メルマガ『大人の条件』にて連載中の<「おとな学」入門>より

悲しみの三波春夫

寝転んで、お腹を掻きながら

「おとな学」なんていうタイトルで、原稿を書いているわけですが、じっさいのところ「おとな」を定義するものなどはないのです。

まさに、ヘーゲルがいうように「王が王であるためには、家臣がいるから」というほかはありません。「おとながおとなであるためには、こどもがいるから」ということですね。では、こどもとは何かということになりますが、こちらの方も定義することなどはできません。「こどもがこどもであるためには、おとながいるから」という他はないのです。

現代という時代は、このこどもとおとなの境界線があいまいになった時代だといえるだろうと思います。その理由は様々あるのでしょうが、わたしは市場経済の隆盛というものが、大きな理由のひとつではないかと考えています。

今回はそのことをご説明しましょう。

もともと、定義も公準もない「おとな」とか、「こども」といった言葉をめぐっての考察ですので、科学的な根拠のある話ではありませんし、何か答えが出てくるような問題でもありませんので、寝転んで、お腹でも掻きながら、お読みいただければ結構です。

寝転んで、お腹を掻きながら、書物を読むというのは、実はわたしが描いているおとなのイメージでもあるわけです。こどもはそんなことしませんからね。

1 2 3 4 5

その他の記事

21世紀型狩猟採集民というあたらしい都会の生き方(高城剛)
『趾(あしゆび)でカラダが変わる』中村考宏インタビュー(下村敦夫)
シンクロニシティの起こし方(鏡リュウジ)
ソフトキーボード、ほんとうに「物理キーと同じ配列でいい」の?(西田宗千佳)
人としての折り返し地点を見据えて(やまもといちろう)
インドのバンガロール成長の秘密は「地の利」にあり(高城剛)
山口組分裂を人事制度的に考察する(城繁幸)
『声の文化と文字の文化』ウォルター・オング著(森田真生)
「民進党代表選」期待と埋没が織りなす状況について(やまもといちろう)
正しい正しさの持ち方(岩崎夏海)
本当に今、自分は仕事を楽しめているだろうか?(本田雅一)
北朝鮮危機の背後にある金正恩の怯えとアメリカのメッセージを読み解く(小川和久)
「ネットが悪い」論に反論するときの心得(小寺信良)
アップル暗黒の時代だった90年代の思い出(本田雅一)
【高城未来研究所】「海外に誇る日本」としてのデパ地下を探求する(高城剛)

ページのトップへ