メルマガ『大人の条件』にて連載中の<「おとな学」入門>より

悲しみの三波春夫

寝転んで、お腹を掻きながら

「おとな学」なんていうタイトルで、原稿を書いているわけですが、じっさいのところ「おとな」を定義するものなどはないのです。

まさに、ヘーゲルがいうように「王が王であるためには、家臣がいるから」というほかはありません。「おとながおとなであるためには、こどもがいるから」ということですね。では、こどもとは何かということになりますが、こちらの方も定義することなどはできません。「こどもがこどもであるためには、おとながいるから」という他はないのです。

現代という時代は、このこどもとおとなの境界線があいまいになった時代だといえるだろうと思います。その理由は様々あるのでしょうが、わたしは市場経済の隆盛というものが、大きな理由のひとつではないかと考えています。

今回はそのことをご説明しましょう。

もともと、定義も公準もない「おとな」とか、「こども」といった言葉をめぐっての考察ですので、科学的な根拠のある話ではありませんし、何か答えが出てくるような問題でもありませんので、寝転んで、お腹でも掻きながら、お読みいただければ結構です。

寝転んで、お腹を掻きながら、書物を読むというのは、実はわたしが描いているおとなのイメージでもあるわけです。こどもはそんなことしませんからね。

1 2 3 4 5

その他の記事

僕たちは「問題」によって生かされる<前編>(小山龍介)
夏の帰省に強い味方! かんたん水やりタイマーセット「G216」(小寺信良)
「完全ワイヤレスヘッドホン」に注目せよ!(西田宗千佳)
高いエステはなぜ痛いのか――刺激と退屈の心理学(名越康文)
クリエイターとは何度でも「勘違い」できる才能を持った人間のことである(岩崎夏海)
なぜゲーム機だけが日本発のプラットフォーム作りに成功したのか(西田宗千佳)
コンデンサーブームが来る? Shureの新イヤホン「KSE1500」(小寺信良)
“美しい”は強い――本当に上達したい人のための卓球理論(上)(山中教子)
小保方問題、ネトウヨとの絡み方などなどについて茂木健一郎さんに直接ツッコミを入れてみた(やまもといちろう)
京都で実感した宗教を超える文化のグローバリゼーション(高城剛)
人生に一発逆転はない–心の洗濯のススメ(名越康文)
週刊金融日記 第287号<イケメンは貧乏なほうがモテることについての再考察、小池百合子は出馬するのか他>(藤沢数希)
人間にとって、いったい何が真実なのか(甲野善紀)
【第1話】日本型雇用の未来は君の肩に……(城繁幸)
苦手を克服する(岩崎夏海)

ページのトップへ