【動画】宇野常寛インタビュー

ネットは「才能のない人」でも輝けるツールではありません!

宇野常寛インタビュー「ネットは「才能のない人」でも輝けるツールではありません!」(メルマガ「ほぼ日刊惑星開発委員会2014.6.29」夜間飛行特別号外より)

 

企画・制作:夜間飛行

34宇野常寛メルマガ「PLANETS/第二次惑星開発委員会」
http://yakan-hiko.com/hobowaku.html

※この動画は夜間飛行版「PLANETS/第二次惑星開発委員会」で月1回配信している号外動画のダイジェストです、完全版は上記リンクからメールマガジン「ほぼ日刊惑星開発委員会」をご購読ください。

 

第2回「ネットは「才能のない人」でも輝けるツールではありません!」
(完全版:39分07秒)

 

語り手:宇野常寛
聞き手:井之上達矢(夜間飛行代表)

視聴者おいてきぼり上等!で
宇野常寛が本気で語ります!!

今回のテーマは「従来のコンテンツ業界がダメな理由」。

「インターネットについての大きな誤解があります。
今、ネットで輝いている人というのは、
もともと「才能のあった」人なんです。
問題は、
従来のレコード会社が出版社が制度疲労を起こしていて、
「その才能のある人」を拾い上げることができなくなっていた、
ということなんです!」

......では、面白いコンテンツが世の中に輩出されるために出した宇野さんの結論とは?

ぜひ、覗いてみてください。

 

 

続きをご覧になりたい方は、宇野常寛メルマガ「PLANETS/第二次惑星開発委員会」でどうぞ! ご購読はこちらから

PLANETS/第二次惑星開発委員会
http://yakan-hiko.com/hobowaku.html

その他の記事

「酒を飲めない人は採用しない」という差別が騒がれない不思議な話(やまもといちろう)
ネット教育今昔物語(小寺信良)
【対談】類人猿分類の産みの親・岡崎和江さんに聞く『ゴリラの冷や汗』ができたわけ(1)(名越康文)
なぜゲーム機だけが日本発のプラットフォーム作りに成功したのか(西田宗千佳)
テレビのCASがまたおかしな事に。これで消費者の理解は得られるか?(小寺信良)
「他人のタスク」に気を取られるな–自分を変える人のほうが得をする(名越康文)
思考や論理と同じぐらいに、その人の気質を見よう(名越康文)
伸びる人は「2週間1単位」で生活習慣を整える(名越康文)
「科学」と「宗教」、あるいは信仰における「公」と「私」(甲野善紀)
「ブロマガ」はプラットフォームになり得るのか(小寺信良)
2017年、バブルの時代に(やまもといちろう)
「犯罪者を許さない社会」っておかしいんじゃないの?(家入一真)
社員を切ってください、雑巾は絞ってください(やまもといちろう)
スマホから充電、という新発想〜巨大バッテリー搭載のK10000(高城剛)
週刊金融日記 第267号<クラミジア・パズルとビジネスでの統計の使い方他>(藤沢数希)

ページのトップへ