高城剛メルマガ「高城未来研究所「Future Report」」より

旅行需要急増でのんびり楽しめる時間が残り少なくなりつつある南の島々

高城未来研究所【Future Report】Vol.294(2017年2月3日発行)より


今週は、モルディブにいます。

1190もの島があるこの国の名前は、サンスクリット語で「島々の花輪」という意味を持ち、美しい海に囲まれている島国として旅行者を魅了しています。

この二十年のモルディブの観光地としての躍進は素晴らしく、特に21世紀に入ってから国家が観光立国に舵を大きく切ったこともありまして、100を超える島々に世界でも有数な高級リゾートが立ち並ぶことになりました。
すでに、観光GDPは25%を超え、大成功を収めています。

一方、自然破壊も看過できないようになってきました。
最近では首都マーレ近郊の観光島開発が難しくなってきたため、島として隆起する前のサンゴ礁の浅瀬を埋立て「島を作る」ようなリゾートも見受けられます。
かつての中心的産業だったマグロやカツオ漁業はすっかり衰退し、また、気候変動のため、リゾートのメンテナンス費用も年々増加する一方です。
結果、それらは宿泊コストに上乗せされることになりますので、高級リゾートの宿泊費は、いまや一泊10万円を超えるのは当たり前。
僕も一度だけ仕事で訪れたことがありますが、一島まるまる貸し出しで一泊200万円を超えるリゾートもあります。
もはや観光開発の勢いは、止められそうにありません。

さて、今回の渡航は、そんな高級リゾートはさておき、地元の人たちが遊びに行く、いや、地元の人たちでも知らないようなローカル・アイランドを日々ホッピングしています。

近年の高級リゾート指向に嫌気が指したトラベラーに人気があるマーフーシ島やUNESCO保護海域ハニファル湾から近いハニマドゥ島、そして交通網がない離島をチャーター船でまわっていまして、ここまで来るとかつての素朴だったモルディブの面影がまだ残っていますが、いまや開発されてしまうのも時間の問題なのかもしれません。

しかし、このようは過度な開発はモルディブに限ったことではなく、産業を持たない世界中の南の島々すべてが直面する問題で、また、LCCやインターネットなど、時代の変化が大きく後押ししているのも確かです。
すでに航空宇宙産業を抜いて世界一の巨大産業となった観光業が、本格的に爆発するのは実はこれからで、その中心地はアジアなのです。
中間層の増大に伴い、旅行需要が急増し、近隣諸国の観光からはじまり、その円は年々大きく広がっています。

今週、大型連休である春節の中国から、多くの観光客が押し寄せているモルディブの現状だけを見ても、10年前とは別世界です。
そう考えると、南の島々をのんびり楽しめる時間は、あまり残されていません。
10年もすれば「無人島」は、おとぎ話にしか出てこなくなるでしょう。

ここ数年、仕事の合間を縫って世界中の南の島々を回って書いてきた「人生を変える南の島々」シリーズも、残すはあと数地域。

まだまだ知られていない、この星にある素晴らしい場所を、今日も探して旅しています。

 

高城未来研究所「Future Report」

Vol.294 2017年2月3日発行発行

■目次
1. 近況
2. 世界の俯瞰図
3. デュアルライフ、ハイパーノマドのススメ
4. マクロビオティックのはじめかた
5. 身体と意識
6. Q&Aコーナー
7. 著書のお知らせ

23高城未来研究所は、近未来を読み解く総合研究所です。実際に海外を飛び回って現場を見てまわる僕を中心に、世界情勢や経済だけではなく、移住や海外就職のプロフェッショナルなど、多岐にわたる多くの研究員が、企業と個人を顧客に未来を個別にコンサルティングをしていきます。毎週お届けする「FutureReport」は、この研究所の定期レポートで、今後世界はどのように変わっていくのか、そして、何に気をつけ、何をしなくてはいけないのか、をマスでは発言できない私見と俯瞰的視座をあわせてお届けします。

詳細・ご購読はこちらから
http://yakan-hiko.com/takashiro.html

高城剛
1964年葛飾柴又生まれ。日大芸術学部在学中に「東京国際ビデオビエンナーレ」グランプリ受賞後、メディアを超えて横断的に活動。 著書に『ヤバいぜっ! デジタル日本』(集英社)、『「ひきこもり国家」日本』(宝島社)、『オーガニック革命』(集英社)、『私の名前は高城剛。住所不定、職業不明。』(マガジンハウス)などがある。 自身も数多くのメディアに登場し、NTT、パナソニック、プレイステーション、ヴァージン・アトランティックなどの広告に出演。 総務省情報通信審議会専門委員など公職歴任。 2008年より、拠点を欧州へ移し活動。 現在、コミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門に、創造産業全般にわたって活躍。ファッションTVシニア・クリエイティブ・ディレクターも務めている。 最新刊は『時代を生きる力』(マガジンハウス)を発売。

その他の記事

大手企業勤務の看板が取れたとき、ビジネスマンはそのスキルや人脈の真価が問われるというのもひとつの事実だと思うのですよ。(やまもといちろう)
資本主義の「貪欲さ」から逃げるように拡散するエッジ・ブルックリンの本当の魅力(高城剛)
オリンピックという機会を上手に活かせたロンドンは何が違ったのか(高城剛)
アップル固有端末IDの流出から見えてくるスマホのプライバシー問題(津田大介)
タロット、ルノルマン……人はなぜ「カード占い」にはまるのか(鏡リュウジ)
「見て見て!」ではいずれ通用しなくなる–クリエイターの理想としての「高倉健」(紀里谷和明)
なぜ、僕らは「当然起こるバッドエンド」を予測できないのか?(岩崎夏海)
「芸能人になる」ということ–千秋の場合(天野ひろゆき)
「オリンピック選手に体罰」が行われる謎を解く――甲野善紀×小田嶋隆(甲野善紀)
都市近郊の統一地方選が「ドッチラケ」な理由(小寺信良)
元は取れるのか!? 定額衣装レンタル「bemool」を試してみた(小寺信良)
『趾(あしゆび)でカラダが変わる』中村考宏インタビュー(下村敦夫)
年内に来る? Wi-Fi Awareとは(小寺信良)
総務省調査に見るネット利用の姿(小寺信良)
国が“氷河期世代”をなんとかしようと言い出した時に読む話(城繁幸)
高城剛のメールマガジン
「高城未来研究所「Future Report」」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回配信(第1~4金曜日配信予定。12月,1月は3回になる可能性あり)

ページのトップへ