高城剛メルマガ「高城未来研究所「Future Report」」より

欠落していない人生など少しも楽しくない

※「高城未来研究所【Future Report】Vol.200(2015年4月17日発行)より

a0af3f583c62acd87213e81a581471df_s

Q. コンプレックスはありますか?

いつもありがとうございます!

高城さんは過去や現在においてコンプレックスというものはございますか?

人間はどうしても不足していることにフォーカスしてしまうので、いまできていることや与えられていることに目を向けるべきだとわかってはいるのですが……。

私の場合は仕事が順調なので今について不満はないのですが、過去に大学を中退したことに後悔というかコンプレックスがあります。その当時はそれがベストだと思い決断しましたが……。

いまは学歴社会ではないですし、独立して取り組んでいる自分の仕事も完全実力主義なので、特に気にする必要はありませんでしょうか。凹んだ時や酔った時に自分のダメな点を考えてしまうのですが、「普段から凹んだり酔わないように自己管理しましょう」と高城さんから言われそうですね^^;

 

A. 欠落のない人生なんて楽しくありませんよ

子供の頃、好きだった絵本のひとつに「ぼくを探しに」という、とても面白い本がありました。

パックマンのような形をしていた主人公は、完全なまんまるではなく、欠けていた自分が不満でコンプレックスの塊でした。

その主人公は、ある日「自分の不足を探す旅」に出ます。「ぼく」はゆっくりところがりながら、歌いながら、旅をします。野を越え、海を越え、みみずと話をしたり、花のにおいをかいだり、やっと見つけた「かけら」が今度は小さすぎたり、大きすぎたりして、なかなか思い通りになりません。

そしてついに、ピッタリのかけらを見つけるのです。

ところが、ピッタリとはまるカケラを見つけた「ぼく」は、どんどん速くころがり、どんどん回転する自分自身に、うたうこと、話すこと、見ることや聞くことを、失っていくのです。

この「ぼく」に限りませんが、この世にコンプレックスがない人は、ひとりもいないはずです。

しかし、そのコンプレックスを補うことが、本当に大切なのでしょうか? 僕は「ぼく」の話をもとに、もっともっと凹んでもいいと思う一方、それによって凸したものを伸ばすことが大切だと、いつも考えているのです。

欠落してない人や人生なんて、楽しくありませんよ!

『ぼくを探しに』http://amzn.to/1GapUs5

『続ぼくを探しに ビッグ・オーとの出会い』http://amzn.to/1Gaq3Mc

 

 

┃高┃城┃未┃来┃研┃究┃所┃【Future Report】
Vol.200
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
/ 2015年3月13日発行 /

■目次
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
… 1. 近況
… 2. 世界の俯瞰図
… 3. デュアルライフ、ハイパーノマドのススメ
… 4. マクロビオティックのはじめかた
… 5. 身体と意識
… 6. Q&Aコーナー
… 7. 著書のお知らせ

 

23高城未来研究所は、近未来を読み解く総合研究所です。実際に海外を飛び回って現場を見てまわる僕を中心に、世界情勢や経済だけではなく、移住や海外就職のプロフェッショナルなど、多岐にわたる多くの研究員が、企業と個人を顧客に未来を個別にコンサルティングをしていきます。毎週お届けする「FutureReport」は、この研究所の定期レポートで、今後世界はどのように変わっていくのか、そして、何に気をつけ、何をしなくてはいけないのか、をマスでは発言できない私見と俯瞰的視座をあわせてお届けします。

詳細・ご購読はこちらから
http://yakan-hiko.com/takashiro.html

 

ご紹介動画

高城剛
1964年葛飾柴又生まれ。日大芸術学部在学中に「東京国際ビデオビエンナーレ」グランプリ受賞後、メディアを超えて横断的に活動。 著書に『ヤバいぜっ! デジタル日本』(集英社)、『「ひきこもり国家」日本』(宝島社)、『オーガニック革命』(集英社)、『私の名前は高城剛。住所不定、職業不明。』(マガジンハウス)などがある。 自身も数多くのメディアに登場し、NTT、パナソニック、プレイステーション、ヴァージン・アトランティックなどの広告に出演。 総務省情報通信審議会専門委員など公職歴任。 2008年より、拠点を欧州へ移し活動。 現在、コミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門に、創造産業全般にわたって活躍。ファッションTVシニア・クリエイティブ・ディレクターも務めている。 最新刊は『時代を生きる力』(マガジンハウス)を発売。

その他の記事

個人の情報発信で考えていること(やまもといちろう)
「人を2種類に分けるとすれば?」という質問に対する高城剛の答え(高城剛)
総務省家計調査がやってきた!(小寺信良)
住んでいるだけでワクワクする街の見つけ方(石田衣良)
間違いだらけのボイストレーニング–日本人の「声」を変えるフースラーメソードの可能性(武田梵声)
「不自由さ」があなたの未来を開く(鏡リュウジ)
過去17年間のAmazon依存度を振り返る(小寺信良)
アーミテージ報告書を読み解く――日本は二等国でいいの?(やまもといちろう)
フリック入力が苦手でもモバイル執筆が可能に! ローマ字入力アプリ「アルテ on Mozc」(小寺信良)
完全な自由競争はファンタジーである(茂木健一郎)
『寄生獣・完結編』の思わぬ副産物/『幕が上がる』は和製インターステラーだ!ほか(切通理作)
なぜ「もしドラ」の続編を書いたのか(岩崎夏海)
マイナス50キロを実現するためのホップ・ステップ・ジャンプ(本田雅一)
今年買って印象に残ったものBest10(小寺信良)
玄米食が無理なら肉食という選択(高城剛)
高城剛のメールマガジン
「高城未来研究所「Future Report」」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回配信(第1~4金曜日配信予定。12月,1月は3回になる可能性あり)

ページのトップへ