西田宗千佳×小寺信良対談 その5(最終回)

教育にITを持ち込むということ

今月の対談のお相手は、電気が通るモノ全般を扱うというジャーナリストの、西田宗千佳さんにお願いしている。

いよいよ好評の対談も最終回。今回のお話しは、PCの使い方の流れで、学校教育のIT化、電子教科書の議論や現場のあり方などを語っていく。昨年のMIAUのプロジェクトのひとつとして、教育のIT化について調査・研究を行なってきた。電子教科書導入の議論なども、一通り取材している。

一方西田さんは、ITの利活用という流れから電子教科書の取り組みを取材してまとめた書籍を出されており、僕もその時に保護者の立場から取材されている。
リアルタイムレポート・デジタル教科書のゆくえ

一時期盛んだった電子教科書の議論も、昨今はあまり聞かれなくなったが、現場は常に走り続けている。

 

パソコンと言えばWord、Excelだった

小寺 PCの使い方という事では、学校にあるパソコンルームのあり方やなんかも、もう変わらないといけないと思うんですよね。

西田 電子教科書の本を作った時にずっといろいろ話を聞いてて思ったのは、昔はやっぱりパソコンと言った時にはWord、Excelだったんですよね。ところが今は、ビジュアルなものを作って人に見せるためのソフト。

だから、圧倒的にパワポのほうがいいってみんな言うわけですよね。そこに人のニーズが移ってて、しかも使う側のモチベーションとしても、そっちは紙じゃできないから高いんですよね。

小寺 なるほど。

西田 小寺さんにも一回見学に行くことをおすすめするんですけど、千葉に袖ヶ浦高校ってあって、そこでは学生にプレゼンの授業をさせるんですよね。で、生徒同士で自分をプレゼンすると。

[caption id="attachment_2040" align="alignnone" width="420"] 某メーカーの超秘密会議に同席した際の西田宗千佳氏[/caption]

その時に、できる限りKeynoteに自分のことを書いて、自分のことをどういう順番で見せると人にわかりやすいか、っていうのを試行錯誤させてんですよ。その時に思ったのは、いわゆる人に見せるものを作る、って環境が、今までって紙一枚だったじゃないですか。そうじゃなくて、流れを作る、っていう感覚を覚えさせる。

小寺 ああ、時間軸でね。

西田 うん、時間軸で。で、それがわかってくると、次からはプレゼンの時じゃなくて、人に説明する時に、時間軸に沿ってしゃべるように変わる。

小寺 話の順序が作れるようになるんだ。

西田 それができると、コミュニケーションの密度とか、精度とかが大きく変わるんですよ。これをiPadを持って見せながらやることによって、要は身体で覚えるわけですよ。それはでかいな、と思いましたね。

1 2 3 4

その他の記事

怒りを動機にした分析は必ず失敗する(名越康文)
自分らしくない自分を、引き受けよう(家入一真)
イベントの「行列待ち」に解決方法はあるのか(西田宗千佳)
なぜ今、「データジャーナリズム」なのか?――オープンデータ時代におけるジャーナリズムの役割(津田大介)
「死にたい」と思ったときに聴きたいジャズアルバム(福島剛)
川の向こう側とこちら側(名越康文)
“美しい”は強い――本当に上達したい人のための卓球理論(上)(山中教子)
地域マネージメントのセンスに左右される観光地の将来(高城剛)
『もののあはれ』の実装は可能か(宇野常寛)
フェイクニュースか業界の病理か、ネットニュースの収益構造に変化(やまもといちろう)
人生に「目的」なんてない–自分の「物語」を見つめるということ(家入一真)
週刊金融日記 第274号 <小池百合子氏の人気は恋愛工学の理論通り、安倍政権の支持率最低でアベノミクスは終焉か他>(藤沢数希)
5年後の未来? Canon Expoで見たもの(小寺信良)
腸内細菌のケアを心がけたい梅雨の季節(高城剛)
汚部屋の住人が勘違いしている片づけの3つの常識(岩崎夏海)

ページのトップへ