メルマガ『大人の条件』にて連載中の<「おとな学」入門>より

悲しみの三波春夫

寝転んで、お腹を掻きながら

「おとな学」なんていうタイトルで、原稿を書いているわけですが、じっさいのところ「おとな」を定義するものなどはないのです。

まさに、ヘーゲルがいうように「王が王であるためには、家臣がいるから」というほかはありません。「おとながおとなであるためには、こどもがいるから」ということですね。では、こどもとは何かということになりますが、こちらの方も定義することなどはできません。「こどもがこどもであるためには、おとながいるから」という他はないのです。

現代という時代は、このこどもとおとなの境界線があいまいになった時代だといえるだろうと思います。その理由は様々あるのでしょうが、わたしは市場経済の隆盛というものが、大きな理由のひとつではないかと考えています。

今回はそのことをご説明しましょう。

もともと、定義も公準もない「おとな」とか、「こども」といった言葉をめぐっての考察ですので、科学的な根拠のある話ではありませんし、何か答えが出てくるような問題でもありませんので、寝転んで、お腹でも掻きながら、お読みいただければ結構です。

寝転んで、お腹を掻きながら、書物を読むというのは、実はわたしが描いているおとなのイメージでもあるわけです。こどもはそんなことしませんからね。

1 2 3 4 5

その他の記事

NYの博物館で出会った「カミカゼ・エクスペリエンス」(川端裕人)
テープ起こしの悩みを解決できるか? カシオのアプリ「キーワード頭出し ボイスレコーダー」を試す(西田宗千佳)
高城剛のメルマガ『高城未来研究所「Future Report」』紹介動画(高城剛)
技術はなんのために使うべきなのか(西田宗千佳)
初めての映画の予算は5億円だった(紀里谷和明)
今だからこそ! 「ドローンソン」の可能性(小寺信良)
IT野郎が考える「節電」(小寺信良)
美しいものはかくも心を伝うものなのか(平尾剛)
「けものフレンズ」を見てみたら/アマゾン・イキトスで出会った動物たち(川端裕人)
今年買って印象に残ったものBest10(小寺信良)
『戦略がすべて』書評〜脱コモディティ人材を生み出す「教育」にビジネスの芽がある(岩崎夏海)
古舘伊知郎降板『報道ステーション』の意味(やまもといちろう)
付き合う前に「別れ」をイメージしてしまうあなたへ(石田衣良)
なつのロケット団とISTは、リアル下町ロケットなのか(川端裕人)
現代日本の結婚観と現実の夫婦の姿(やまもといちろう)

ページのトップへ