メルマガ『大人の条件』にて連載中の<「おとな学」入門>より

悲しみの三波春夫

寝転んで、お腹を掻きながら

「おとな学」なんていうタイトルで、原稿を書いているわけですが、じっさいのところ「おとな」を定義するものなどはないのです。

まさに、ヘーゲルがいうように「王が王であるためには、家臣がいるから」というほかはありません。「おとながおとなであるためには、こどもがいるから」ということですね。では、こどもとは何かということになりますが、こちらの方も定義することなどはできません。「こどもがこどもであるためには、おとながいるから」という他はないのです。

現代という時代は、このこどもとおとなの境界線があいまいになった時代だといえるだろうと思います。その理由は様々あるのでしょうが、わたしは市場経済の隆盛というものが、大きな理由のひとつではないかと考えています。

今回はそのことをご説明しましょう。

もともと、定義も公準もない「おとな」とか、「こども」といった言葉をめぐっての考察ですので、科学的な根拠のある話ではありませんし、何か答えが出てくるような問題でもありませんので、寝転んで、お腹でも掻きながら、お読みいただければ結構です。

寝転んで、お腹を掻きながら、書物を読むというのは、実はわたしが描いているおとなのイメージでもあるわけです。こどもはそんなことしませんからね。

1 2 3 4 5

その他の記事

週刊金融日記 第281号 <Pythonで統計解析をはじめよう、北朝鮮ミサイル発射でビットコイン50万円突破>(藤沢数希)
「ブラック企業」という秀逸なネーミングに隠された不都合な真実(城繁幸)
「わからない」という断念から新しい生き方を生み出していく(甲野善紀)
【対談】類人猿分類の産みの親・岡崎和江さんに聞く『ゴリラの冷や汗』ができたわけ(1)(名越康文)
昨今の“AIブーム”について考えたこと(本田雅一)
スーツは「これから出会う相手」への贈り物 (岩崎夏海)
人はなぜ「モテたい」のか? いかにして集注欲求を昇華させるかが幸福のカギ(名越康文)
「テレビの空気報道化」「新聞の空気化」とはなにか──ジャーナリスト・竹田圭吾に聞くメディア論(津田大介)
暗い気分で下す決断は百パーセント間違っている(名越康文)
日本人に理想的な短期間ダイエット「七号食」(高城剛)
東大卒のポーカープロに聞く「場を支配する力」(家入一真)
インターネットに期待されてきた理想と現実の落差(やまもといちろう)
受験勉強が役に立ったという話(岩崎夏海)
フェイクニュースに騙されないことなど誰にもできない–心理学的メディアリテラシー考(名越康文)
『つないだ手をはなして』主演川上奈々美さんインタビュー(切通理作)

ページのトップへ