メルマガ『大人の条件』にて連載中の<「おとな学」入門>より

悲しみの三波春夫

寝転んで、お腹を掻きながら

「おとな学」なんていうタイトルで、原稿を書いているわけですが、じっさいのところ「おとな」を定義するものなどはないのです。

まさに、ヘーゲルがいうように「王が王であるためには、家臣がいるから」というほかはありません。「おとながおとなであるためには、こどもがいるから」ということですね。では、こどもとは何かということになりますが、こちらの方も定義することなどはできません。「こどもがこどもであるためには、おとながいるから」という他はないのです。

現代という時代は、このこどもとおとなの境界線があいまいになった時代だといえるだろうと思います。その理由は様々あるのでしょうが、わたしは市場経済の隆盛というものが、大きな理由のひとつではないかと考えています。

今回はそのことをご説明しましょう。

もともと、定義も公準もない「おとな」とか、「こども」といった言葉をめぐっての考察ですので、科学的な根拠のある話ではありませんし、何か答えが出てくるような問題でもありませんので、寝転んで、お腹でも掻きながら、お読みいただければ結構です。

寝転んで、お腹を掻きながら、書物を読むというのは、実はわたしが描いているおとなのイメージでもあるわけです。こどもはそんなことしませんからね。

1 2 3 4 5

その他の記事

「イクメン」が気持ち悪い理由(岩崎夏海)
人は何をもってその商品を選ぶのか(小寺信良)
「日本の電子書籍は遅れている」は本当か(西田宗千佳)
違憲PTAは変えられるか(小寺信良)
「不倫がばれてから食生活がひどいです」(石田衣良)
金は全人類を発狂させたすさまじい発明だった(内田樹&平川克美)
見捨てられる子供の安全(小寺信良)
地味だが「独自色」が蘇った今年のCEATEC(西田宗千佳)
「昔ながらのタクシー」を避けて快適な旅を実現するためのコツ(高城剛)
「iPad Proの存在価値」はPCから測れるのか(西田宗千佳)
5-10分の「忘れ物を取り戻る」程度の小走りが脳を変える(高城剛)
在宅中なのに不在票? 今、宅配業者が抱える問題(小寺信良)
英国のシリコンバレー、エジンバラでスコットランド独立の可能性を考える(高城剛)
検査装置を身にまとう(本田雅一)
温泉巡りで気付いた看板ひとつから想像できる十年後の街並み(高城剛)

ページのトップへ