メルマガ『大人の条件』にて連載中の<「おとな学」入門>より

悲しみの三波春夫

寝転んで、お腹を掻きながら

「おとな学」なんていうタイトルで、原稿を書いているわけですが、じっさいのところ「おとな」を定義するものなどはないのです。

まさに、ヘーゲルがいうように「王が王であるためには、家臣がいるから」というほかはありません。「おとながおとなであるためには、こどもがいるから」ということですね。では、こどもとは何かということになりますが、こちらの方も定義することなどはできません。「こどもがこどもであるためには、おとながいるから」という他はないのです。

現代という時代は、このこどもとおとなの境界線があいまいになった時代だといえるだろうと思います。その理由は様々あるのでしょうが、わたしは市場経済の隆盛というものが、大きな理由のひとつではないかと考えています。

今回はそのことをご説明しましょう。

もともと、定義も公準もない「おとな」とか、「こども」といった言葉をめぐっての考察ですので、科学的な根拠のある話ではありませんし、何か答えが出てくるような問題でもありませんので、寝転んで、お腹でも掻きながら、お読みいただければ結構です。

寝転んで、お腹を掻きながら、書物を読むというのは、実はわたしが描いているおとなのイメージでもあるわけです。こどもはそんなことしませんからね。

1 2 3 4 5

その他の記事

夏の京都で考える日本の「失われた150年」(高城剛)
ジェームズ・ダイソンのイノベーション魂(本田雅一)
美食の秘訣は新月にあり(高城剛)
「小文字」で執筆中(平川克美)
怒りを動機にした分析は必ず失敗する(名越康文)
シーワールドがシャチの繁殖を停止。今の飼育群を「最後の世代」にすると決定(川端裕人)
日本のエステサロンで知られるものとは異なる本当の「シロダーラ」(高城剛)
努力することの本当の意味(岩崎夏海)
「実は言われているほど新事実はなく、変わっているのは評価だけだ」問題(やまもといちろう)
海のノマドの起源を求めて台湾山岳民族の村を訪ねる(高城剛)
がん治療・予防に「魔法の杖」はない?–「転ばぬ先の杖」としての地味な養生の大切さ(若林理砂)
「昔ながらのタクシー」を避けて快適な旅を実現するためのコツ(高城剛)
新海誠監督がこれまでの弱点を克服した傑作『君の名は。』(岩崎夏海)
もし朝日新聞社が年俸制で記者がばんばん転職する会社だったら(城繁幸)
地域マネージメントのセンスに左右される観光地の将来(高城剛)

ページのトップへ