【動画】宇野常寛インタビュー

ネット上で盛り上がってる「働き方論」はすべてナンセンスです!

宇野常寛インタビュー「ネット上で盛り上がってる「働き方論」はすべてナンセンスです!」(メルマガ「ほぼ日刊惑星開発委員会 2014.5.25」 夜間飛行特別号外より)

 

企画・制作:夜間飛行

34宇野常寛メルマガ「PLANETS/第二次惑星開発委員会」
http://yakan-hiko.com/hobowaku.html

※この動画は夜間飛行版「PLANETS/第二次惑星開発委員会」で月1回配信している号外動画のダイジェストです、完全版は上記リンクからメールマガジン「ほぼ日刊惑星開発委員会」をご購読ください。

 

第1回「ネット上で盛り上がってる「働き方論」はすべてナンセンスです!」
(完全版:41分42秒)

 

語り手:宇野常寛
聞き手:井之上達矢(夜間飛行代表)

視聴者おいてきぼり上等!で
宇野常寛が本気で語ります!!

今回のテーマは「働き方」。

「日本には解決すべき労働問題はたくさんあります。

でも

ノマド論にしても、
新卒採用の是非にしても、

この数年、
ネット上で盛り上がってきた「働き方論」は、
すべて疑似問題に過ぎません。
言ってしまえば、

「才能のない自分をどのような角度から肯定するか」という自意識の問題なんで
すよ」

......始終、こんな調子でちゃぶ台をひっくり返し続けます。

ぜひ、覗いてみてください。

 

続きをご覧になりたい方は、宇野常寛メルマガ「PLANETS/第二次惑星開発委員会」でどうぞ! ご購読はこちらから

PLANETS/第二次惑星開発委員会
http://yakan-hiko.com/hobowaku.html

その他の記事

週刊金融日記 第286号<日本で高額所得者がどれだけ税金を払うのか教えよう、衆院選は安倍vs小池の天下分け目の戦いへ他>(藤沢数希)
20代のうちは「借金してでも自分に先行投資する」ほうがいい?(家入一真)
日産ゴーン会長逮捕の背景に感じる不可解な謎(本田雅一)
人々が集まる場に必要なみっつの領域(高城剛)
対人関係の9割は「自分の頭の中」で起きている(名越康文)
中島みゆきしか聴きたくないときに聴きたいジャズアルバム(福島剛)
企業のトップストーリーについて思うこと(やまもといちろう)
なぜ人を殺してはいけないのか(夜間飛行編集部)
中進国の罠に陥って変わりゆくタイ(高城剛)
なぜ「もしドラ」の続編を書いたのか(岩崎夏海)
言われてみれば、いろいろとお騒がせしております(やまもといちろう)
ITによって失ったもの(小寺信良)
交通指揮者という視点(小寺信良)
スペイン、アンダルシア地方の旅の途中で考えたこと(本田雅一)
誰も無関係ではいられない「メディアの倫理」(小寺信良)

ページのトップへ