスラで、ここにオランダの先進性を見ることができるように、空港は、その国の顔であることは間違いありません。
このコーナーでも頻繁に空港のあり方をお話ししており、それは空港のデザインや機能性に限らず、空港全体を生態系として考えるようなエコシステムが最終評価を分けています。

日本のほとんどの空港で見かけるのは、「昔ながらのタクシー」が大半で、Uberを呼ぶこともできません。
近年、配車アプリケーションなども登場していますが、実態は無線基地につながり、いまも「昔ながらのタクシー」に「昔ながらの無線」でアプリケーション情報を伝えているにすぎません。

そこで、僕はUberが使えない日本の地方都市に行く際に、都市別のお気に入りタクシー会社を決めて乗車するようになりました。

いつものように10リットルのバックパックだけなら交通手段も選べますが、大きな機材を持って、札幌市内から新千歳空港に4人で移動する場合、定額タクシーが便利で、同じコストなら「昔ながらのタクシー」より、アウディA6 Avantのほうが心地よいに決まっています。

シェイクスピアの有名なセリフ「終わりよければ、すべてよし」と言うように、先入観や第一印象より、旅の最後を締めくくる空港までのアクセスが、意図せずとも旅の評価を決めるものです。

さて、2020年までに、海外ゲストをあっと言わせるようなタクシーは、東京に登場するのでしょうか?

国家の印象は思いもよらぬところに潜み、だからこそゲストをアッと驚かせる可能性も持つのです。

 

高城未来研究所「Future Report」

Vol.369 2018年7月13日発行

■目次
1. 近況
2. 世界の俯瞰図
3. デュアルライフ、ハイパーノマドのススメ
4. 「病」との対話
5. 身体と意識
6. Q&Aコーナー
7. 著書のお知らせ

23高城未来研究所は、近未来を読み解く総合研究所です。実際に海外を飛び回って現場を見てまわる僕を中心に、世界情勢や経済だけではなく、移住や海外就職のプロフェッショナルなど、多岐にわたる多くの研究員が、企業と個人を顧客に未来を個別にコンサルティングをしていきます。毎週お届けする「FutureReport」は、この研究所の定期レポートで、今後世界はどのように変わっていくのか、そして、何に気をつけ、何をしなくてはいけないのか、をマスでは発言できない私見と俯瞰的視座をあわせてお届けします。

高城剛
1964年葛飾柴又生まれ。日大芸術学部在学中に「東京国際ビデオビエンナーレ」グランプリ受賞後、メディアを超えて横断的に活動。 著書に『ヤバいぜっ! デジタル日本』(集英社)、『「ひきこもり国家」日本』(宝島社)、『オーガニック革命』(集英社)、『私の名前は高城剛。住所不定、職業不明。』(マガジンハウス)などがある。 自身も数多くのメディアに登場し、NTT、パナソニック、プレイステーション、ヴァージン・アトランティックなどの広告に出演。 総務省情報通信審議会専門委員など公職歴任。 2008年より、拠点を欧州へ移し活動。 現在、コミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門に、創造産業全般にわたって活躍。ファッションTVシニア・クリエイティブ・ディレクターも務めている。 最新刊は『時代を生きる力』(マガジンハウス)を発売。

その他の記事

『外資系金融の終わり』著者インタビュー(藤沢数希)
人生の分水嶺は「瞬間」に宿る(名越康文)
なぜ僕は自分の作品が「嫌」になるのか–新作『LAST KNIGHTS / ラスト・ナイツ』近日公開・紀里谷和明が語る作品論(紀里谷和明)
会員制サロン・セキュリティ研究所が考える、日本の3つの弱点「外交」「安全保障」「危機管理」(小川和久)
ショートショート「金曜夜、彼女のジョブ」(石田衣良)
ビデオカメラの起動音、いる?(小寺信良)
「狂信」と「深い信仰」を分ける境界(甲野善紀)
旅行需要急増でのんびり楽しめる時間が残り少なくなりつつある南の島々(高城剛)
緊張して実力を発揮できない人は瞬間的に意識を飛ばそう(名越康文)
スルーカ! スルーカ!(小寺信良)
クラウドファンディングの「負け戦」と「醍醐味」(西田宗千佳)
Appleがヒントを示したパソコンとスマホの今後(本田雅一)
人はなぜ初日の出に惹かれるのか–数万年の心の旅路(鏡リュウジ)
岐路に立つデジカメ、勝ち組キヤノンの戦略(小寺信良)
負け組の人間が前向きに生きていくために必要なこと(家入一真)
高城剛のメールマガジン
「高城未来研究所「Future Report」」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回配信(第1~4金曜日配信予定。12月,1月は3回になる可能性あり)

ページのトップへ