若林理砂
@asilliza

若林理砂のメルマガ『鍼灸師が教える一人でできる養生法』より

それ「悲報」でもなんでもないから――化粧品はお肌に浸透しません!

大好評! 若林理砂さんの新刊!

pet_coversmall
若林理砂著『安心のペットボトル温灸

火を使わないから安全で安心! 
誰でもできて効果を実感できる!
火をつける従来のお灸よりも簡単に効果を出せると評判です!!

定価:1500円+税

amazonで購入する

化粧品はお肌に浸透……しません!

 

つい先日。面白い記事がFacebookのタイムラインに流れてきました。

【悲報】「お肌の奥まで浸透」はウソだった!! 化粧品の粒子はお肌の表面にさえも浸み込んでいないと判明

+++++++以下引用+++++++++
Richard Guy教授によると、一般的な化粧品に使われている粒子は、人間の髪の毛の100分の1ほどの大きさだそう。そこで、20~200ナノメートルの大きさの ポスチレンビーズに蛍光タグをつけ、肌に浸み込むかどうかを共焦点レーザー顕微鏡を用いて観察したところ、これらのビーズは角質層と呼ばれる表皮の一番外側の層にさえも浸透することはできなかったという。
++++++引用終わり+++++++

「悲報」ってところが笑いを誘いました。いや、ほんと女性にとっては悲報のようなのです。あっちこっちから阿鼻叫喚が聞こえてきたもん、ホント。

一応結論から書いておきますが、どれだけ高い化粧品を塗ったとしても、上等の食事を定期的に食し、規則正しく睡眠を取り、適度な運動をすること以上の効果は期待できません。まずここで「ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!」としておいてください。追って説明しますから。

 

…ところでコレについては、私のメルマガを初期の頃から読んでくださっている方にとっては、「突然の悲報」でもなんでもないのよね。なんども繰り返し書いてきてるからね…。ああまたか、って気分になるでしょうけど、また書いちゃうよー。

今回のこの記事は、ナノ粒子についての話でした。

「ナノってなんナノ?」

というのは時々私の周囲で聞かれるオヤジギャクですが、それはさておき。ナノについてとりあえず簡単に説明。 記事の中には「髪の毛の太さの1/100程度の粒子」と書かれておりました。コレがだいたい20~200ナノメートルの大きさだそうな。

1ナノとは、10億分の1メートル、100万分の1ミリ。まあよくわかんないけど小さいよね。ここに出てくる比喩が分かりやすいかなあ。

甲子園球場のバッターボックスから外野フェンスを1mmとしたら、球場の砂粒1つが1ナノメートル相当だって。どのくらい小さいかなんとなくわかるかな。なんかねえ、通常私たちが過ごしている世界観とは全く違うもんだから、理解しにくいんだよね、こういう単位の比喩ってば。とりあえず、「うわ、すごく小さいね」って思えたかなあ。

で、だ。20から200ナノメートルのポリスチレン粒子は(本文にはポスチレンとありましたが、原文にはfluorescently-tagged polystyrene beadsとありましたのでポリスチレンの間違いでしょう)、一切皮膚を透過しなかった、というのがこの記事の話でした。まあいつもの話だよ…皮膚はバリアのためにあるので、何らかの物質が簡単に皮膚を透過するんだったら、感染症にかかりまくり、触った物が体内に取り込まれまくりだもん。

 

1 2 3
若林理砂
1976年生まれ。鍼灸師・アシル治療室院長。高校卒業後に、鍼灸免許を取得し、エステサロンの併設鍼灸院で、技術を磨く。早稲田大学第二文学部卒。2004年、アシル治療室開院。現在3ヵ月先まで予約が埋まるほどの人気を集めている。

その他の記事

「編集者悪者論」への違和感の正体(西田宗千佳)
フェイクニュースか業界の病理か、ネットニュースの収益構造に変化(やまもといちろう)
成功する人は群れの中で消耗しないーー「ひとりぼっちの時間(ソロタイム)」のススメ(名越康文)
宇野常寛特別インタビュー第4回「僕がもし小説を書くなら男3人同居ものにする!」(宇野常寛)
なぜ汚染水問題は深刻化したのか(津田大介)
「オリンピック選手に体罰」が行われる謎を解く――甲野善紀×小田嶋隆(甲野善紀)
インタラクションデザイン時代の到来ーー Appleの新製品にみる「オレンジよりオレンジ味」の革命(西田宗千佳)
脱・「ボケとツッコミ的会話メソッド」の可能性を探る(岩崎夏海)
ハロウィン:あの世とこの世の境界線が曖昧になるとき(鏡リュウジ)
居場所を作れる人の空気術(家入一真)
音声で原稿を書くとき「頭」で起きていること(西田宗千佳)
人間はどう生きていけばいいのか(甲野善紀)
「有休を使い切ったうえで生理休暇って、アリなんでしょうか?」(城繁幸)
乙武洋匡さんの問題が投げかけたもの(やまもといちろう)
なぜ若者がパソコンを使う必要があるのか(小寺信良)
若林理砂のメールマガジン
「鍼灸師が教える一人でできる養生法」

[料金(税込)] 540円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回発行(第2,第4月曜日配信予定)

ページのトップへ