メルマガ『大人の条件』にて連載中の<「おとな学」入門>より

悲しみの三波春夫

寝転んで、お腹を掻きながら

「おとな学」なんていうタイトルで、原稿を書いているわけですが、じっさいのところ「おとな」を定義するものなどはないのです。

まさに、ヘーゲルがいうように「王が王であるためには、家臣がいるから」というほかはありません。「おとながおとなであるためには、こどもがいるから」ということですね。では、こどもとは何かということになりますが、こちらの方も定義することなどはできません。「こどもがこどもであるためには、おとながいるから」という他はないのです。

現代という時代は、このこどもとおとなの境界線があいまいになった時代だといえるだろうと思います。その理由は様々あるのでしょうが、わたしは市場経済の隆盛というものが、大きな理由のひとつではないかと考えています。

今回はそのことをご説明しましょう。

もともと、定義も公準もない「おとな」とか、「こども」といった言葉をめぐっての考察ですので、科学的な根拠のある話ではありませんし、何か答えが出てくるような問題でもありませんので、寝転んで、お腹でも掻きながら、お読みいただければ結構です。

寝転んで、お腹を掻きながら、書物を読むというのは、実はわたしが描いているおとなのイメージでもあるわけです。こどもはそんなことしませんからね。

1 2 3 4 5

その他の記事

ドラマ『ハウス・オブ・カード』〜古くて新しい“戦友”型夫婦とは(岩崎夏海)
衰退する日本のパラダイムシフトを先導するのは誰か(やまもといちろう)
リベラルの自家撞着と立憲民主党の相克(やまもといちろう)
自分にあった食材を探し求める旅(高城剛)
私の武術探究史の中でも記憶に残る技法ーーDVD『甲野善紀 技と術理2016―飇拳との出会い』(甲野善紀)
1980年代とフルシチョフ(岩崎夏海)
変化のベクトル、未来のコンパス~MIT石井裕教授インタビュー 後編(小山龍介)
知的好奇心の受け皿としての「私塾」の可能性(名越康文)
「夢の国」に背徳が登場する日はやってくるのか(高城剛)
格闘ゲームなどについて最近思うこと(やまもといちろう)
どうせ死ぬのになぜ生きるのか?(名越康文)
『秋の理由』福間健二監督インタビュー(切通理作)
嘘のこと〜自分の中の「真実」が多数のリアリティによってひっくり返されるとき(川端裕人)
まるで漫才のような“5G最高”と、“5Gイラネ”が交錯した韓国5G事情(本田雅一)
親野智可等さんの「左利き論」が語るべきもの(やまもといちろう)

ページのトップへ