岩崎夏海
@huckleberry2008

岩崎夏海【Q&A】より(その1)

人口減少社会だからこそこれからの不動産業界はアツい

083577

 

[Q]就活を来年に控えた2流大学の学生です。今後伸びていく業界、会社などあれば教えていただけないでしょうか。

[A]今後20年を考えると、不動産業が伸びると思います。

なぜかといえば、少子高齢化によって社会環境――特に人々の住まい方は大きな変革を余儀なくされると考えておいて、そうなると、不動産業には大きなビジネスチャンスがあると思うからです。

日本という国は、人口が減ることによって、やがて今のままのコミュニティスタイル――住み方を維持できなくなります。特に地方では、その傾向が顕著になる。

そうなると、残った人々はそこには住めなくなるので、移住せざるをえなくなる。例えば過疎の村に住んでいた人たちは、都市部に出て新しいコミュニティを作る――そういう統廃合が起きるようになるので、不動産業にとっては大きなビジネスチャンスがあちこりに転がっているという状況になるのです。

 

※「岩崎夏海Q&A」はメルマガ「ハックルベリーに会いに行く」で連載中です!

 

岩崎夏海メールマガジン「ハックルベリーに会いに行く」

35『毎朝6時、スマホに2000字の「未来予測」が届きます。』 このメルマガは、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(通称『もしドラ』)作者の岩崎夏海が、長年コンテンツ業界で仕事をする中で培った「価値の読み解き方」を駆使し、混沌とした現代をどうとらえればいいのか?――また未来はどうなるのか?――を書き綴っていく社会評論コラムです。

【 料金(税込) 】 864円 / 月
【 発行周期 】 基本的に平日毎日

ご購読・詳細はこちら

http://yakan-hiko.com/huckleberry.html

岩崎夏海

1968年生。東京都日野市出身。 東京芸術大学建築科卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。放送作家として『とんねるずのみなさんのおかげです』『ダウンタウンのごっつええ感じ』など、主にバラエティ番組の制作に参加。その後AKB48のプロデュースなどにも携わる。 2009年12月、初めての出版作品となる『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(累計273万部)を著す。近著に自身が代表を務める「部屋を考える会」著「部屋を活かせば人生が変わる」(累計3万部)などがある。

【ヘヤカツ最新刊!】

heya_atama部屋を活かせば頭が良くなる

夜間飛行、2014年11月刊

人の才能に大差なし。
脳力は環境が育てます!

いくらモノを捨てて掃除をしても、すぐに散らかり元通り…そんな自分に嫌気がさしている人は多いのではないでしょうか。努力なしできれいな部屋をキープできる画期的な方法「ヘヤカツ」なら、部屋がきれいになるだけでなく、あなたの記憶力、発想力、プレゼン力もアップします!

前著『部屋を活かせば人生が変わる』から、さらに人の「脳力アップ」に焦点をあてたヘヤカツ本第二弾、ここに登場!

 

 

岩崎夏海
1968年生。東京都日野市出身。 東京芸術大学建築科卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。放送作家として『とんねるずのみなさんのおかげです』『ダウンタウンのごっつええ感じ』など、主にバラエティ番組の制作に参加。その後AKB48のプロデュースなどにも携わる。 2009年12月、初めての出版作品となる『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(累計273万部)を著す。近著に自身が代表を務める「部屋を考える会」著「部屋を活かせば人生が変わる」(累計3万部)などがある。

その他の記事

iliは言語弱者を救うか(小寺信良)
週刊金融日記 第316号【Twitterオフパコ論の再考察とTOKIO山口メンバーはおっさんになったらモテなくなったのか他】(藤沢数希)
想像もしていないようなことが環境の変化で起きてしまう世の中(本田雅一)
ブラック企業と奴隷根性(岩崎夏海)
米国大統領とテカムセの呪い(高城剛)
週刊金融日記 第284号<ビットコインのおかげで生きたトレーディングの教科書ができました、安倍首相衆院解散か他>(藤沢数希)
まだ春には遠いニュージーランドでスマホ開発の終焉とドローンのこれからを考える(高城剛)
『秋の理由』福間健二監督インタビュー(切通理作)
宇野常寛が考える”社会と個人”を繋ぐ新しい回路とは(宇野常寛)
ユーグレナのミドリムシ量産でバイオジェットとかの話はインチキなのではないか(やまもといちろう)
「政治メディア」はコンテンツかプラットフォームか(津田大介)
高齢の親と同居し面倒をみていますが、自分の将来が不安です(石田衣良)
「一人負け」韓国を叩き過ぎてはいけない(やまもといちろう)
上野千鶴子問題と、いまを生きる我らの時代に(やまもといちろう)
【号外】「漫画村」ブロッキング問題、どこからも被害届が出ておらず捜査着手されていなかった可能性(やまもといちろう)
岩崎夏海のメールマガジン
「ハックルベリーに会いに行く」

[料金(税込)] 880円(税込)/ 月
[発行周期] 基本的に平日毎日

ページのトップへ