西田宗千佳×小寺信良対談 その5(最終回)

教育にITを持ち込むということ

今月の対談のお相手は、電気が通るモノ全般を扱うというジャーナリストの、西田宗千佳さんにお願いしている。

いよいよ好評の対談も最終回。今回のお話しは、PCの使い方の流れで、学校教育のIT化、電子教科書の議論や現場のあり方などを語っていく。昨年のMIAUのプロジェクトのひとつとして、教育のIT化について調査・研究を行なってきた。電子教科書導入の議論なども、一通り取材している。

一方西田さんは、ITの利活用という流れから電子教科書の取り組みを取材してまとめた書籍を出されており、僕もその時に保護者の立場から取材されている。
リアルタイムレポート・デジタル教科書のゆくえ

一時期盛んだった電子教科書の議論も、昨今はあまり聞かれなくなったが、現場は常に走り続けている。

 

パソコンと言えばWord、Excelだった

小寺 PCの使い方という事では、学校にあるパソコンルームのあり方やなんかも、もう変わらないといけないと思うんですよね。

西田 電子教科書の本を作った時にずっといろいろ話を聞いてて思ったのは、昔はやっぱりパソコンと言った時にはWord、Excelだったんですよね。ところが今は、ビジュアルなものを作って人に見せるためのソフト。

だから、圧倒的にパワポのほうがいいってみんな言うわけですよね。そこに人のニーズが移ってて、しかも使う側のモチベーションとしても、そっちは紙じゃできないから高いんですよね。

小寺 なるほど。

西田 小寺さんにも一回見学に行くことをおすすめするんですけど、千葉に袖ヶ浦高校ってあって、そこでは学生にプレゼンの授業をさせるんですよね。で、生徒同士で自分をプレゼンすると。

[caption id="attachment_2040" align="alignnone" width="420"] 某メーカーの超秘密会議に同席した際の西田宗千佳氏[/caption]

その時に、できる限りKeynoteに自分のことを書いて、自分のことをどういう順番で見せると人にわかりやすいか、っていうのを試行錯誤させてんですよ。その時に思ったのは、いわゆる人に見せるものを作る、って環境が、今までって紙一枚だったじゃないですか。そうじゃなくて、流れを作る、っていう感覚を覚えさせる。

小寺 ああ、時間軸でね。

西田 うん、時間軸で。で、それがわかってくると、次からはプレゼンの時じゃなくて、人に説明する時に、時間軸に沿ってしゃべるように変わる。

小寺 話の順序が作れるようになるんだ。

西田 それができると、コミュニケーションの密度とか、精度とかが大きく変わるんですよ。これをiPadを持って見せながらやることによって、要は身体で覚えるわけですよ。それはでかいな、と思いましたね。

1 2 3 4

その他の記事

京都で実感した宗教を超える文化のグローバリゼーション(高城剛)
MacBook Proをサクッと拡張する「QacQoc GN28G」(小寺信良)
公職選挙法違反――選挙期間中にやってはいけない行為とは(津田大介)
吉野彰さんノーベル化学賞に想う、リチウムイオン電池と現代デジタル製品(本田雅一)
宇野常寛が考える”社会と個人”を繋ぐ新しい回路とは(宇野常寛)
広告が溢れるピカデリー・サーカスで広告が一切ない未来都市の光景を想像する(高城剛)
乙武洋匡さんの問題が投げかけたもの(やまもといちろう)
旧モデル利用者が「Qrio Lock」をチェックした(西田宗千佳)
中島みゆきしか聴きたくないときに聴きたいジャズアルバム(福島剛)
「ルールを捨てる」とき、人は成長する 世界のトップビジネスパーソンが注目する「システマ」の効果(北川貴英)
不調の原因は食にあり(高城剛)
クリエイターとして成功したければ本を捨てろ(岩崎夏海)
アイデアを生む予定表の「余白」(岩崎夏海)
未来を見据えた働き方 カギは隙間時間にあり(家入一真)
カメラ・オブスクラの誕生からミラーレスデジタルまでカメラの歴史を振り返る(高城剛)

ページのトップへ