【動画】宇野常寛インタビュー

ネットは「才能のない人」でも輝けるツールではありません!

宇野常寛インタビュー「ネットは「才能のない人」でも輝けるツールではありません!」(メルマガ「ほぼ日刊惑星開発委員会2014.6.29」夜間飛行特別号外より)

 

企画・制作:夜間飛行

34宇野常寛メルマガ「PLANETS/第二次惑星開発委員会」
http://yakan-hiko.com/hobowaku.html

※この動画は夜間飛行版「PLANETS/第二次惑星開発委員会」で月1回配信している号外動画のダイジェストです、完全版は上記リンクからメールマガジン「ほぼ日刊惑星開発委員会」をご購読ください。

 

第2回「ネットは「才能のない人」でも輝けるツールではありません!」
(完全版:39分07秒)

 

語り手:宇野常寛
聞き手:井之上達矢(夜間飛行代表)

視聴者おいてきぼり上等!で
宇野常寛が本気で語ります!!

今回のテーマは「従来のコンテンツ業界がダメな理由」。

「インターネットについての大きな誤解があります。
今、ネットで輝いている人というのは、
もともと「才能のあった」人なんです。
問題は、
従来のレコード会社が出版社が制度疲労を起こしていて、
「その才能のある人」を拾い上げることができなくなっていた、
ということなんです!」

......では、面白いコンテンツが世の中に輩出されるために出した宇野さんの結論とは?

ぜひ、覗いてみてください。

 

 

続きをご覧になりたい方は、宇野常寛メルマガ「PLANETS/第二次惑星開発委員会」でどうぞ! ご購読はこちらから

PLANETS/第二次惑星開発委員会
http://yakan-hiko.com/hobowaku.html

その他の記事

「ブロマガ」はプラットフォームになり得るのか(小寺信良)
「レゴとは、現実よりもリアルなブロックである」(宇野常寛)
カナダでは尊敬の意をこめて先住民族をファーストネイションズと呼びます(高城剛)
(3)プレッシャーの受け止め方(山中教子)
海のノマドの起源を求めて台湾山岳民族の村を訪ねる(高城剛)
名越康文メールマガジン「生きるための対話」紹介動画(名越康文)
クラウドの「容量無制限」はなぜ破綻するのか(西田宗千佳)
モアイの謎、イースター島にはまだまだ夢がある(高城剛)
ネット教育今昔物語(小寺信良)
中国バブルと山口組分裂の類似性(本田雅一)
今そこにある「SNSの呪い」の危機(岩崎夏海)
「脳内の呪い」を断ち切るには(西條剛央)
減る少年事件、減る凶悪事件が導く監視社会ってどうなんですかね(やまもといちろう)
美食ブームから連想する人間の生態系の急速な変化(高城剛)
TPPで日本の著作権法はどう変わる?――保護期間延長、非親告罪化、匂いや音の特許まで(津田大介)

ページのトップへ