本田雅一
@rokuzouhonda

メルマガ「本田雅一の IT・ネット直球リポート」より

日産ゴーン会長逮捕の背景に感じる不可解な謎

※この記事は本田雅一さんのメールマガジン「本田雅一の IT・ネット直球リポート」 Vol.033(2018年11月22日)からの抜粋です。



今週はなんと言っても、日産のカルロス・ゴーン会長逮捕の話題が日本中を覆い尽くし、他の情報が頭に入ってこない状況ですね。本当にビックリ。

実はゴーンさん、仕事上で絡んだことは一度もないのですが、彼が社外取締役になっている企業のトップから聞いている人柄や、(たまたま出会った)焼き鳥屋さんでの彼の様子をみる限り、あれだけの資産がありつつも、さらに多くを望もうとするようなガツガツとしたタイプではないように見えていたからです。実際に何が起きていたのかは、まったくわからないのですが、ひとつ言えるのは今回の告発には(たとえ司法取引によるトップの逮捕という大きな目標があったにせよ)、とても不可解な側面が多いということ。

ゴーンさんが実は浪費を愉しむタイプではないという意見が出ている一方で、割とセコい自宅購入や、再婚した奥さまと共に浪費し続けていたという話もあるのですが、このクラスの摘発がその程度の使い込みで行われるとは思いません。

最初に出てきた話というのは、強烈な犯罪というよりは醜聞に近いもので、愚かな人間の欲望が不適切な金の使い方に繋がったという話で、ゴーンさんの経歴や日産での立場を考えるならば、あくまで日産内部で処理できたレベルではないかと思います。それが逮捕にまで及んでいるのには、何かしらの思惑があるのだろうと誰もが想像してしまうのではないでしょうか。

ということで、ちょっとイレギュラーな形ですが、今回は日産ゴーン会長の不正を巡る不可解な謎を(解決はできませんが)いくつかのパターンでふり返りながら、何が起きているのか状況把握に挑戦してみたいと思います。
 

逮捕にまつわる疑問の背景

今回の事件で不可解な点は極めて多いのですが、そもそも“不可解と感じる”ためには、いくつかの背景情報が必要でしょう。まずは、ゴーンさんのキャリアを簡単に整理しておきます。

ブラジル出身のゴーンさんは、もともとフランスのタイヤメーカー・ミシュランの幹部で、最終的には北米市場におけるCEOとなりました。ミシュランの北米での業績は散々なものでしたが、彼がCEOになると劇的なまでに利益を積み重ねていきます。その実績から、フランスの自動車会社・ルノーに幹部として迎えられ、上席副社長として腕を振るい始めます。

彼が得意なことは、利益構造を見直して、その企業が生み出している価値を最大限に引き出すことでした。伝統的に大きな付加価値を抱えつつも、構造的な問題で最終的にその価値を利益として残せない、旧い体質の企業から利益を生み出すことが得意でした。

“コストカッター”、“コストキラー”という異名をルノーで取った彼は、1999年3月27日にルノーが日産の株式の36.8%を取得した際、日産の取締役に就任。そして1年後にはCEOへと選出されました。

それから17年、彼はCEO(途中からは社長も兼任)として日産自動車の再構築を主導します。V字回復という言葉は、ゴーンさんが日産を立て直した際に作られた言葉でした。現在(2017年3月期)は売上高で11兆8000億円、営業利益で6850億円。彼は日本という国が再浮上していくために必要なマスターピースのようであったと思います。

ところが、話はそんなに単純ではありません。ゴーンさんはルノーのCEOも兼任していますが、ルノーという会社は“普通の会社”ではないからです。


(この続きは、本田雅一メールマガジン 「本田雅一の IT・ネット直球リポート」で)
 

本田雅一メールマガジン「本田雅一の IT・ネット直球リポート」

2014年よりお届けしていたメルマガ「続・モバイル通信リターンズ」 を、2017年7月にリニューアル。IT、AV、カメラなどの深い知識とユーザー体験、評論家としての画、音へのこだわりをベースに、開発の現場、経営の最前線から、ハリウッド関係者など幅広いネットワークを生かして取材。市場の今と次を読み解く本田雅一による活動レポート。

ご購読はこちら

本田雅一
PCハードウェアのトレンドから企業向けネットワーク製品、アプリケーションソフトウェア、Web関連サービスなど、テクノロジ関連の取材記事・コラムを執筆するほか、デジタルカメラ関連のコラムやインタビュー、経済誌への市場分析記事などを担当している。 AV関係では次世代光ディスク関連の動向や映像圧縮技術、製品評論をインターネット、専門誌で展開。日本で発売されているテレビ、プロジェクタ、AVアンプ、レコーダなどの主要製品は、そのほとんどを試聴している。 仕事がら映像機器やソフトを解析的に見る事が多いが、本人曰く「根っからのオーディオ機器好き」。ディスプレイは映像エンターテイメントは投写型、情報系は直視型と使い分け、SACDやDVD-Audioを愛しつつも、ポピュラー系は携帯型デジタルオーディオで楽しむなど、その場に応じて幅広くAVコンテンツを楽しんでいる。

その他の記事

津田大介×高城剛対談「アフター・インターネット」――ビットコイン、VR、EU、日本核武装はどうなるか?(夜間飛行編集部)
ピコ太郎で考えた「シェアの理解が世代のわかれ目」説(西田宗千佳)
「戦後にケリをつける」ための『東京2020 オルタナティブ・オリンピック・プロジェクト』(宇野常寛)
これから「研究者」がマイノリティになっていく?(家入一真)
津田大介×石田衣良 対談<前編>:メルマガは「アナログ」なメディアである(津田大介)
「たぶん起きない」けど「万が一がある」ときにどう備えるか(やまもといちろう)
どんなSF映画より現実的な30年後の世界を予測する(高城剛)
週刊金融日記 第277号 <ビットコイン分裂の経済学、ハードフォーク前夜の決戦に備えよ他>(藤沢数希)
アップルの“あえて言葉にはしていない”仕掛け(本田雅一)
音声で原稿を書くとき「頭」で起きていること(西田宗千佳)
株式会社ピースオブケイクのオフィスにお邪魔しました!(岩崎夏海)
僕がザハ案の国立競技場の建設に賛成していた、たった一つの理由(岩崎夏海)
個人の情報発信で考えていること(やまもといちろう)
英国のシリコンバレー、エジンバラでスコットランド独立の可能性を考える(高城剛)
アメリカでスクーター・シェアを「見てきた」(西田宗千佳)
本田雅一のメールマガジン
「本田雅一の IT・ネット直球リポート」

[料金(税込)] 540円(税込)/ 月
[発行周期] 毎月2回(第2、4木曜日予定)

ページのトップへ