【動画】宇野常寛インタビュー

ネットは「才能のない人」でも輝けるツールではありません!

宇野常寛インタビュー「ネットは「才能のない人」でも輝けるツールではありません!」(メルマガ「ほぼ日刊惑星開発委員会2014.6.29」夜間飛行特別号外より)

 

企画・制作:夜間飛行

34宇野常寛メルマガ「PLANETS/第二次惑星開発委員会」
http://yakan-hiko.com/hobowaku.html

※この動画は夜間飛行版「PLANETS/第二次惑星開発委員会」で月1回配信している号外動画のダイジェストです、完全版は上記リンクからメールマガジン「ほぼ日刊惑星開発委員会」をご購読ください。

 

第2回「ネットは「才能のない人」でも輝けるツールではありません!」
(完全版:39分07秒)

 

語り手:宇野常寛
聞き手:井之上達矢(夜間飛行代表)

視聴者おいてきぼり上等!で
宇野常寛が本気で語ります!!

今回のテーマは「従来のコンテンツ業界がダメな理由」。

「インターネットについての大きな誤解があります。
今、ネットで輝いている人というのは、
もともと「才能のあった」人なんです。
問題は、
従来のレコード会社が出版社が制度疲労を起こしていて、
「その才能のある人」を拾い上げることができなくなっていた、
ということなんです!」

......では、面白いコンテンツが世の中に輩出されるために出した宇野さんの結論とは?

ぜひ、覗いてみてください。

 

 

続きをご覧になりたい方は、宇野常寛メルマガ「PLANETS/第二次惑星開発委員会」でどうぞ! ご購読はこちらから

PLANETS/第二次惑星開発委員会
http://yakan-hiko.com/hobowaku.html

その他の記事

20世紀の日米関係がいまも残る基地の街(高城剛)
「直らない癖」をあっという間に直す方法(若林理砂)
週刊金融日記 第315号【恋愛工学を学んだ者たちが世界中で活躍している、外交工学で金正恩がノーベル平和賞最有力候補へ他】(藤沢数希)
極めてシンプルでありながら奥が深いシステマ小説(西條剛央)
「シマウマ、捕獲後に死ぬ」のニュースの裏側(川端裕人)
今そこにある「SNSの呪い」の危機(岩崎夏海)
『つないだ手をはなして』主演川上奈々美さんインタビュー(切通理作)
PTAがベルマーク回収を辞められないわけ(小寺信良)
身近な人に耳の痛いアドバイスをするときには「世界一愛情深い家政婦」になろう(名越康文)
「群れない」生き方と「街の本屋」の行方(名越康文)
今週の動画「飇拳(ヒョウケン)」(甲野善紀)
終わらない「大学生の奨学金論争」と疲弊する学びの現場(やまもといちろう)
(4)視野を広げる(山中教子)
「HiDPIで仕事」の悦楽(西田宗千佳)
「なぜかモテる人たち」のたったひとつの共通点(岩崎夏海)

ページのトップへ