メルマガ『大人の条件』にて連載中の<「おとな学」入門>より

悲しみの三波春夫

寝転んで、お腹を掻きながら

「おとな学」なんていうタイトルで、原稿を書いているわけですが、じっさいのところ「おとな」を定義するものなどはないのです。

まさに、ヘーゲルがいうように「王が王であるためには、家臣がいるから」というほかはありません。「おとながおとなであるためには、こどもがいるから」ということですね。では、こどもとは何かということになりますが、こちらの方も定義することなどはできません。「こどもがこどもであるためには、おとながいるから」という他はないのです。

現代という時代は、このこどもとおとなの境界線があいまいになった時代だといえるだろうと思います。その理由は様々あるのでしょうが、わたしは市場経済の隆盛というものが、大きな理由のひとつではないかと考えています。

今回はそのことをご説明しましょう。

もともと、定義も公準もない「おとな」とか、「こども」といった言葉をめぐっての考察ですので、科学的な根拠のある話ではありませんし、何か答えが出てくるような問題でもありませんので、寝転んで、お腹でも掻きながら、お読みいただければ結構です。

寝転んで、お腹を掻きながら、書物を読むというのは、実はわたしが描いているおとなのイメージでもあるわけです。こどもはそんなことしませんからね。

1 2 3 4 5

その他の記事

世界は本当に美しいのだろうか 〜 小林晋平×福岡要対談から(甲野善紀)
努力することの本当の意味(岩崎夏海)
今週の動画「払えない突き」(甲野善紀)
冬になるとうつっぽくなる人は今のうちに日光浴を!(若林理砂)
週刊金融日記 第281号 <Pythonで統計解析をはじめよう、北朝鮮ミサイル発射でビットコイン50万円突破>(藤沢数希)
統計学は万能ではない–ユングが抱えた<臨床医>としての葛藤(鏡リュウジ)
英国のEU離脱で深まる東アフリカ・モーリシャスと中国の絆(高城剛)
生き残るための選択肢を増やそう(後編)(家入一真)
『スターウォーズ』は映画として不完全だからこそ成功した(岩崎夏海)
ZOZOSUITのビジネススーツ仕上がりが予想以上に残念だった理由を考える(本田雅一)
生き残るための選択肢を増やそう(前編)(家入一真)
かつて輸出大国だった日本の面影をモンブランの麓でモンブラン・ケーキに見る(高城剛)
「負けを誰かに押し付ける」地方から見た日本社会撤退戦(やまもといちろう)
「死にたい」と思ったときに聴きたいジャズアルバム(福島剛)
少林寺、そのセックス、カネ、スキャンダル(ふるまいよしこ)

ページのトップへ