家入一真
@hbkr

家入一真メールマガジン「家入学級」より

片思いの恋愛感情、相手に伝えるべき?

※家入一真メールマガジン「家入学級」2015年4月7日 Vol.35より

54ebaae9ac630ca22b705bff6b894445_s

【Q】私には今好きな人がいて、もうずーと片思いをしています。相手は高校の先輩で、部活をすごくがんばっていて、ちょっと近寄りがたい雰囲気もあるんですが、しゃべると意外とやさしくて、そのギャップに惹かれました。

初めて会話したときから気になり出して、もうすぐ1年が経ちます。あっという間に時間が経っていて、友だちには「告白しなよ」と言われたりしますが、たぶんフラれます。

気持ちを伝えたらこの片思いが終わってしまうと考えると寂しい。けど、このままずっと脈がない人を好きでいるのもつらいです。(J.U/女性)

 

【A】

LINE@でも、恋愛の悩み、不倫の悩み、多いですね。片思いの悩みは特に多い。そういう人たちに僕がいつも言うのは、「誰々のことが好きだ」という感情、誰かを好きになる行為は、すごく一方的なものだということ。

なので、まず自分の気持ちを相手に伝えましょう。言葉でもいいし、メールでもいいし、LINEでもいいのかもしれない。「あなたのことを私は好きです」と伝える。相手にボールを渡すんです。

もちろん、その結果どういうボールが返ってくるかはわからない。「俺には無理」かもしれないし、「俺も実はね」かもしれないし、どんなボールが返ってこようが、それは引き受ける必要があります。けど、まずボールを渡さない限りは、そこから何のアクションも生まれないよね。

だから、「どういった形であれ、まずボールを渡すところから始めたら」と片思いの悩み相談に対してはいつも言っています。

片思いに悩む人がどうして悩むかって、いろんなパターンがあるんだけど、「勇気が出ません」ってのが一つ。それから、「今の関係を壊したくない」「ずっと友だちだったから、伝えることで関係が壊れてしまうんじゃないかと不安」とか、あとは「相手に彼女がいる」とかね。

そういうのを全部抜きにして、難しく考えないで、「私はあなたをことが好き」ということは真実ですよね。友だち関係とか相手に彼女がいるとか関係なくて、好きであることは真実なので、じゃあまずその真実を伝えましょうと。

そしたら次は相手が投げる番。友だちでいたいから無理かもしれないし、彼女がいるから無理なのかもしれない。何が返ってくるかわからない。でも、自分でボールを持ち続けて、ずっと悩んでいても仕方ない。

それはほかの悩み相談にも同じことが言えます。例えば仲間のこと信用できませんとか、浮気ばっかされて彼氏のことが信用できませんとか、一方通行の人間関係の悩みには、同じ答えが使えます。

誰かを信頼するとか、誰かを好きになるってことはすべて一方的なことです。その一方的な感情を伝えないことには何も始まらないし、悩みは解決しません。ただし、どんな結果が返ってこようが背負う覚悟が必要です。「その覚悟ができない」と言われてしまったら、僕が何を言っても無駄なんですけどね。

 

家入一真メールマガジン「家入学級

2015年4月7日 Vol.35時間割

1時間目:今日の授業「悩みが解決する!? プログラマー的思考のすすめ/嘘をつかない誠実さ」

2時間目:【Q&A】片思いがつらい/人の死とは?/宗教の勧誘

3時間目:ランダム写真日記

4時間目:メディア情報・活動予定/学級日誌/次号予告

30ダメだけど、なぜかみんなに愛されてやまない連続起業家・家入一真が、4ヶ月の準備期間を経てメルマガ界に帰ってきました!(通算3度目) 学校嫌いだった著者が「学校では教えてくれない、この世を生きる術」について、ときにマジメに、ときにはゆるく語ります。日頃、twitterで寄せられる悩みに140字を超えて答えるコーナーや、ゲストを迎えた対談、講演録なども掲載。 自分の夢に向かって頑張っている人も、世の中にちょっと生きづらさを感じている人も。日本一自由な学び場メルマガ、「家入学級」に来たれ!

【料金(税込)】 648円 / 月 <初回購読時、1ヶ月間無料!!> 【 発行周期 】 月2回配信(第1,第3火曜日配信予定)

詳細・お申し込みはこちらから

 

家入一真
1978年生まれ。起業家/投資家/クリエイター。悪ふざけをしながら、リアル・ネットを問わず、カフェやWEBサービスや会社など、遊び場を作りまくっている。JASDAQ最年少上場社長。40社程の若手ITベンチャーにも投資している。解放集団Liverty代表、JASDAQ上場企業paperboy&co.創業者、カフェ運営企業partycompany Inc.代表取締役、ベンチャー投資企業partyfactory Inc.代表取締役、クラウドファンディングCAMPFIRE運営企業ハイパーインターネッツ代表取締役。個人名義でも多数のウェブサービスの立ち上げを行うクリエイターでもある。

その他の記事

季節の変わり目はなぜ風邪をひきやすい?(若林理砂)
政府の原発ゼロ政策はなぜ骨抜きになったのか(津田大介)
「交際最長記録は10カ月。どうしても恋人と長続きしません」(石田衣良)
がん治療・予防に「魔法の杖」はない?–「転ばぬ先の杖」としての地味な養生の大切さ(若林理砂)
「芸能人になる」ということ–千秋の場合(天野ひろゆき)
スマートフォンの時代には旅行スタイルもスマートフォンのような進化が求められる(高城剛)
「消費者安調査全委員会」発足、暮らしの事故の原因究明は進むのか?(津田大介)
幻の絶滅鳥類ドードーが「17世紀の日本に来ていた」という説は本当なのか(川端裕人)
19人殺人の「確信犯」と「思想の構造」(やまもといちろう)
ITによって失ったもの(小寺信良)
東大卒のポーカープロに聞く「場を支配する力」(家入一真)
東アジアのバブル崩壊と「iPhoneSE」(高城剛)
沖縄の長寿県からの転落で考える日本の未来(高城剛)
五月病の正体 「どうせ……」というくせものキーワード(名越康文)
ゲームにのめりこむ孫が心配です(家入一真)
家入一真のメールマガジン
「家入学級」

[料金(税込)] 648円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回配信(第1,第3火曜日配信予定)

ページのトップへ