DVD「甲野善紀 技と術理2014 内観からの展開」評

「分からなさ」が与えてくれる力

変化し続けるということ

kono_jacket-compressor

甲野善紀先生とは、点と点を繋いで初めて見えてくる存在だと思う。

今回、夜間飛行から出されたDVD『甲野善紀 技と術理2014 内観からの展開』は中でも貴重な「点」と言えるだろう。また夜間飛行というプラットフォームを得て、よりリアルタイムに近い形で甲野先生の経過を知ることができるようになったことをありがたく思う。

甲野先生の術理がもつ価値は「武道やスポーツといった各分野に役立つ新たな身体操作」という範囲にとても収めきることはできない。

甲野先生の周囲には、内面的な変容を余儀なくされ、その結果自らの道を歩むようになった者が数多くいる。目下ロシア武術システマのインストラクターとして、いくつかの著作を上梓させて頂いた私自身もそうであるし、鍼灸師の若林理砂氏、介護の岡田慎一郎氏、半身動作研究会の中島章夫氏など、直接知る限りでも枚挙の暇がないほどである。

こうした人々が甲野先生から何を受けとったのか。それは実は術理そのものではない。次から次へと術理を生み出し、変化し続けるそのあり方なのである。そのあり方とは、安易な正解に固着することなく、つねに疑い、身体を通して試行錯誤し続ける強さである。この「甲野善紀 技と術理」シリーズは、そうした甲野先生のあり方を感じることができる作品である。

1 2

その他の記事

人生における「老後」には意味があるのでしょうか?(石田衣良)
都知事・小池百合子さんは希望の党敗戦と台風対応の不始末でどう責任を取るのか(やまもといちろう)
なんでもアリのハイレゾスピーカー「RS-301」を試す(小寺信良)
20代のうちは「借金してでも自分に先行投資する」ほうがいい?(家入一真)
イノベーションが「IT」で起きる時代は終わった(高城剛)
怒りを動機にした分析は必ず失敗する(名越康文)
日本人の情報感度の低さはどこからくるのか(やまもといちろう)
社員を切ってください、雑巾は絞ってください(やまもといちろう)
音声で原稿を書くとき「頭」で起きていること(西田宗千佳)
世界は本当に美しいのだろうか 〜 小林晋平×福岡要対談から(甲野善紀)
「海賊版サイト」対策は、旧作まんがやアニメの無料化から進めるべきでは(やまもといちろう)
怪しい南の島が目指す「金融立国」から「観光立国」への道(高城剛)
古くて新しい占い「ルノルマン・カード」とは?(夜間飛行編集部M)
武術研究者の視点—アメフト違法タックル問題とは? そこから何かを学ぶか(甲野善紀)
50歳食いしん坊大酒飲みでも成功できるダイエット —— 超簡単に腕や脚を細くする方法について(本田雅一)

ページのトップへ