高城剛メルマガ「高城未来研究所「Future Report」」より

日本は経済活動の自由がある北朝鮮

今週も引き続き、打ち合わせと執筆のため(なかなか終わらずです)東京にいます。

そんなある夜、上海まで仕事で来たついでに、はじめて東京に立ち寄った友人のスペイン人カメラマンとの夕食時の会話。いつもと一風変わって、近況代わりにお届けしたいと思います。

 

日本は「裸の王様」のまだエンディングが来ない状態

スペイン人(以下J)「東京滞在三日目になるけど、浅草と皇居と新宿見て、あとはどこにいけばいいかな?」

高城(以下T)「東京は、世界三大ガッカリ観光地と言われるくらいだから、難問だね。だから皆すぐに京都に行くんだ。北海道や沖縄もお薦めだよ。日本のカントリーサイドは、素晴らしいよ」

J「いや、東京を見たいんだ。世界最大の都市だろう?」

T「じゃあ明治神宮はどうかな? 原宿と呼ばれるかつてのユースカルチャーの発信源とのコントラストは、面白いと思うよ。中野のブロードウエイもきっと好きだと思うな」

J「そういえば、もうじき震災から一年経つだろう? 原発事故はその後どうなったんだ? 日本のテレビでもニュースをまったく見ないぞ」(編集部注:この記事の初出は2012年3月9日です)

T「相変わらずテレビ好きだね。海外まで来てみてるなんて。日本は街中や電車のなかにもテレビがあって、すごいでしょ。でも原発に関しては、どこも詳しく放送しないんだ。実際、誰も現状がわからないんだよ。たとえば、飛び散った燃料棒がどこにあるとかね。わかってることは、火が消えるのに40年はかかるということ。それに、4号機には広島に落とされた原子爆弾の4000発分の放射性物質がまだ入ってて、不安定なまま宙づりでブラブラしてるから、次大きな地震があったらかなりヤバいね」

J「それは、日本人は知ってるの? それを報道してるの?」

T「一部では小さくしてるけど、大々的にはやらないよ。この国では、本当のことを言うと「危険を煽る」と言われて叩かれるんだ。本来、本当のことを言うと褒められるはずだけど、この国のルールは別なんだ。童話の「裸の王様」のまだエンディングが来ない状態。極端に言えば北朝鮮をイメージすればいいよ。情報統制具合。でも、強制じゃなく自主的なところがポイント。マスコミも国民も強制されているんじゃなくて、発言を控えるのはあくまでも自主的なところがポイントなんだ。お金がまだ少しあって、実質的な個人の自由は発言も含めあんまりないけど、経済活動の自由がある北朝鮮のような感じかな」

J「もうじきちょうど一年だよね?」

T「3月11日には、少し特別な放送をすると思うけど、きっと被災地の人にフォーカスをあてた悲劇と美談だけだと思うよ。原発の現状を探るようなことはしないよ。気分が滅入って、消費も落ちるし。ちなみに福島第二原発でも爆発があったらしいよ。見て来た人が教えてくれた。モチロン、マスコミがそれを追う事はないよ。事実だろうがなんだろうが「危険」な発言はしてはいけないんだ」

1 2 3 4
高城剛
1964年葛飾柴又生まれ。日大芸術学部在学中に「東京国際ビデオビエンナーレ」グランプリ受賞後、メディアを超えて横断的に活動。 著書に『ヤバいぜっ! デジタル日本』(集英社)、『「ひきこもり国家」日本』(宝島社)、『オーガニック革命』(集英社)、『私の名前は高城剛。住所不定、職業不明。』(マガジンハウス)などがある。 自身も数多くのメディアに登場し、NTT、パナソニック、プレイステーション、ヴァージン・アトランティックなどの広告に出演。 総務省情報通信審議会専門委員など公職歴任。 2008年より、拠点を欧州へ移し活動。 現在、コミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門に、創造産業全般にわたって活躍。ファッションTVシニア・クリエイティブ・ディレクターも務めている。 最新刊は『時代を生きる力』(マガジンハウス)を発売。

その他の記事

他人と和解したければまず「身体を動かす」ことから始めよう(名越康文)
Netflixを「ちょいはやチェック」する(西田宗千佳)
アナログ三題(小寺信良)
「オリンピック選手に体罰」が行われる謎を解く――甲野善紀×小田嶋隆(甲野善紀)
脱・「ボケとツッコミ的会話メソッド」の可能性を探る(岩崎夏海)
成功を目指すのではなく、「居場所」を作ろう(小山龍介)
「科学的」と言われることは「現在のひとつの見方」にしか過ぎない(高城剛)
「シマウマ、捕獲後に死ぬ」のニュースの裏側(川端裕人)
空港の無償wifiサービス速度が教えてくれるその国の未来(高城剛)
自分の部屋を「iPhone化」する–大掃除の前にヘヤカツ(部屋活)してみよう!(岩崎夏海)
「空気を読む力」を育てる4つの習慣(岩崎夏海)
汚部屋の住人が勘違いしている片づけの3つの常識(岩崎夏海)
「本気」という無意識のゴンドラに乗るために(名越康文)
メディアの死、死とメディア(その2/全3回)(内田樹)
どうすれば「親友」ができるのか–赤の他人に興味を持つということ(名越康文)
高城剛のメールマガジン
「高城未来研究所「Future Report」」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回配信(第1~4金曜日配信予定。12月,1月は3回になる可能性あり)

ページのトップへ