若林理砂
@asilliza

メルマガ『鍼灸師が教える一人でできる養生法』より

子育てへの妙な圧力は呪術じゃなかろうか

子育て中のお母さんからビジネスマンまで! 若林理砂さんの新刊

pet_coversmall
若林理砂著『安心のペットボトル温灸

火を使わないから安全で安心! 
誰でもできて効果を実感できる!
火をつける従来のお灸よりも簡単に効果を出せると評判です!!

全国からたくさんの感想が!
「手足の冷えがかなり楽になりました」30代女性
「疲れが翌日に残りません」40代女性
「苦しかったせきが1回で治りました」20代女性
「肩や首のこりに効果がありました」50代女性
子供の寝付きがよくなりました」30代女性

単行本: 184ページ
出版社: 夜間飛行 (2014/4/15)
言語: 日本語
ISBN-10: 4906790089
ISBN-13: 978-4906790081

定価:1500円+税

amazonで購入する

追い詰められるお母さん

うちの子はそろそろ4歳になります。なんかこのブログ読んでて、けっこうお母さんがた、いろいろ追い詰められてるんだなあ……と考え込んでしまいました。コメント欄がすごい勢い。なんでこんなに共感を呼ぶのか。みんな、けっこう苦労してるからなんだろうと思う。
http://ameblo.jp/kuwabata0324/entry-11293104936.html

私は産後2ヶ月で臨床復帰、しかも保育園に預けずに治療室に子供を置いて勤務……ということをやっていました。ウチのスタッフに面倒みてもらったり、シッターさんに来てもらったりして8ヶ月まで一緒に出勤していたのです。

どうしても泣き止まない時は、おんぶしたまま臨床に立ったことすらあります。ウチの患者さんたちは寛大な方ばっかりで大変助かりました。患者さんたちはいいんだけど、世間はけっこう冷たかったぜ。

それはまず通勤時から始まります。通勤時間帯、バスにはベビーカーなんて乗せられません。いや、乗せられるのですが、周囲の目が気になるのですわ……アレは完全に「邪魔だ!」と言ってます。

通勤時間帯でなくても、公共の交通機関にベビーカーを乗せるのはちょっと勇気がいるコト……、なのです。邪魔、なんですよね、みんなにとって。という訳で、子供はおんぶ紐ないしは抱っこ紐で自分と密着させて運ぶことになります。

また、公共交通機関には段差はおおいわ、エレベーターがない駅は山ほどあるわ、階段で一人でベビーカーを持ち上げていても誰も助けてくれないわ。妊婦と産婦+乳児の時期を経験して、日本って障害のある方・老人・妊婦・子供・病気や怪我のある方になんて厳しいんだろう……って実感しました。

勢い、でかける範囲も場所も決まってきちゃいます。近所だけ。しかも、子育て中の母子ばっかり集まるような場所だったりして。どんどん、世界が狭まって行くのですよ。そして視野も狭窄していきます。息子と一緒に治療室へ出勤していた時期は、かなり辛かったです。夫は協力的だし、治療室の患者さんたちも寛大……でも、世界は冷たい。

1 2 3 4
若林理砂
1976年生まれ。鍼灸師・アシル治療室院長。高校卒業後に、鍼灸免許を取得し、エステサロンの併設鍼灸院で、技術を磨く。早稲田大学第二文学部卒。2004年、アシル治療室開院。現在3ヵ月先まで予約が埋まるほどの人気を集めている。

その他の記事

玄米食が無理なら肉食という選択(高城剛)
なぜアップルのユーザーサポートは「絶賛」と「批判」の両極の評価を受けるのか(西田宗千佳)
迂闊に「学んで」はいけない–甲野善紀技と術理 2017「内腕の発見」(甲野善紀)
負け組の人間が前向きに生きていくために必要なこと(家入一真)
子供会にLINEを導入してみた(小寺信良)
公開中映画『郊遊<ピクニック>』監督・蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)インタビュー 「俳優」「廃墟」「自由」を語る(切通理作)
『犯る男』朝倉ことみさん、山内大輔監督インタビュー 「ピンク映画ってエロだけじゃない、こんなすごいんだ」(切通理作)
シンクロニシティの起こし方(鏡リュウジ)
「心の速度を落とす」ということ(平尾剛)
高城剛のメルマガ『高城未来研究所「Future Report」』紹介動画(高城剛)
人間関係は人生の目的ではない <つながり至上社会>の逆説的生き残り戦略「ひとりぼっちの時間(ソロタイム)」(名越康文)
仮想通貨はトーチライトか?(やまもといちろう)
「爆買いエフェクト」と沖縄が抱えるジレンマ(高城剛)
「意識高い系」が「ホンモノ」に脱皮するために必要なこと(名越康文)
IT・家電業界の「次のルール」は何か(西田宗千佳)
若林理砂のメールマガジン
「鍼灸師が教える一人でできる養生法」

[料金(税込)] 540円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回発行(第2,第4月曜日配信予定)

ページのトップへ