DVD「甲野善紀 技と術理2014 内観からの展開」評

「分からなさ」が与えてくれる力

変化し続けるということ

kono_jacket-compressor

甲野善紀先生とは、点と点を繋いで初めて見えてくる存在だと思う。

今回、夜間飛行から出されたDVD『甲野善紀 技と術理2014 内観からの展開』は中でも貴重な「点」と言えるだろう。また夜間飛行というプラットフォームを得て、よりリアルタイムに近い形で甲野先生の経過を知ることができるようになったことをありがたく思う。

甲野先生の術理がもつ価値は「武道やスポーツといった各分野に役立つ新たな身体操作」という範囲にとても収めきることはできない。

甲野先生の周囲には、内面的な変容を余儀なくされ、その結果自らの道を歩むようになった者が数多くいる。目下ロシア武術システマのインストラクターとして、いくつかの著作を上梓させて頂いた私自身もそうであるし、鍼灸師の若林理砂氏、介護の岡田慎一郎氏、半身動作研究会の中島章夫氏など、直接知る限りでも枚挙の暇がないほどである。

こうした人々が甲野先生から何を受けとったのか。それは実は術理そのものではない。次から次へと術理を生み出し、変化し続けるそのあり方なのである。そのあり方とは、安易な正解に固着することなく、つねに疑い、身体を通して試行錯誤し続ける強さである。この「甲野善紀 技と術理」シリーズは、そうした甲野先生のあり方を感じることができる作品である。

1 2

その他の記事

『我が逃走』は日本版ハードシングス?(家入一真)
安倍三選と野党支持低迷時代の思考法(やまもといちろう)
弛緩の自民党総裁選、低迷の衆議院選挙見込み(やまもといちろう)
人生の分水嶺は「瞬間」に宿る(名越康文)
驚きとは、システムのほころびを愛でること(名越康文)
“日本流”EV時代を考える(本田雅一)
沖縄、そして日本の未来を担う「やんばる」(高城剛)
なぜ今? 音楽ストリーミングサービスの戦々恐々(小寺信良)
新卒一括採用には反対! 茂木健一郎さんに共感(家入一真)
昨今の“AIブーム”について考えたこと(本田雅一)
働かないのか? 働けないのか? 城繁幸×西田亮介特別対談(前編)(城繁幸)
「ノマド」ってなんであんなに叩かれてんの?(小寺信良)
見た目はあたらしいがアイデアは古いままの巨大開発の行く末(高城剛)
私の出張装備2016-初夏-(西田宗千佳)
教育にITを持ち込むということ(小寺信良)

ページのトップへ