若林理砂
@asilliza

メルマガ『鍼灸師が教える一人でできる養生法』より

「苦しまずに死にたい」あなたが知っておくべき3つのこと

その1 自分の身体と医療の現状を知る

 

実際のところ、過剰な医療介入を避けるためには、自分自身の体と医療の現状を良く知っておかなければなりません。そうしないと、一体どれが過剰で、どれが適切なのかが判らなくなってしまうのです。子どもの場合はとても良い本があります。

小児科へ行く前に―子どもの症状の見分け方

 

うちの場合は、この本に照らし合わせ、必要ない場合は病院へ連れて行かないことにしていました。息子は予防注射後に発熱する体質で、38度台の熱がよく出たので、一度だけ夜間の相談窓口に電話を掛けたことがありました。

その時のワクチンは水ぼうそうワクチン。これ、白血病などの免疫力が落ちている子達のために開発されたワクチンで、副反応が一番出にくいというワクチンなのですが、それでも発熱。さすがに心配になって電話したのですが、「問題ないと思います、熱性けいれんもないでしょ?」と言われたので安心して経過観察し、そのまま次の日解熱しました。ココがポイントだったりします。発熱だけなら別に問題ないのですよ。意識混濁や嘔吐・痙攣が出たら即刻救急車なのです。普通の症状と全く違うのが出たら、すぐ!

「こういう時は病院へ」6か条

大人の場合もこういった線引きが書かれている書籍があるといいんですが、どちらかというと不安を煽る書籍しか無いので困ったもんです。わたしが「とりあえず病院へ行ってきなさい」と指示する指標を一応書いておきます。

 

1.慢性疾患を持っていて、いつもの症状と全く違ったものが見られたとき。

2.明らかな浮腫がある(指で押しても凹んだっきり戻ってこない)

3.高熱かつ、もうろう状態、意識混濁がある。

4.いつまで経っても消えない痛みがあり、鍼灸治療を受けても漸増する。

5.体表面から触れられる、硬くて大きいしこりがある。

6.関節変形が見られ、痛みがあり、明らかに腫脹しているとき。

 

最後の項目はリウマチを疑うもので、膝関節の水腫(膝に水がたまる)に関しては、痛みや甚だしい可動域の制限を伴わないなら放置しても大丈夫なことがあります。

リウマチの場合は早めの服薬で関節変形の進行が止められるかどうかが今後の生活の質を決める鍵になるので、指先等の小さい関節に見られる軽い関節変形でも 受診をすすめる事が多いです。ま、結果的になんとも無かったことが多いですけどね。

というわけで、みなさん。単なる頭痛や風邪、腰痛等の痛みで病院へは行かないのよ! 医療機関の受診理由の半分以上が行っても意味のない受診だと思っています、わたし。

医療費は限りある資源、大事に使わないと、せっかくの健康保険が破綻しちゃうわよ。過剰な医療介入は、過剰な医療施設への受診が引き起こしている側面もあるのです。

特に、痛みに関してね。内科領域でも外科領域でも、持続性かつ漸増する痛みでない限り、ほぼ受診する必要がありません。何にも見つからなかったからといっ て繰り返しCTやMRI検査を行うほうがカラダに悪いです。

でさー、大抵の場合なんだけど、上記の1~6に当てはまる時って、常とは違う 「何か」を感じるもんだから、受診を渋るのよね~。ごく普通の症状とはなにか違うものが、重篤な疾患の予兆には必ずあります。それを逃さないで、怖がらずに医師に相談すること。医療機関への受診はこれに尽きると思います。

 

1 2 3 4
若林理砂
1976年生まれ。鍼灸師・アシル治療室院長。高校卒業後に、鍼灸免許を取得し、エステサロンの併設鍼灸院で、技術を磨く。早稲田大学第二文学部卒。2004年、アシル治療室開院。現在3ヵ月先まで予約が埋まるほどの人気を集めている。

その他の記事

遊んだり住むには最高だけど働くのは割りに合わない日本(高城剛)
22年出生数減少の「ですよねー」感と政策の手詰まり感のシンフォニーについて(やまもといちろう)
ポストコロナという次の大きな曲がり角(高城剛)
国産カメラメーカーの誕生とその歴史を振り返る(高城剛)
YouTube発信を始めようと考えた理由(本田雅一)
ロバート・エルドリッヂの「日本の未来を考える外交ゼミナール」が2017年8月上旬にオープン!(ロバート・エルドリッヂ)
「いま評価されないから」といって、自分の価値に疑問を抱かないためには(やまもといちろう)
レストランからバルへ、大きくかわりつつある美食世界一の街(高城剛)
自民党「カジノ収賄」の前後事情に見る「なんでこんな話に引っかかるのか」感(やまもといちろう)
ハロウィン:あの世とこの世の境界線が曖昧になるとき(鏡リュウジ)
「不自由さ」があなたの未来を開く(鏡リュウジ)
パー券不記載問題、本当にこのまま終わるのか問題(やまもといちろう)
変わる放送、Inter BEEに見るトレンド(小寺信良)
IT・家電業界の「次のルール」は何か(西田宗千佳)
空想特撮ピンク映画『ピンク・ゾーン2 淫乱と円盤』 南梨央奈×佐倉絆×瀬戸すみれ×国沢実(監督)座談会(切通理作)
若林理砂のメールマガジン
「鍼灸師が教える一人でできる養生法」

[料金(税込)] 550円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回発行(第2,第4月曜日配信予定)

ページのトップへ