本田雅一
@rokuzouhonda

メルマガ「本田雅一の IT・ネット直球リポート」より

迷走する吉本興業の問題が“他人ごと”だけでは済まない理由

※この記事は本田雅一さんのメールマガジン「本田雅一の IT・ネット直球リポート」 Vol.049「迷走する吉本興業の問題が“他人ごと”だけでは済まない理由」(2019年7月29日)からの抜粋です。



本来ならば、それほど大きな問題に発展する話でもない。ところが、問題を抱えつつもバランスを保っていた組織に掛け違いが始まると、あとは静かな崩壊が進むものなのだろう。

僕は芸能界の人間でもなければ、芸能事務所を経営しようとも考えていない、単なる傍観者でしかないが、吉本興業を巡る話題で日本中が埋め尽くされてから、しばらくの日数が経過しているというのに収まりそうにない。

先週のある日、人気スポーツ紙のウェブサイトでアクセスランキングを見たら、トップ5はすべてが吉本興業関係の話題だった。なんだ、おまえもそれに乗っかっているだけだろう? と言えば、そのとおりかもしれない。

しかしながら、いくつかの切り口の中には、同じ個人事業主で働いてきたものにとっては、決して他人ごととも思えないのだ。個人事業主として長年置かれていた環境を考えると、吉本芸人の置かれている立場は、あまり珍しくはない。

我々は雇用契約ではなく、あくまでも個人事業主として仕事を発注されている立場だ。税申告も自分でやっている。仕事のあり方を雇用契約に当てはめての批判は馴染まないなど、やや意見が錯綜しているように感じる部分もある。

総じて言えば、一般の人たちにとって“大した話”ではないのだが、ひとつひとつの問題に分解すると、そこには“他人ごと”とは思えない構図が見えてくる。今回はこの件と「○○ペイ」に対する疑問について書き進めていきたい。
 

吉本興業に関する三つの問題は“他人ごと”ではない

一昨年のことだ。カラオケの楽器パートを生で演奏するというお店に誘われて行ってみると、隣の席に賑やかなグループがやって来た。とてもフレンドリーな若者……と思ったら、着ている物はカジュアルで派手だけれど、中身はたいして若くない。

仲良く飲んでいると、その中の一人がONE OK ROCKのバラードを歌い始めた。そこで初めて、一緒にお酒を楽しんでいる相手が宮迫博之さんだとわかった。

一緒に酒を飲んで盛り上がり、写真を撮り、でも互いに素性など尋ねたりはしない。一般的な飲み屋の風景としては珍しくはないが、反社会的組織のパーティーに出席した問題に続き、別の反社会的組織の主要メンバーと一緒に撮影した写真が週刊誌に掲載された時、「なるほど」と合点がいった。

私たちも互いに写真を撮影し合ったが、そこで「SNSでアップしないで」などとお願いされることもない。ごくふつうにフラットな形で飲む宮迫さんは、プロ並みに歌がうまかったことを除けば、ごくふつうの楽しいオジサンだ。

有名人ともなれば、一緒に撮影した写真が、のちにどのように扱われるかまでを意識しなければならない。宮迫さんは本質的に「人がいい」のだろう。彼のように気遣いもできて周囲にも配慮し、明るく前向きなタイプは友人としては最適だとは思う。

一方で、その後も繰り返し写真での告発をされていることを考えれば、仕事で関わってはいけない人なのだろうとも感じる。とはいえ、今回は関係する個人や芸人ユニットを批判することが目的ではない。


 
(この続きは、本田雅一メールマガジン 「本田雅一の IT・ネット直球リポート」で)
 

本田雅一メールマガジン「本田雅一の IT・ネット直球リポート」

2014年よりお届けしていたメルマガ「続・モバイル通信リターンズ」 を、2017年7月にリニューアル。IT、AV、カメラなどの深い知識とユーザー体験、評論家としての画、音へのこだわりをベースに、開発の現場、経営の最前線から、ハリウッド関係者など幅広いネットワークを生かして取材。市場の今と次を読み解く本田雅一による活動レポート。

ご購読はこちら

本田雅一
PCハードウェアのトレンドから企業向けネットワーク製品、アプリケーションソフトウェア、Web関連サービスなど、テクノロジ関連の取材記事・コラムを執筆するほか、デジタルカメラ関連のコラムやインタビュー、経済誌への市場分析記事などを担当している。 AV関係では次世代光ディスク関連の動向や映像圧縮技術、製品評論をインターネット、専門誌で展開。日本で発売されているテレビ、プロジェクタ、AVアンプ、レコーダなどの主要製品は、そのほとんどを試聴している。 仕事がら映像機器やソフトを解析的に見る事が多いが、本人曰く「根っからのオーディオ機器好き」。ディスプレイは映像エンターテイメントは投写型、情報系は直視型と使い分け、SACDやDVD-Audioを愛しつつも、ポピュラー系は携帯型デジタルオーディオで楽しむなど、その場に応じて幅広くAVコンテンツを楽しんでいる。

その他の記事

日本はどれだけどのように移民を受け入れるべきなのか(やまもといちろう)
技術はなんのために使うべきなのか(西田宗千佳)
なぜか「KKベストセラーズ」問題勃発と出版業界の悲しい話(やまもといちろう)
セルフィーのためのスマホ、Wiko Viewから見えるもの(小寺信良)
「小文字」で執筆中(平川克美)
「10年の出会い、積み重ねの先」〜日本唯一のホースクリニシャン宮田朋典氏による特別寄稿(甲野善紀)
「一人負け」韓国を叩き過ぎてはいけない(やまもといちろう)
「空気を読む力」を育てる4つの習慣(岩崎夏海)
新聞業界の斜陽と世迷言について(やまもといちろう)
夜間飛行が卓球DVDを出すまでの一部始終(第2回)(夜間飛行編集部)
「骨伝導」のレベルが違う、「TREKZ AIR」を試す(小寺信良)
無風と分裂の横浜市長選2017、中央が押し付ける「政策」と市民が示す「民意」(やまもといちろう)
録音がそのままテキストに?!「Recoco」はライターの福音となるか(西田宗千佳)
集団的自衛権を考えるための11冊(夜間飛行編集部)
「自由に生きる」ためのたったひとつの条件(岩崎夏海)
本田雅一のメールマガジン
「本田雅一の IT・ネット直球リポート」

[料金(税込)] 540円(税込)/ 月
[発行周期] 毎月2回(第2、4木曜日予定)

ページのトップへ