本田雅一
@rokuzouhonda

メルマガ「本田雅一の IT・ネット直球リポート」より

人は自分のためにではなく、大好きな人のためにこそ自分の力を引き出せる

※この記事は本田雅一さんのメールマガジン「本田雅一の IT・ネット直球リポート」 Vol.038(2019年2月8日)「PayPay、2度目の100億円バラマキに隠された意図」からの抜粋です。



少しばかり大袈裟な書き方かもしれないし、あるいはテクノロジーやビジネスをテーマにしてきたこのメルマガのテーマにそぐわない話かもしれません。しかし、昨年から今年にかけて、続けざまに大切に思ってきた人を失い、あるいは失う人を見て、改めて気付いたことがいくつかありました。

人は自分のためにではなく、大好きな人のためにこそ自分の力を引き出せるのだと、周りのエネルギッシュに働く人たちを見て、感じています。

言葉でも、実感としても理解しているつもりでも、本当にその場面にならなければ、大切な人を失う経験を通してでなければ、本当の意味でそのことを理解はできないのでしょう。誰もが“明日はある”と思って生きていますが、それは約束されたものではありません。突如、明日が失われるかもしれない。

しかし、誰もが心の中に、誰にも知られていない何かを秘めながら、しかし平然として生きていかなければなりません。他人から見れば、立ち直れないと思えるような出来事であったとしても、やはり生きていかねばなりません。困難や辛い出来事を抱えながらも、それを乗り越えて前に進めるようになったとき、人はさらに成長できるのかもしれませんね。

大切な人を失ったばかりの中、それでも前を向いて、平然と仕事をこなす人に敬意を向けつつ、明るく笑顔で、前向きに今日も仕事をしようと思います。

さて、今回はそんな(少々青臭いかもしれない)話から始めましたが、タイトルのとおり、QRコードを用いたスマホ決済サービス「PayPay」の繰り返しのキャンペーンに関して、その裏側にある意図について考えてみたいと思います。


(この続きは、本田雅一メールマガジン 「本田雅一の IT・ネット直球リポート」で)
 

本田雅一メールマガジン「本田雅一の IT・ネット直球リポート」

2014年よりお届けしていたメルマガ「続・モバイル通信リターンズ」 を、2017年7月にリニューアル。IT、AV、カメラなどの深い知識とユーザー体験、評論家としての画、音へのこだわりをベースに、開発の現場、経営の最前線から、ハリウッド関係者など幅広いネットワークを生かして取材。市場の今と次を読み解く本田雅一による活動レポート。

ご購読はこちら

本田雅一
PCハードウェアのトレンドから企業向けネットワーク製品、アプリケーションソフトウェア、Web関連サービスなど、テクノロジ関連の取材記事・コラムを執筆するほか、デジタルカメラ関連のコラムやインタビュー、経済誌への市場分析記事などを担当している。 AV関係では次世代光ディスク関連の動向や映像圧縮技術、製品評論をインターネット、専門誌で展開。日本で発売されているテレビ、プロジェクタ、AVアンプ、レコーダなどの主要製品は、そのほとんどを試聴している。 仕事がら映像機器やソフトを解析的に見る事が多いが、本人曰く「根っからのオーディオ機器好き」。ディスプレイは映像エンターテイメントは投写型、情報系は直視型と使い分け、SACDやDVD-Audioを愛しつつも、ポピュラー系は携帯型デジタルオーディオで楽しむなど、その場に応じて幅広くAVコンテンツを楽しんでいる。

その他の記事

世界的な景気減速見込みで訪れる「半世紀の冬」(やまもといちろう)
『君の名は。』『PPAP』…ヒットはどのようにして生まれるか(岩崎夏海)
腸内細菌のケアを心がけたい梅雨の季節(高城剛)
食品添加物を怖がる前に考えておきたいこと(若林理砂)
PCがいらなくなる世界(小寺信良)
楽しくも儚い埼玉県知事選事情(やまもといちろう)
ヒットの秘訣は「時代の変化」を読み解く力(岩崎夏海)
嘘のこと〜自分の中の「真実」が多数のリアリティによってひっくり返されるとき(川端裕人)
本当に今、自分は仕事を楽しめているだろうか?(本田雅一)
オリンピックという機会を上手に活かせたロンドンは何が違ったのか(高城剛)
「交際最長記録は10カ月。どうしても恋人と長続きしません」(石田衣良)
人生に一発逆転はない–心の洗濯のススメ(名越康文)
『寄生獣・完結編』の思わぬ副産物/『幕が上がる』は和製インターステラーだ!ほか(切通理作)
身近な人に耳の痛いアドバイスをするときには「世界一愛情深い家政婦」になろう(名越康文)
イベントの「行列待ち」に解決方法はあるのか(西田宗千佳)
本田雅一のメールマガジン
「本田雅一の IT・ネット直球リポート」

[料金(税込)] 540円(税込)/ 月
[発行周期] 毎月2回(第2、4木曜日予定)

ページのトップへ