西田宗千佳×小寺信良対談 その5(最終回)

教育にITを持ち込むということ

IT機器は教科書よりも、教材であったほうがいい

小寺 うん。教科の外側にある本質的なことで、学ぶエンジンになるのは、やっぱり人に評価される、ということなんですよね。今、学校の中で評価されるって言えば、先生が誉めるとか二重丸もらうとか、そういう非常に限られた……教育者という立場に立った人の判断だけになってる。

たとえば工作のレベルとかっていうのは、その学年の子どもなりの難易度というか琴線に触れる部分があって、先生には評価されないんだけど、子どもたちにとってはこれはスゲェ! ってやつがあったりするじゃないですか。逆の方向では、こんなの作れるわけねえ、親に手伝ってもらったろ、みたいなこと。

そういうところでもっといろんな方面からの評価があって、初めてバランスが取れる。なんかこうね、僕も子どもを学校に行かしてて、この評価軸でいいのかな? ってところを時々感じますね。

西田 その時に、IT機器があると、IT機器がうまい子が評価される、って思われがちじゃないですか。

小寺 あー。そうじゃないよな。

西田 そう、それは違うんだな、というのがなんとなくわかってきた気が。だからね、本出した後にも、いろんな電子教科書の話題が盛り上がってきて。結果的にやっぱり電子教科書を導入しましょう、という話になったら、そうじゃねえだろう、という気持ちにどんどんなってきました。むしろ、教科書要らないだろ、そうじゃないんじゃない? という気分にすらなってますね。

小寺 僕も西田さんが書かれたあの本の時にインタビューされたんですけど、IT機器は教科書よりも、教材であったほうがよりいいと思うんですよね。教科書はどうしても、日本の検定制度の中ではやりづらい。検定をやめろ、という風には誰もコンセンサスが取れないので。手っ取り早くやるためには、教材として入れるしかないと思う。

西田 そうね。しかも、入れてく速度が、韓国に比べて遅れてるとかシンガポールに比べて遅れてるとか、そんなのどうでもいいんじゃないの、っていう気もしていて。そう考えた時に、いろんな子がね、評価される軸として、ある子は運動で評価されるかもしれないし、ある子は書道がうまいとかで評価されるかもしれない。ある子は、そういう表現で評価されるかもしれない。

要は、その表現のための道具として、紙とペンだけじゃダメなんだと。じゃあコンピュータも使えばいいんじゃないの、という。その時に多分、パソコンよりもタブレットのほうが、子どもには向いてるのかな? という感じですよね。

1 2 3 4

その他の記事

「人を2種類に分けるとすれば?」という質問に対する高城剛の答え(高城剛)
“B面”にうごめく未知の可能性が政治も社会も大きく変える(高城剛)
成功する人は群れの中で消耗しないーー「ひとりぼっちの時間(ソロタイム)」のススメ(名越康文)
現代日本の結婚観と現実の夫婦の姿(やまもといちろう)
なかなか技あり、行列を緩和する「イベントアプリ」(西田宗千佳)
観光バブル真っ直中の石垣島から(高城剛)
日本が抱える現在の問題の鍵はネアンデルタール人の遺伝子にある?(高城剛)
今週の動画「虎落解き」(甲野善紀)
なぜ今? 音楽ストリーミングサービスの戦々恐々(小寺信良)
『「赤毛のアン」で英語づけ』(2) 何げないものへの〝感激力〟を育てよう(茂木健一郎)
「酒を飲めない人は採用しない」という差別が騒がれない不思議な話(やまもといちろう)
空港の無償wifiサービス速度が教えてくれるその国の未来(高城剛)
「狭霧の彼方に」特別編 その2(甲野善紀)
「なぜ本を読まなければいけないのか」と思ったときに読む話(名越康文)
アフリカ旅行で改めて気付く望遠レンズの価値(高城剛)

ページのトップへ