若林理砂
@asilliza

メルマガ『鍼灸師が教える一人でできる養生法』より

「苦しまずに死にたい」あなたが知っておくべき3つのこと

その2 「老化」を受け入れる

その上で。年をとるとだな……老化ってのが来るんだな。これは厄介。あちこち 調子が悪くなるけど、これは医者に行っても治らないのよ。最近の人は栄養状態もいいので、70歳以上の方を「老化現象ですね」と言ってもイイと判断する指標としています。

60くらいだとまだ老化じゃなくて生活習慣病の域だったりするんだよね。生活習慣病の場合は、ある程度は運動したり食事内容を変えたりすると治ったりします。

老化は治らない。これを受け入れるのは結構たいへんなことです。いま、ウチで見ている80代の女性は、自分が年寄りだと考えておらず、地域で行う催事や体操教室に行ったらどうですか? と薦めると、「ああいうところは年寄りばかりだ から」と言います(笑)。

こうなると、かなりツマンナイ日常を過ごすことになっちゃいます。病院へばかり行っていて、自分の健康のことだけに意識を集中してしまってね。健康のために人生を殺してしまっているような状態になってしまいます。これを、中村仁一医師は問題としているわけです。「老化を受け入れろ」と主張しているのですよ。

けどね。中村仁一さん自身は、実際はそんなにきっぱりと老化を受け入れられていているわけじゃないんだな……と読めるところがいくつもあります。

この方、お父様を目の前で心筋梗塞で亡くされているのです、高校二年の時に。亡くなる少し前から心筋梗塞の発作がなんども出ていたのに、医者へ行かずに亡くなっていった事が書き記されています。また、「家族の前ではできるだけ痛いの、かゆいのしんどいのはいわない、ため息を付いたり眉を曇らせるようなことも控えて、普通にふるまう、唸るのはひとりきりの時に、と心がける……」とも書かれています。

ああ、この方も死ぬのは怖いんだな、と、そのあたりを読んでわたしは思いました。怖いからこういう本、書いたんだなぁと。この本は恐怖に打ち勝つために書 かれた物なんじゃなかろうか……。医療介入をしなければ、ポックリと死ねる、医療介入をしなければ、痛みもなく枯れるように死ねる、と、言い聞かせているように思えてならないのです。

 

1 2 3 4
若林理砂
1976年生まれ。鍼灸師・アシル治療室院長。高校卒業後に、鍼灸免許を取得し、エステサロンの併設鍼灸院で、技術を磨く。早稲田大学第二文学部卒。2004年、アシル治療室開院。現在3ヵ月先まで予約が埋まるほどの人気を集めている。

その他の記事

トランスフォーマー:ロストエイジを生き延びた、日本ものづくりを継ぐ者 ――デザイナー・大西裕弥インタビュー(宇野常寛)
「高価格による高サービス」にすり替わってしまった「おもてなし」(高城剛)
年末企画:2019年度の「私的なベストカメラ」(高城剛)
会社を立ち上げました–家入流「由来を語れる」ネーミングについて(家入一真)
中島みゆきしか聴きたくないときに聴きたいジャズアルバム(福島剛)
統計学は万能ではない–ユングが抱えた<臨床医>としての葛藤(鏡リュウジ)
歩く速度と健康状態の関係(高城剛)
IT・家電業界の「次のルール」は何か(西田宗千佳)
『ぼくらの仮説が世界をつくる』書評ーかつて本には「飢え」を感じるような魅力があった(岩崎夏海)
イギリスと中国、お互いに国営メディアBANで見る価値観の衝突とプロパガンダ戦(やまもといちろう)
近頃人気があるらしいコンサルタントという仕事の現実とか(やまもといちろう)
自民党総裁選目前! 次世代有力政治家は日本をどうしようと考えているのか(やまもといちろう)
キャリア女性のみなさん、その結婚、本当に大丈夫?(藤沢数希)
日本人に理想的な短期間ダイエット「七号食」(高城剛)
週刊金融日記 第307号【確定申告の季節ですがこれから事業をはじめる人にアドバイス、出口戦略言及で日本円が大躍進他】(藤沢数希)
若林理砂のメールマガジン
「鍼灸師が教える一人でできる養生法」

[料金(税込)] 550円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回発行(第2,第4月曜日配信予定)

ページのトップへ