【動画】宇野常寛インタビュー

ネットは「才能のない人」でも輝けるツールではありません!

宇野常寛インタビュー「ネットは「才能のない人」でも輝けるツールではありません!」(メルマガ「ほぼ日刊惑星開発委員会2014.6.29」夜間飛行特別号外より)

 

企画・制作:夜間飛行

34宇野常寛メルマガ「PLANETS/第二次惑星開発委員会」
http://yakan-hiko.com/hobowaku.html

※この動画は夜間飛行版「PLANETS/第二次惑星開発委員会」で月1回配信している号外動画のダイジェストです、完全版は上記リンクからメールマガジン「ほぼ日刊惑星開発委員会」をご購読ください。

 

第2回「ネットは「才能のない人」でも輝けるツールではありません!」
(完全版:39分07秒)

 

語り手:宇野常寛
聞き手:井之上達矢(夜間飛行代表)

視聴者おいてきぼり上等!で
宇野常寛が本気で語ります!!

今回のテーマは「従来のコンテンツ業界がダメな理由」。

「インターネットについての大きな誤解があります。
今、ネットで輝いている人というのは、
もともと「才能のあった」人なんです。
問題は、
従来のレコード会社が出版社が制度疲労を起こしていて、
「その才能のある人」を拾い上げることができなくなっていた、
ということなんです!」

......では、面白いコンテンツが世の中に輩出されるために出した宇野さんの結論とは?

ぜひ、覗いてみてください。

 

 

続きをご覧になりたい方は、宇野常寛メルマガ「PLANETS/第二次惑星開発委員会」でどうぞ! ご購読はこちらから

PLANETS/第二次惑星開発委員会
http://yakan-hiko.com/hobowaku.html

その他の記事

「スターウォーズ」を占星術でひもとく(鏡リュウジ)
高いエステはなぜ痛いのか――刺激と退屈の心理学(名越康文)
『数覚とは何か?』 スタニスラス ドゥアンヌ著(森田真生)
「朝三暮四」の猿はおろかなのか? 「自分の物語」を知ることの大切さ(福岡要)
なぜいま、世界史なのか? なぜ『最後の作品』が世界史なのか?(長沼敬憲)
アイデアを生む予定表の「余白」(岩崎夏海)
見た目はエントリープラグ? 驚異の立ち乗りロケット「ティコ・ブラーエ」を見てきました(川端裕人)
いじめられたくなければ空気を読め(岩崎夏海)
違憲PTAは変えられるか(小寺信良)
ゲームにのめりこむ孫が心配です(家入一真)
コデラ的出国前の儀式(小寺信良)
「文章を売る」ということ(茂木健一郎)
本当に今、自分は仕事を楽しめているだろうか?(本田雅一)
「シマウマ、捕獲後に死ぬ」のニュースの裏側(川端裕人)
私的な欲望で天災が大災害へつながることを実感するカリブの小さな島(高城剛)

ページのトップへ