メルマガ『大人の条件』にて連載中の<「おとな学」入門>より

悲しみの三波春夫

寝転んで、お腹を掻きながら

「おとな学」なんていうタイトルで、原稿を書いているわけですが、じっさいのところ「おとな」を定義するものなどはないのです。

まさに、ヘーゲルがいうように「王が王であるためには、家臣がいるから」というほかはありません。「おとながおとなであるためには、こどもがいるから」ということですね。では、こどもとは何かということになりますが、こちらの方も定義することなどはできません。「こどもがこどもであるためには、おとながいるから」という他はないのです。

現代という時代は、このこどもとおとなの境界線があいまいになった時代だといえるだろうと思います。その理由は様々あるのでしょうが、わたしは市場経済の隆盛というものが、大きな理由のひとつではないかと考えています。

今回はそのことをご説明しましょう。

もともと、定義も公準もない「おとな」とか、「こども」といった言葉をめぐっての考察ですので、科学的な根拠のある話ではありませんし、何か答えが出てくるような問題でもありませんので、寝転んで、お腹でも掻きながら、お読みいただければ結構です。

寝転んで、お腹を掻きながら、書物を読むというのは、実はわたしが描いているおとなのイメージでもあるわけです。こどもはそんなことしませんからね。

1 2 3 4 5

その他の記事

「国際競争力」のために、何かを切り捨ててよいのか(やまもといちろう)
格安スマホは叩かれるべきか? サービス内容と適正価格を巡る攻防(やまもといちろう)
アメリカでスクーター・シェアを「見てきた」(西田宗千佳)
アップル固有端末IDの流出から見えてくるスマホのプライバシー問題(津田大介)
どうなる? 小中学校へのスマホ持ち込み(小寺信良)
iPad Pro発表はデジタルディバイス終焉の兆しか(高城剛)
「ゴールデンウィーク」という呼び名の由来から考えるメディアの寿命(高城剛)
殺人事件の容疑者になってしまった時に聴きたいジャズアルバム(福島剛)
ソフトバンク・Pepperの価格設定から見る「売り切り時代」の終わり(西田宗千佳)
効率良くやせるためのダイエットについてのちょっとした考察(高城剛)
日本はどれだけどのように移民を受け入れるべきなのか(やまもといちろう)
「相場下落」の冬支度、なのか(やまもといちろう)
週刊金融日記 第294号【怪物ビットコイン ~ハードフォークという富の複製、ビットコイン・ダイヤモンド誕生!時価総額1兆7000億円他】(藤沢数希)
居場所を作れる人の空気術(家入一真)
AlphaGoから考える「人とAIの関係」(西田宗千佳)

ページのトップへ