城繁幸
@joshigeyuki

メルマガ『サラリーマン・キャリアナビ』より

ワタミ的企業との付き合い方

過重労働企業は日本中にゴロゴロしている

女性従業員の過労自殺問題によって、大手居酒屋チェーン・ワタミの労働環境に注目が集まっている。月100時間超残業の常態化や、15時間ほぼ連続労働など、かなり過酷な環境と言わざるを得ない。こうなると、メディアに出たがりなトップに批判が集中するのも仕方ないだろう。教育に口を出す暇があったら社内の労務管理くらいきっちりやれということだ。

ただ、この手の過重労働企業はワタミの専売特許ではなく、業種問わず日本中にゴロゴロしている。たとえば2008、2009年と2年連続で「社長が選ぶNo1経営者」にトップが選ばれ、学生の就職人気でも上位に位置するファーストリティリング(以下ユニクロ)が典型だ。

最近「POSSE vol14」の特集でも取り上げられ話題となっているが、日に14時間を越える拘束に加え、各種試験、休日出勤対応による過酷な労働環境は、ワタミと遜色ないレベルだろう。採用段階でかなり人材を絞り込んでいるにもかかわらず、2年で半数が離職するという状況は、ワタミ以上という気もする。※

フォローしておくが、ワタミやユニクロのような企業は、けして悪い会社ではないということだ。上手く付き合えば、そこでしか得られない貴重な経験がキャリアとしてつめる場にもなりうる。また、今後の国内市場縮小が確実で、かつ労働条件の柔軟な切り下げが認められていない日本においては、今後もこういった問題は増え続けるだろう。そこで、今回は、あえてこの種の「ワタミ的企業」との付き合い方を考えてみたい。

1 2 3 4
城繁幸
人事コンサルティング「Joe's Labo」代表取締役。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通入社。2004年独立。人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種メディアで発信中。代表作『若者はなぜ3年で辞めるのか?』『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』『7割は課長にさえなれません 終身雇用の幻想』等。

その他の記事

音声で原稿を書くとき「頭」で起きていること(西田宗千佳)
復路の哲学–されど、語るに足る人生(平川克美)
なくさないとわからないことがある(天野ひろゆき)
IoTが進めばあらゆるモノにSIMの搭載される時代がやってくる(高城剛)
無意識の中にある「他者への期待」–その功罪(名越康文)
『心がスーッと晴れ渡る「感覚の心理学」』著者インタビュー(名越康文)
長崎の街の行方に垣間見える明治維新以降の日本社会の力学(高城剛)
夕陽的とは何か?(前編)(岩崎夏海)
フースラーメソード指導者、武田梵声の大阪講演2017開催決定!(武田梵声)
夏の京都で考える日本の「失われた150年」(高城剛)
なぜ若者がパソコンを使う必要があるのか(小寺信良)
株の運用、まずはゲームから(石田衣良)
クラウドファンディングの「負け戦」と「醍醐味」(西田宗千佳)
学術系の話で出鱈目が出回りやすい理由(やまもといちろう)
移動速度とアイデアは比例するかを考える(高城剛)
城繁幸のメールマガジン
「『サラリーマン・キャリアナビ』★出世と喧嘩の正しい作法」

[料金(税込)] 324円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回配信(第2第4金曜日配信予定)

ページのトップへ