夜間飛行が卓球DVDを出すまでの一部始終(第1回)

唐突な持込み

2012年4月某日、夜間飛行事務所で編集作業に勤しむイノウエに届いた1本のメールからすべては始まった。

 

イノウエ様

ご無沙汰しております。
I出版のTです。ちょっとご相談があってメールをしました。

私が習っている卓球の先生が、ご自分の理論を本かDVDにまとめたいということで相談がありました。ご承知のとおり、私のところではスポーツものは扱うのが難しいのですが、内容的にはとてもおもしろいもので、夜間飛行さんなら何らかの形でご検討いただけるんじゃないかと思い、ご相談しました。

突然のご相談なので「卓球? なぜ夜間飛行で?」とクエスチョンマークだらけかと思います。ひとまず、サンプルの映像があるので、ちょっと見ていただいて、ご感想をいただければ幸いです。

http://youtu.be/LCy5UFEPc24

 

夜間飛行には毎日のように、さまざまな企画の持ち込みがある。しかし「卓球のDVDを作らないか」という持ち込みは初めてだ。なぜ夜間飛行で卓球なのだ? イノウエは混乱した。

もちろんイノウエ自身は、夜間飛行の仕事をメールマガジンの発行スタンドで終わらせるつもりはなかった。著者の、あるいはコンテンツの持っている可能性を最大限に引き出すこと。なにより「すごいもの」の「すごさ」をできるだけ多くの人に知ってもらうこと。そのためのビジネスモデル構築が夜間飛行の目的だと思っている。しかし夜間飛行はいまのところ、厳選された著者によるメールマガジンを発行する会社として見られている。その中で「卓球のDVD」はいかにも唐突と言えるだろう。

Tはイノウエと同年代の編集者で、同じ著者の担当者だったこともある。とある飲み会の席で、Tもイノウエも中学・高校時代に卓球部だったことを話したこともあった。

たぶん、「卓球経験のある編集者」ということで自分のところに持ち込んだのだろう。イノウエはそれほど大きな期待はせず、送られて来た動画のURLをクリックした。youtubeの限定公開設定されたその動画には、「ARP理論DVD企画試作ver1.0」とタイトルがついていた。

 

動画を見たイノウエはすぐにTの携帯電話に連絡を入れた。

 

第二回へ続く)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2012年12月11日発売!

壁を越えたいすべての人に贈る
究極の卓球理論DVD

[DVD] 軸・リズム・姿勢で必ず上達する 究極の卓球理論ARP(アープ)

世界のトップ選手たちはなぜあれほど速く、激しいラリーの中でもバランスの取れた、美しい姿勢を崩さずにプレーを続けられるのか。全日本選手権を2度制し、世界選手権団体優勝に導いた名選手・山中教子がまとめた卓球理論=ARP(アープ)理論は、その秘密を軸・リズム・姿勢の三要素でひもとき、誰でも学べる形にまとめている。初心者からトップランカーまで、卓球に取り組むすべてのプレーヤー必携の究極の卓球理論!!

特設販売サイトはこちら!
http://arp.yakan-hiko.com/

その他の記事

2020年の超私的なベストアルバム・ベストブック・ベストデジタル関連アクセサリー(高城剛)
変化のベクトル、未来のコンパス~MIT石井裕教授インタビュー 後編(小山龍介)
コロナワクチン関連報道に見る、日本のテレビマスコミの罪深さ(やまもといちろう)
ピコ太郎で考えた「シェアの理解が世代のわかれ目」説(西田宗千佳)
iPad Pro発表はデジタルディバイス終焉の兆しか(高城剛)
僕がネットに興味を持てなくなった理由(宇野常寛)
日本が観光立国になり得るかどうかの試金石はVIPサービスにあり(高城剛)
ファッショントレンドの雄「コレット」が終わる理由(高城剛)
カバンには数冊の「読めない本」を入れておこう(名越康文)
変化のベクトル、未来のコンパス~MIT石井裕教授インタビュー 前編(小山龍介)
日本の未来の鍵は「日韓トンネル」と「日露トンネル」(高城剛)
インド最大の都市で感じる気候変動の脅威(高城剛)
伸びる人は「2週間1単位」で生活習慣を整える(名越康文)
「履歴」をもっと使おう(西田宗千佳)
フィンテックとしての仮想通貨とイノベーションをどう培い社会を良くしていくべきか(やまもといちろう)

ページのトップへ