やまもといちろう「人間迷路」

実力者が往々にして忘れがちな「フリーランチはない」 という鉄則

やまもといちろうさんのメルマガ「人間迷路」Vol.108<役務ビジネスの罠に嵌る最手『ミュゼ』の浮沈とNFC、そして佳境に入る茂木対談の回>より

先日、ブラック企業批判の矛先であり続けたゼンショーHD「鍋の乱」から始まった問題について、第三者委員会が報告したpdfは非常に話題になりました。

調査報告書
http://www.sukiya.jp/news/tyousahoukoku%20A_B.pdf
「すき家」労働環境改善のための調査報告書受領について
http://www.zensho.co.jp/jp/news/company/2014/07/20140731.html

いわゆるブラック企業批判や、子供の貧困率といった日本の衰退と企業のあり方についてのさまざまな報道や言説を見るにつけ、限られた生産力でどのようなパフォーマンスを上げていくのが日本社会にとって望ましいのかという視点がなかなか定まらないなという印象です。

というのも、若年労働者は減少する一方であるにもかかわらず、若年層の失業の問題が発生しています。仕事のやりがいという意味でも報酬でも充分とは言えない高齢者介護の仕事に就きたい人々は限られていて、旺盛な採用需要があるにも関わらず生活保護も含めた生活困窮者の問題はNHKでも取り上げられて話題になっています。

おなかいっぱい食べたい ~緊急調査・子どもの貧困~
http://www.nhk.or.jp/gendai/yotei/index_yotei_3556.html

メタ的に言い切ってしまえば、国の経済が衰退して生活レベルが切り下がるというのはこういうことなのだ、で終わりです。ただ、終わらせていけない目の前の生活に対して、いま取り組まれていることが不充分であり、それは善意や努力のような精神力だけではどうにもならないのもまた事実です。

貧困と高齢化という負荷を背負いながら日本がそれらを見ないことにして資金をバラ撒いて地方創生と言える時代はとうに過ぎたと思いつつも、では代案として世の中をうまく回す仕組みは何だろうかと考え始めると非常に重いものがあります。どうにもならないものは捨ててしまえとは言えないのが社会であり、政治なのだとしても、本当にどうにもならないところを助けるために助かる人たちも犠牲にするべきではないのもまた事実でありまして。

そうなると、衰退を受け入れて次の飛躍にどう繋げていくのかを考えるための工夫というものは、どうしても必要になると思うのです。そこには右も左もなく、ただただ目の前の悲惨な現実と明るくない未来だけがあるということに他ならないわけですが。

冒頭の「フリーランチはない」、すなわち、何かを得るには何かを犠牲にする必要があって、魔法のような特効薬なるものは無いのだ、という前提で、何を進め、何をしないかをそろそろ社会全体で議論しておくべき時期にさしかかっているのだと思います。

 

やまもといちろうメルマガ「人間迷路」Vol.107

<実力者が往々にして忘れがちな「フリーランチはない」 という鉄則>

187A8796sm

目次
【0. ヘッドストーリー】実力者が往々にして忘れがちな「フリーランチはな
い」という鉄則
【1. インシデント1】『英会話NOVA』再び? 風雲急を告げる『ミュゼ・プラチ
ナム』前受金先食い問題
【2. インシデント2】Googleが失敗したNFC利用のモバイル決済サービスに今度
はAppleが挑戦
【3. 特別対談その2】茂木健一郎×山本一郎 『小保方問題、ネトウヨとの絡み
方などなどについて茂木健一郎さんに直接ツッコミを入れてみた』(4/5)
【4. 迷子問答】迷路で迷っている者同士のQ&A
ご購読はこちらから

やまもといちろう
個人投資家、作家。1973年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。サイバーインテリジェンス研究所統計技術主幹など歴任。IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作に携わる一方、高齢社会研究や時事問題の状況調査も。日経ビジネス、文春オンライン、みんなの介護、こどものミライなど多くの媒体に執筆し「ネットビジネスの終わり(Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など著書多数。

その他の記事

高城剛がSONYのα7をオススメする理由(高城剛)
結局Apple WatchとAndroid Wear搭載Watchは何が違うのか(小寺信良)
音声で原稿を書くとき「頭」で起きていること(西田宗千佳)
サウンドメディテーションという新しい旅路を探る(高城剛)
「高価格による高サービス」にすり替わってしまった「おもてなし」(高城剛)
ご報告など:いままで以上に家族との時間を大事にすることにしました(やまもといちろう)
「群れない」生き方と「街の本屋」の行方(名越康文)
“B面”にうごめく未知の可能性が政治も社会も大きく変える(高城剛)
「学びとコンピュータ」問題の根本はなにか(西田宗千佳)
楽天イーグルス戦略アドバイザーとしての初陣は無念の惜敗でした(やまもといちろう)
週刊金融日記 第289号<ビットコイン・ゴールド 金の雨が天から降り注ぐ、自民圧勝で日経平均未踏の15連騰か他>(藤沢数希)
捨てることのむつかしさ?(やまもといちろう)
『秋の理由』福間健二監督インタビュー(切通理作)
本当の才能は「何かに没頭した時間」が育ててくれる(名越康文)
「道具としての友人」にこそ、友情は生まれる(名越康文)
やまもといちろうのメールマガジン
「人間迷路」

[料金(税込)] 756円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回前後+号外

ページのトップへ