家入一真
@hbkr

イケダハヤト×家入一真Wメルマガ対談

生き残るための選択肢を増やそう(前編)

イケダハヤト×家入一真 Wメルマガ対談

生き残るための選択肢を増やそう(前編)

 

この対談は、家入一真さんのメルマガ「家入学級」と、イケダハヤトさんのメルマガ「イケハヤマガジン」とのWメルマガ対談企画です! それぞれのメルマガに異なる内容を掲載しています。家入学級に収録されていない分は、「イケハヤマガジン」創刊号 ~絶望の国ニッポンでの育児編~ にてお楽しみいただけます。

「家入学級」お申し込み→夜間飛行メルマガ(初月無料)
http://yakan-hiko.com/ieiri.html

「イケハヤマガジン」お申し込み→「BLOGOSメルマガ」(初月無料)
http://magazine.livedoor.com/magazine/85

【家入一真】
1978年生まれ。起業家/投資家/クリエイター。悪ふざけをしながら、リアル・ネットを問わず、カフェやWEBサービスや会社など、遊び場を作りまくっている。JASDAQ最年少上場社長。40社程の若手ITベンチャーにも投資している。解放集団Liverty代表、JASDAQ上場企業paperboy&co.創業者、カフェ運営企業partycompany Inc.代表取締役、ベンチャー投資企業partyfactory Inc.代表取締役、クラウドファンディングCAMPFIRE運営企業ハイパーインターネッツ代表取締役。個人名義でも多数のウェブサービスの立ち上げを行うクリエイターでもある。

【イケダハヤト】
プロブロガー。1986年生まれ。新卒で入社した大企業を11カ月で退社し、13カ月のベンチャー企業勤務を経てフリーランスに。月間100万PV以上の人気ブログ「イケハヤ書店」にて、これからの時代へ向けた価値ある情報を発信し続けている。著書に『フェイスブック 私たちの生き方とビジネスはこう変わる』(講談社)、『年収150万円で僕らは自由に生きていく』(星海社新書)、『武器としての書く技術』(KADOKAWA / 中経出版)、『旗を立てて生きる』(晶文社)などがある。執筆業のほか、テレビやラジオ、講演などにも出演している。
・ブログ http://www.ikedahayato.com/
・ツイッター @IHayato

 

家入一真が好きだから、ちゃんと批判する

家入・イケダハヤトさん(以下イケダ):お疲れ様でーす! 乾杯!(2人でビールを飲む)

家入:最近ね、僕うれしいの。イケダくんが「Bitstrips」で僕をいじってるじゃん。それがうれしいの。

※イケハヤ書店「Bitstripsで家入一真氏をいじってみたら超面白かった:このアプリは流行る!」

http://www.ikedahayato.com/20131204/1434254.html

 

イケダくんは本来面白い人なのに、誤解されてるところがあると思う。ユーモアがあるんすよ、イケダくん。それが一般に伝わっていないのがもどかしくて。僕はイケダくんの面白い部分をもっと推していきたいの。まぁいいや、今日は何を話そう?

イケダ:せっかくなので頭のなかでモヤモヤしているテーマ、まだ言語化できていないテーマを話せたらと思ってるんですよね。宗教だったり、死だったり、日本の同調圧力との付き合い方だったり。

家入:僕ら、相変わらずイベントで「働き方」をテーマに呼ばれることが多いじゃないですか。でも正直、働き方については、もうわりと答えが出てるような気がしてるから、次のステージに行きたいなと思っていて。最近は人とのつながりとか、新しい共同体とか、宗教とかに興味がある。

イケダ:僕は自分が好きな人を批判するのが好きなんですよね。それは好きだからできることで、好きじゃないとちゃんとした批判はできないと思うんです。だから家入さんに僕が批判できるところあるかなって電車のなかで考えてきたんですけど(笑)。

家入:超聞きたい!

1 2 3
家入一真
1978年生まれ。起業家/投資家/クリエイター。悪ふざけをしながら、リアル・ネットを問わず、カフェやWEBサービスや会社など、遊び場を作りまくっている。JASDAQ最年少上場社長。40社程の若手ITベンチャーにも投資している。解放集団Liverty代表、JASDAQ上場企業paperboy&co.創業者、カフェ運営企業partycompany Inc.代表取締役、ベンチャー投資企業partyfactory Inc.代表取締役、クラウドファンディングCAMPFIRE運営企業ハイパーインターネッツ代表取締役。個人名義でも多数のウェブサービスの立ち上げを行うクリエイターでもある。

その他の記事

なぜ汚染水問題は深刻化したのか(津田大介)
世界を息苦しくしているのは「私たち自身」である(茂木健一郎)
百田尚樹騒動に見る「言論の自由」が迎えた本当の危機(岩崎夏海)
画一化するネットの世界に「ズレ」を生み出すということ(西田宗千佳)
アマチュア宇宙ロケット開発レポートin コペンハーゲン<後編>(川端裕人)
地域マネージメントのセンスに左右される観光地の将来(高城剛)
「最近面白くなくなった」と言われてしまうテレビの現場から(やまもといちろう)
人生の分水嶺は「瞬間」に宿る(名越康文)
オランウータンの森を訪ねて~ボルネオ島ダナムバレイ(1)(川端裕人)
僕がネットに興味を持てなくなった理由(宇野常寛)
iPad Pro発表はデジタルディバイス終焉の兆しか(高城剛)
ようこそ、あたらしい体験「サウンドメディテーション」へ(高城剛)
「疑う力」を失った現代人(名越康文)
祝復活! 『ハイスコアガール』訴訟和解の一報を受けて(編集のトリーさん)
生き残るための選択肢を増やそう(後編)(家入一真)
家入一真のメールマガジン
「家入学級」

[料金(税込)] 648円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回配信(第1,第3火曜日配信予定)

ページのトップへ