メルマガ『大人の条件』にて連載中の<「おとな学」入門>より

悲しみの三波春夫

寝転んで、お腹を掻きながら

「おとな学」なんていうタイトルで、原稿を書いているわけですが、じっさいのところ「おとな」を定義するものなどはないのです。

まさに、ヘーゲルがいうように「王が王であるためには、家臣がいるから」というほかはありません。「おとながおとなであるためには、こどもがいるから」ということですね。では、こどもとは何かということになりますが、こちらの方も定義することなどはできません。「こどもがこどもであるためには、おとながいるから」という他はないのです。

現代という時代は、このこどもとおとなの境界線があいまいになった時代だといえるだろうと思います。その理由は様々あるのでしょうが、わたしは市場経済の隆盛というものが、大きな理由のひとつではないかと考えています。

今回はそのことをご説明しましょう。

もともと、定義も公準もない「おとな」とか、「こども」といった言葉をめぐっての考察ですので、科学的な根拠のある話ではありませんし、何か答えが出てくるような問題でもありませんので、寝転んで、お腹でも掻きながら、お読みいただければ結構です。

寝転んで、お腹を掻きながら、書物を読むというのは、実はわたしが描いているおとなのイメージでもあるわけです。こどもはそんなことしませんからね。

1 2 3 4 5

その他の記事

ショートショート「木曜日のエスケープ」(石田衣良)
ゲームを通じて知る「本当の自分」(山中教子)
PlayStation VRを買ったら買うべきコンテンツ10選(西田宗千佳)
生き残るための選択肢を増やそう(前編)(家入一真)
戸田真琴の青春を黒い雨で染める~『コクウ』(『ほくろの女は夜濡れる』)監督榊英雄&主演戸田真琴ロング座談会(切通理作)
極めてシンプルでありながら奥が深いシステマ小説(西條剛央)
Kindle Unlimitedのラインナップ変更は「日本への対応」不足が原因だ(西田宗千佳)
過疎化する地方でタクシーが果たす使命(宇野常寛)
アカデミー賞騒ぎを振り返って〜往年の名優を巻き込んだ「手違い」(ロバート・ハリス)
アメリカ大統領選はトランプが当選するのではないだろうか(岩崎夏海)
Spotifyでジョギングするとめっちゃ捗る件(小寺信良)
これからのビジネスは新宗教に学んだほうがいい!(家入一真)
コンデンサーブームが来る? Shureの新イヤホン「KSE1500」(小寺信良)
週刊金融日記 第295号【ビットコインで儲けたお金をベンチャー企業につっこもう、米国法人税率20%が実現すれば空前の好景気が到来する他】(藤沢数希)
カナダでは尊敬の意をこめて先住民族をファーストネイションズと呼びます(高城剛)

ページのトップへ