やまもといちろうメルマガ「人間迷路」より

本当に大切な仕事は一人にならなければできない

あなたの関心領域の外にこそ、可能性が眠っている

これはあくまで私の考え方であって、貴殿が取り組まれる仕事ではなかなかそういう環境づくりはできないかもしれないし、貴殿なりにあったやり方を模索する必要はあるでしょう。ただ、貴殿が願うように「自分にしか出来ない仕事」を追及していこうとするならば、多かれ少なかれ雑音をシャットアウトし心をからっぽにして自分と向き合って集中するスタイルを構築しないと難しいと思います。

そして、仕事での集中と生活のリズムというのは密接な関係があります。疲れていると集中は持続しないし、悩み事があるとなかなか集中できる時間が始まらないし、ネットに繋がっているとつい不用不急のサイトとか見に行ってしまって効率をあげることが出来ません。

スポーツのメンタルトレーニング本やクラシック音楽、古典芸能など、いままで関心領域の外にある知識や情報が、貴殿の人生を拓く可能性があるように思います。真正面から人生を走ってきて、ふとした折に他人と比較して焦るというのは、往々にして間違った負担をご自身の精神や身体にかけることがありますので、もう少し人間としての視点を広く持ち、余裕のある時間を意図的に作って集中と弛緩のメリハリをつけられると良いのではないでしょうか。

 

やまもといちろうメールマガジン「人間迷路」Vol.115<高度化するサイバー攻撃がもたらす危機と再びドローンについて語る回>

2014年12月8日発行
目次
187A8796sm

【0. 序文】代表質問
【1. インシデント1】より高度化するサイバー攻撃がもたらす危機
【2. インシデント2】再びドローンの話題など

「人間迷路」のご購読はこちらから

1 2 3
やまもといちろう
個人投資家、作家。1973年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。サイバーインテリジェンス研究所統計技術主幹など歴任。IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作に携わる一方、高齢社会研究や時事問題の状況調査も。日経ビジネス、文春オンライン、みんなの介護、こどものミライなど多くの媒体に執筆し「ネットビジネスの終わり(Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など著書多数。

その他の記事

言語と貨幣が持つ問題(甲野善紀)
腸内細菌のケアを心がけたい梅雨の季節(高城剛)
このイカが意外に便利、スマホ三脚「SQUIDDY」(小寺信良)
温泉巡りで気付いた看板ひとつから想像できる十年後の街並み(高城剛)
Hagexさんの訃報に関して(やまもといちろう)
「疑り深い人」ほど騙されやすい理由(岩崎夏海)
政府の原発ゼロ政策はなぜ骨抜きになったのか(津田大介)
「いままでにない気候」で訪れる「いままでにない社会」の可能性(高城剛)
人間の運命は完璧に決まっていて、同時に完璧に自由である(甲野善紀)
子供会にLINEを導入してみた(小寺信良)
成功を目指すのではなく、「居場所」を作ろう(小山龍介)
身体に響く音の道――音の先、音の跡(平尾文)
新興国におけるエンジンは中国(高城剛)
日本の脱原発は本当に可能なのか?――ドイツ10年の歩みに学ぶエネルギー政策(津田大介)
『一人っ子政策廃止』は朗報か?(ふるまいよしこ)
やまもといちろうのメールマガジン
「人間迷路」

[料金(税込)] 756円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回前後+号外

ページのトップへ