DVD「甲野善紀 技と術理2014 内観からの展開」評

「分からなさ」が与えてくれる力

変化し続けるということ

kono_jacket-compressor

甲野善紀先生とは、点と点を繋いで初めて見えてくる存在だと思う。

今回、夜間飛行から出されたDVD『甲野善紀 技と術理2014 内観からの展開』は中でも貴重な「点」と言えるだろう。また夜間飛行というプラットフォームを得て、よりリアルタイムに近い形で甲野先生の経過を知ることができるようになったことをありがたく思う。

甲野先生の術理がもつ価値は「武道やスポーツといった各分野に役立つ新たな身体操作」という範囲にとても収めきることはできない。

甲野先生の周囲には、内面的な変容を余儀なくされ、その結果自らの道を歩むようになった者が数多くいる。目下ロシア武術システマのインストラクターとして、いくつかの著作を上梓させて頂いた私自身もそうであるし、鍼灸師の若林理砂氏、介護の岡田慎一郎氏、半身動作研究会の中島章夫氏など、直接知る限りでも枚挙の暇がないほどである。

こうした人々が甲野先生から何を受けとったのか。それは実は術理そのものではない。次から次へと術理を生み出し、変化し続けるそのあり方なのである。そのあり方とは、安易な正解に固着することなく、つねに疑い、身体を通して試行錯誤し続ける強さである。この「甲野善紀 技と術理」シリーズは、そうした甲野先生のあり方を感じることができる作品である。

1 2

その他の記事

どんなに撮影が下手な人でも人を美しく撮れる黄昏どきの話(高城剛)
【第1話】日本型雇用の未来は君の肩に……(城繁幸)
JAXAで聞いた「衛星からのエッジコンピューティング」話(西田宗千佳)
週刊金融日記 第315号【恋愛工学を学んだ者たちが世界中で活躍している、外交工学で金正恩がノーベル平和賞最有力候補へ他】(藤沢数希)
古い常識が生み出す新しいデジタルデバイド(本田雅一)
コロラドで感じた大都市から文化が生まれる時代の終焉(高城剛)
人生に「目的」なんてない–自分の「物語」を見つめるということ(家入一真)
「反日デモ」はメディアでどう報じられ、伝わったか(津田大介)
長崎の街の行方に垣間見える明治維新以降の日本社会の力学(高城剛)
過去17年間のAmazon依存度を振り返る(小寺信良)
医師専任キャリアコンサルタントが語る「なぜ悩めるドクターが増えているのか?」(津田大介)
『時間の比較社会学』真木悠介著(Sugar)
隣は「どうやって文字入力する」人ぞ(西田宗千佳)
第88回・米アカデミー賞受賞のゆくえは?(切通理作)
「歳を取ると政治家が馬鹿に見える」はおそらく事実(やまもといちろう)

ページのトップへ