やまもといちろうメルマガ「人間迷路」より

本当に大切な仕事は一人にならなければできない

やまもといちろうメールマガジン「人間迷路」Vol.115<高度化するサイバー攻撃がもたらす危機と再びドローンについて語る回>2014年12月8日発行より

d1f7b72244ac11a859d6c3eeaf6a98e1_s

Q 【テキパキ仕事が終えられない】

35歳金融会社勤務です。日系金融→外資系金融→身体を壊して日系コンサル→日系金融という横滑り人生を送っています。バツイチです。

悩みがありまして、若いころは問題なくできたはずの仕事がなかなか手につかなくなってきました。離婚のショックと娘に会えない生活というのもあるんですが、まぁ、、僕が悪いんですが、人生を立て直すためにもどうやって仕事と向かい合うかを日々考えてしまう状態です。

(略)

この歳になりますと、他の同僚と違う何か有用な自分、それもスキルとは分離された何かが必要になってきまして、焦りばかり先に立ち、また後悔に苛まれることも多くて大変です。精神は割と頑健なんですけど、さすがに病気と離婚で弱気になってしまって。

普通の仕事は全部やって、自分がやるべき自分だけの仕事を築き上げ、それを武器にするためにもテキパキと仕事に向かえる自分を作りたいと思っているのですが、ぜひアドバイスをいただけないでしょうか。(35歳の地図さま)

 

A 【集中力の出し方と切り替え方】

分かります。

私も結構気が散るほうで、何事か始めないといけないってときに、なかなか手につかないということは日常的にあります。

性分的に、私は「夏休みの宿題は、夏休みに入ったとたんに終えようとする」傾向があり、仕事を残しておくのが凄いストレスに感じる人間です。なので、集中できなくて仕事が積み残されている状態だと、そわそわして、イライラすることはほぼ毎日感じているわけですね。

しかも、最近だとライフワークバランスじゃないけど、人生に「子育て」という時間割が必要になってきました。そうなると、仕事は効率的に終わらせなければいけないし、自分の趣味の時間を捻出しないとストレスが溜まるしで、結局、睡眠時間を削って、深夜に子供が寝た後仕事をしたり、相場見たり、ゲームしたり、酒飲んで考えたり、ツイッターで他人を煽ったり、原稿を書いたり、という生活になるわけであります。時間が圧倒的に足りません。

仕事に集中しないと、効率よくやるべきことは終わりません。そのためには、前提条件がいくつかあります。

1 2 3
やまもといちろう
1973年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作に携わる。統計処理を用いた投資システム構築や社会調査を専門とし、Aetas株式会社エグゼクティブ・プロデューサー、東京大学政策ビジョン研究センター客員研究員、東北楽天ゴールデンイーグルス育成・故障データアドバイザー、株式会社データビークルプロデューサーなど現任。東京大学と慶應義塾大学とで組成される「政策シンクネット」の高齢社会研究プロジェクト「首都圏2030」の研究マネージメントを行うなど、社会保障問題や投票行動分析に取り組む。「ネットビジネスの終わり(Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など著書多数。

その他の記事

真っ正直に絶望してもいいんだ(甲野善紀)
TPPで日本の著作権法はどう変わる?――保護期間延長、非親告罪化、匂いや音の特許まで(津田大介)
ゆとり世代に迫るタイムリミット(岩崎夏海)
「死にたい」と思ったときに聴きたいジャズアルバム(福島剛)
「実は言われているほど新事実はなく、変わっているのは評価だけだ」問題(やまもといちろう)
人生に一発逆転はない–心の洗濯のススメ(名越康文)
身体に響く音の道――音の先、音の跡(平尾文)
『もののあはれ』の実装は可能か(宇野常寛)
「意識高い系」が「ホンモノ」に脱皮するために必要なこと(名越康文)
人間はどう生きていけばいいのか(甲野善紀)
『心がスーッと晴れ渡る「感覚の心理学」』著者インタビュー(名越康文)
捨てることのむつかしさ?(やまもといちろう)
【第1話】日本型雇用の未来は君の肩に……(城繁幸)
これからのビジネスは新宗教に学んだほうがいい!(家入一真)
決められないなら、委ねよう(天野ひろゆき)
やまもといちろうのメールマガジン
「人間迷路」

[料金(税込)] 756円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回前後+号外

ページのトップへ