若林理砂
@asilliza

メルマガ『鍼灸師が教える一人でできる養生法』より

「苦しまずに死にたい」あなたが知っておくべき3つのこと

9筆者 若林理砂

1976年生まれ。鍼灸師・アシル治療室院長。高校卒業後に、鍼灸免許を取得し、エステサロンの併設鍼灸院で、技術を磨く。早稲田大学第二文学部卒。2004年、アシル治療室開院。現在3ヵ月先まで予約が埋まるほどの人気を集めている。夜間飛行よりメールマガジン「鍼灸師が教える一人でできる養生法」配信中。

 

 

『大往生したけりゃ医療と関わるな』を読んで

ちょっと前にtwitterで、緩和ケア医の先生が「またこういうのが流行ってきている……尊厳死協会の弊害で、生きられる人も死ぬ選択をすることがあって… …」とつぶやかれていて、何のことだ? と思って調べてみました。

どうもこの書籍のようです。

大往生したけりゃ医療と関わるな

うむ……言ってることはわかる。大筋賛成。でも……いろいろ思うところがありました。今回は、「死」について東洋医の立場とふつーの35歳女性としての立場からつらつら書いてみましょう。

この本の主眼になっているのは、老いてからの医療との関わり方、特に死に至る病の場合に限ります。ココがポイント。中村仁一医師がいうのは、60歳を境に病 へのスタンスを変えたほうがイイよ……ってことであり、老年者の癌は、手術や 化学療法や放射線治療を行わないことで痛まないで幸せに死ねる、というのが主な主張です。

若い世代に関してはほとんど言及しておりません。ほんの一部に、「(若い世代 でも)同じように痛まないのではないかと思っております」と書かれていますが ……臨床上遭遇したケースでは強い腰痛から末期の子宮頸がんが見つかったケー スや、胸の痛みの苦しさから肺がん末期が発見されたケースがあります。わたしくらいの年齢の鍼灸師でも激しい痛みで癌が発見され、その後痛みが増強していく症例に出会うことがあるのです。だから、どんな癌でも医療の介入を避ければ 痛みなく死ぬことが出来るというのは間違いです。

また、わたしが最後の最後まで見せていただいた60代前半の肝臓癌患者さんは見つかった時点で手術が困難な状態でしたが、良い主治医に恵まれ、食道静脈瘤の数回の破裂を乗り越えてあちこち旅行に出かけ、最期は自宅でモルヒネの投与を 受けながら意識もはっきりした状態でみんなにお別れをしてから亡くなりました。

医療介入がすべて悪いことではないのです。わたしとして言えることは、過剰な医療介入はやめたほうがいいよね……ということです。末期癌の場合だけではなく、全く後遺症も残らないのに、医療介入を嫌って治療拒否するのはもったいないし、残された家族がかわいそうだな……と思います。

 

<次ページから「苦しまずに死にたい」あなたが知っておくべき3つのことをご紹介!>

1 2 3 4
若林理砂
1976年生まれ。鍼灸師・アシル治療室院長。高校卒業後に、鍼灸免許を取得し、エステサロンの併設鍼灸院で、技術を磨く。早稲田大学第二文学部卒。2004年、アシル治療室開院。現在3ヵ月先まで予約が埋まるほどの人気を集めている。

その他の記事

知的好奇心の受け皿としての「私塾」の可能性(名越康文)
歴史と現実の狭間で揺れる「モザイク都市」エルサレムで考えたこと(高城剛)
「幸せの分母」を増やすことで、初めて人は人に優しくなれる(名越康文)
毎朝、名言にふれる習慣を作ることで新たな自分が目覚める! 『日めくり ニーチェ』(夜間飛行編集部)
「文章を売る」ということ(茂木健一郎)
社会が混沌に向かえば中国雑貨が大儲けする時代(高城剛)
「キレる高齢者」から見る“激増する高齢者犯罪”の類型(やまもといちろう)
【期間限定】『「赤毛のアン」で英語づけ』序文(茂木健一郎)
ピコ太郎で考えた「シェアの理解が世代のわかれ目」説(西田宗千佳)
ヘヤカツオフィス探訪#01「株式会社ピースオブケイク」前編(岩崎夏海)
なぜ今、「データジャーナリズム」なのか?――オープンデータ時代におけるジャーナリズムの役割(津田大介)
花見で教えられるこの世の唯一の真実(高城剛)
ワタミ的企業との付き合い方(城繁幸)
モアイの謎、イースター島にはまだまだ夢がある(高城剛)
古舘伊知郎降板『報道ステーション』の意味(やまもといちろう)
若林理砂のメールマガジン
「鍼灸師が教える一人でできる養生法」

[料金(税込)] 540円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回発行(第2,第4月曜日配信予定)

ページのトップへ