岩崎夏海
@huckleberry2008

岩崎夏海のメールマガジン「ハックルベリーに会いに行く」より

僕がザハ案の国立競技場の建設に賛成していた、たった一つの理由

8db8878a1dc653fec480f5b0b2287416_s

国立競技場の建設を巡って反対の声が喧しい。平野啓一郎さんや為末大さんが反対の声を上げてからその流れが加速し、ついには先日、首相が白紙撤回を明言した。

しかしながら、これはけっして逆張りでいうのではないのだが、ぼくは新しい国立競技場の建設には大賛成だった。

新しい国立競技場の喧噪を見てぼくが思い出すのは、都庁建設時の喧噪だ。今の都庁はぼくが大学生だった25年前に完成したが、完成する前というのは、それはもう世間のバッシングがもの凄かった。バベルの塔になぞらえて「バブルの塔」と呼ばれ、あらゆるメディアがさんざん扱き下ろした。

ところが、それが完成したときの反転ぶりもまた凄まじかった。今度は一転、お祭り騒ぎになったのである。テレビで特集が組まれ、雑誌の表紙を飾り、CMにも登場した。さながら大スターがデビューしたといったような扱いだった。建てられる前のバッシングムードは一掃され、今度は東京の新しいシンボルとしてあがめ奉られるようになったのである。

そうして今は、東京の景色にすっかり馴染んで、あの建物がムダだという人は誰もいない。それどころか、観光の名所として有形無形のさまざまな恩恵を日本や東京にもたらしている。

ぼくは大学時代に建築を学んでいたのだが、あるとき建築を学んでいる海外の学生からこんな話しを聞いたことがある。

「ぼくは日本人が羨ましい。なぜかといえば、東京という街には新しい建築が次々と建つ。東京に住んでいれば、それを気軽に見ることができる。ヨーロッパではこうはいかない。例えばローマやアテネは、遺跡がそこかしこにあって気軽に建築物を建てられない。ロンドンやパリは、新しい建築が全くないわけではないが、基本的には古い町並みを壊せない。さらにベルリンやウィーンとなると、数百年前の石造りの建物群が凝固した、文字通り化石の街となっている」

それらに対して、東京という街は「生き物」だという。古い建築はすぐに壊されて、新しい建物がにょきにょき生えてくる。それが、東京という街の個性なのだ。
だから、「新しい建物を建てない」というのは東京という街の魅力を大きく損なうことになるだろう。それゆえ、無理をしてでも新しい建物を建て続けた方がいいのだ。

ところで、新しい建物——それも巨大建築を作るというのは、実際はなかなか難しい。なぜなら、そこには大きな責任が伴うからだ。それゆえ、誰も建てたがらない。特に日本ではそうだ。これだけの大きなプロジェクトを責任を持って引き受けられる人は、そうそういないのである。

だから、新しい建物はどさくさのうちに建てるしかない。何かの誤作動のような形で作るしかないのだ。そういう力が働かないと、東京の新陳代謝はすぐに止まってしまう。

今、新しい国立競技場のデザイン決定の過程が杜撰だったり、建設責任の所在があやふやだったりするといわれているが、しかしこれは実はその方がいいのである。杜撰だったりあやふやだったりしていないと、とてもではないがこのような巨大な計画は実行に移されないのである。その意味で、新しい国立競技場は逆に「正しい過程を踏んでいた」ということができるのだ。

ぼくは、ザハ案の国立競技場はけっして悪いデザインではなかったと思っている。ばかばかしく巨大に見えるが、建築がばかばかしく巨大な方が面白いのは明らかだ。世界の名建築は、たいていばかばかしくて巨大なのである。

例えば、ピラミッドやベルサイユ宮殿やサグラダ・ファミリア教会やシドニーのオペラハウスのことを想像してみてほしい。これらを建てるのには、当時も多額のお金が必要だった。そして当時も、それに反対する人は少なからずいただろう。これらにお金を費やさなければ、人々の暮らし向きはもっと豊かになるはずだと。
しかし、これらがもし建っていなければ、その後の観光客は生まれなかった。そうして、天文学的な数字の経済損失となっていたはずだ。

巨大建築というのは、百年以上の長いスパンで考えなければ本当の経済価値は見えてこないものなのだ。ピラミッドがどれだけの経済効果をエジプトにもたらしたかということを考えれば、2520億円という額がけっして高いものではないと分かるのである。

もしそういう歴史的、あるいは建築学的な知見を有していれば、ザハ案の国立競技場の建設に反対することは「筋が悪い」と分かるだろう。断言してもいいが、もしこれが設計図通りに建てられていたなら、国を挙げての大ブームが起きたはずだ。そうなると、平野さんや為末さんをはじめ、建設に反対していた人たちは肩身の狭い思いをすることとなったはずなのである。

 

岩崎夏海メールマガジン「ハックルベリーに会いに行く」

35『毎朝6時、スマホに2000字の「未来予測」が届きます。』 このメルマガは、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(通称『もしドラ』)作者の岩崎夏海が、長年コンテンツ業界で仕事をする中で培った「価値の読み解き方」を駆使し、混沌とした現代をどうとらえればいいのか?――また未来はどうなるのか?――を書き綴っていく社会評論コラムです。

【 料金(税込) 】 864円 / 月
【 発行周期 】 基本的に平日毎日

ご購読・詳細はこちら
http://yakan-hiko.com/huckleberry.html

岩崎夏海
1968年生。東京都日野市出身。 東京芸術大学建築科卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。放送作家として『とんねるずのみなさんのおかげです』『ダウンタウンのごっつええ感じ』など、主にバラエティ番組の制作に参加。その後AKB48のプロデュースなどにも携わる。 2009年12月、初めての出版作品となる『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(累計273万部)を著す。近著に自身が代表を務める「部屋を考える会」著「部屋を活かせば人生が変わる」(累計3万部)などがある。

その他の記事

気候変動や環境毒のあり方を通じて考えるフェイクの見極め方(高城剛)
未来を見据えた働き方 カギは隙間時間にあり(家入一真)
マイルドヤンキーが「多数派」になる世界(小寺信良)
人生の分水嶺は「瞬間」に宿る(名越康文)
ネットも電気もない東アフリカのマダガスカルで享受する「圏外力」の楽しみ(高城剛)
『マッドマックス 怒りのデスロード』監督ジョージ・ミラーのもとで働いた時のこと(ロバート・ハリス)
上杉隆さんのこと、日本のメディアのこと(茂木健一郎)
人事制度で解く「明智光秀謀反の謎」(城繁幸)
中国人が日本人を嫌いになる理由(中島恵)
時の流れを泳ぐために、私たちは意識を手に入れた(名越康文)
【第3話】見よ、あれがユニオンズの星だ!(城繁幸)
うまくやろうと思わないほうがうまくいく(家入一真)
ゆとり世代に迫るタイムリミット(岩崎夏海)
なぜ僕は自分の作品が「嫌」になるのか–新作『LAST KNIGHTS / ラスト・ナイツ』近日公開・紀里谷和明が語る作品論(紀里谷和明)
任天堂の役割は終わったのか スマホでゲーム人口拡大を受けて(やまもといちろう)
岩崎夏海のメールマガジン
「ハックルベリーに会いに行く」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 基本的に平日毎日

ページのトップへ