メルマガ『大人の条件』にて連載中の<「おとな学」入門>より

悲しみの三波春夫

寝転んで、お腹を掻きながら

「おとな学」なんていうタイトルで、原稿を書いているわけですが、じっさいのところ「おとな」を定義するものなどはないのです。

まさに、ヘーゲルがいうように「王が王であるためには、家臣がいるから」というほかはありません。「おとながおとなであるためには、こどもがいるから」ということですね。では、こどもとは何かということになりますが、こちらの方も定義することなどはできません。「こどもがこどもであるためには、おとながいるから」という他はないのです。

現代という時代は、このこどもとおとなの境界線があいまいになった時代だといえるだろうと思います。その理由は様々あるのでしょうが、わたしは市場経済の隆盛というものが、大きな理由のひとつではないかと考えています。

今回はそのことをご説明しましょう。

もともと、定義も公準もない「おとな」とか、「こども」といった言葉をめぐっての考察ですので、科学的な根拠のある話ではありませんし、何か答えが出てくるような問題でもありませんので、寝転んで、お腹でも掻きながら、お読みいただければ結構です。

寝転んで、お腹を掻きながら、書物を読むというのは、実はわたしが描いているおとなのイメージでもあるわけです。こどもはそんなことしませんからね。

1 2 3 4 5

その他の記事

カップ焼きそばからエリアマーケティングを考える(西田宗千佳)
一寸先は、光。自分しかない未来を恐れなければ道は開けるものです(高城剛)
「モテる人」が決して満足できない理由(岩崎夏海)
国会議員は言うほど減らすべきか?(やまもといちろう)
「爆買いエフェクト」と沖縄が抱えるジレンマ(高城剛)
孤独と自由との間で、私たちは生きている(西條剛央)
ショートショート「金曜夜、彼女のジョブ」(石田衣良)
今週の動画「顔面へのジャブへの対応」(甲野善紀)
世界のファストファッション最前線(本田雅一)
夜間飛行が卓球DVDを出すまでの一部始終(第2回)(夜間飛行編集部)
地味だが「独自色」が蘇った今年のCEATEC(西田宗千佳)
何でもできる若い時代だから言えていたこと(やまもといちろう)
なぜ、旅人たちは賢者のような眼をしているのか–旅こそが最良のソロタイム(名越康文)
【第6話】闘志なき者は去れ(城繁幸)
企業のトップストーリーについて思うこと(やまもといちろう)

ページのトップへ