メルマガ『大人の条件』にて連載中の<「おとな学」入門>より

悲しみの三波春夫

寝転んで、お腹を掻きながら

「おとな学」なんていうタイトルで、原稿を書いているわけですが、じっさいのところ「おとな」を定義するものなどはないのです。

まさに、ヘーゲルがいうように「王が王であるためには、家臣がいるから」というほかはありません。「おとながおとなであるためには、こどもがいるから」ということですね。では、こどもとは何かということになりますが、こちらの方も定義することなどはできません。「こどもがこどもであるためには、おとながいるから」という他はないのです。

現代という時代は、このこどもとおとなの境界線があいまいになった時代だといえるだろうと思います。その理由は様々あるのでしょうが、わたしは市場経済の隆盛というものが、大きな理由のひとつではないかと考えています。

今回はそのことをご説明しましょう。

もともと、定義も公準もない「おとな」とか、「こども」といった言葉をめぐっての考察ですので、科学的な根拠のある話ではありませんし、何か答えが出てくるような問題でもありませんので、寝転んで、お腹でも掻きながら、お読みいただければ結構です。

寝転んで、お腹を掻きながら、書物を読むというのは、実はわたしが描いているおとなのイメージでもあるわけです。こどもはそんなことしませんからね。

1 2 3 4 5

その他の記事

宇野常寛特別インタビュー第5回「落合陽一のどこが驚異的なのか!」(宇野常寛)
メガブランドの盛衰からトレンドの流れを考える(高城剛)
現代日本の結婚観と現実の夫婦の姿(やまもといちろう)
急成長SHEINを巡る微妙で不思議な中華商売の悩み(やまもといちろう)
コーヒー立国エチオピアで知るコーヒーの事実(高城剛)
スマホが売れないという香港の景気から世界の先行きを予見する(高城剛)
ワタミ的企業との付き合い方(城繁幸)
Qualcommブースで聴いたちょこっといい話(小寺信良)
誰かのために献身的になる、ということ(高城剛)
FATF勧告でマネーロンダリング日本不合格の後始末(やまもといちろう)
乱れてしまった自律神経を整える(高城剛)
今週の動画「顔面へのジャブへの対応」(甲野善紀)
気候変動がもたらす望まれない砂漠の緑地の皮肉(高城剛)
意外とまだマイナー!?「二段階認証」をおさらいする(西田宗千佳)
iPad「セカンドディスプレイ化」の決定版?! 「Luna Display」(西田宗千佳)

ページのトップへ