小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ」より

「今の技術」はすぐそこにある

※メールマガジン「小寺・西田の金曜ランチビュッフェ」2018年1月26日 Vol.158 <人の振り見て我が振り直せ号>より

今年のCESで面白いものを見た。いや、正確には「面白いものがすでに当たり前になりつつある」のを見た、というのが正しい。

CESには自動車関連企業が多数出展するようになっているが、小糸製作所もそのひとつだ。写真は、同社が展示した「アダプティブLEDヘッドライト」だ。

・小糸製作所のアダプティブLEDヘッドライト。実は結構前から高級車などに搭載が始まっているもの。

これは、いわゆる「オートハイビーム」に関する技術だ。ご存じのようにヘッドライトには、照射位置を高くする「ハイビーム」と、低くして手前を照らす「ロービーム」がある。高速運転中や周囲に照明がない場所ではハイビームの方が走りやすいが、ずっとハイビームだと、前を走る車に光が入り、危険なことがある。そこでハイビームとロービームを切り換えながら運転するのだが、いかにも面倒である。そのため、前方の自動車の有無をカメラなどのセンサーで把握して、ヘッドライトの状態を自動切り替えするのが「オートハイビーム」だ。これはけっこう色々な車に搭載されるようになった。

小糸製作所のアダプティブLEDヘッドライトは、ヘッドライトがアレイ式のLEDになっていることを最大限に活かすものである。画像認識で対向車や先行車を発見すると、「その車がいる領域」だけLEDを消す、もしくは弱くする。そうすると、全体としてはハイビームなままで、前方の自動車のドライバーには迷惑がかからない……という仕組みだ。なかなか賢い。画像認識の利用例としても、LEDの利用例としても面白い。

・画像のように、「自動車がいる部分」だけを認識し、LEDヘッドライトの照度をコントロールすることで、「まぶしく」なるのを防ぐ。

この機構、まったくの新技術なのか、というと「そうではない」そうだ。私はよく知らなかったのだが、日本ではすでに2年ほど前から、一部車種にオプションとして導入が始まっている。それらの車種は特に自動運転装備などがあるわけではない。小糸製作所側が、アダプティブLEDヘッドライトのためにカメラから制御モジュールまですべてをセットで開発しており、自動車側のIT化とは別に搭載ができるよう工夫されている。今回CESに持ち込んだのは、アメリカでオートハイビームの導入が進む、との観測からであるそうだ。

この技術のいいところは、最新技術であるが、それをシンプルにパッケージング化していることだ。導入する側に負担が小さい。テクノロジーをうまくまとめあげ、得られる利益はいままでより大きなものになっている。

おそらく、「テクノロジーが普及する」とはこういう状況を指すのだろう。技術を基盤として当たり前に使い、問題の解決ができるようになることが重要なのだ。そういう意味では、音声アシスタント対応家電の急速な普及も、「技術拡散とその基盤化」の速度を示す、わかりやすい例と言えるのではないか。

おなじように、CESの最終日、いつものごとくエウレカパーク(CESのスタートアップ企業集積場。またの名を「面白い技術の砂金掘り」)をまわっている時のことだ。写真のような製品を見つけた。

これは「デジタルスノードーム」という製品。スノードームといえば、振ると中で雪が降るお土産ものの定番だが、そのデジタル版、といったところだろうか。持ち上げてのぞき込むと、そこには映像が見える。モーションセンサーで判別しているので、持ち上げていない時は映像は表示されない。なかなか面白いしかけだ。実にシンプルなものだが、実はこれ、スマートウォッチのディスプレイなどを使って作られているという。それなら開発も楽だしシンプルだ。

これもまた「技術の拡散」のひとつの形である。

・デジタルスノードーム。ちょっとした映像を見るガジェットだが、将来にはこういうものがお土産の定番になるのかも。

 

小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ

2018年1月26日 Vol.158 <人の振り見て我が振り直せ号> 目次

01 論壇【小寺】
 「タイアップ広告」の対価問題を考える
02 余談【西田】
 「今の技術」はすぐそこにある
03 対談【小寺】
 セルフィー文化論 (3)
04 過去記事【小寺】
 PTA広報紙を電子化したった (2)
05 ニュースクリップ
06 今週のおたより
07 今週のおしごと

 
12コラムニスト小寺信良と、ジャーナリスト西田宗千佳がお送りする、業界俯瞰型メールマガジン。 家電、ガジェット、通信、放送、映像、オーディオ、IT教育など、2人が興味関心のおもむくまま縦横無尽に駆け巡り、「普通そんなこと知らないよね」という情報をお届けします。毎週金曜日12時丁度にお届け。1週ごとにメインパーソナリティを交代。   ご購読・詳細はこちらから!

その他の記事

人工呼吸器の問題ではすでにない(やまもといちろう)
「小学校プログラミング必修」の期待と誤解(小寺信良)
液体レンズの登場:1000年続いたレンズの歴史を変える可能性(高城剛)
池上彰とは何者なのか 「自分の意見を言わないジャーナリズム」というありかた(津田大介)
揺れる「全人代」が見せるコロナと香港、そして対外投資の是非(やまもといちろう)
原色豊かな南米で歴史はすべてカラーなのだということをあらためて思い知る(高城剛)
カップ焼きそばからエリアマーケティングを考える(西田宗千佳)
台湾から感じるグローバルな時代の小国の力(高城剛)
安倍政権の終わりと「その次」(やまもといちろう)
人生に活力を呼び込む「午前中」の過ごし方(名越康文)
週刊金融日記 第296号【魑魅魍魎たちが跋扈する暗号通貨市場を生き抜く、多数のイベントが待ち構える12月のビットコイン他】(藤沢数希)
「日本の労働生産性がG7中で最下位」から日本の労働行政で起きる不思議なこと(やまもといちろう)
先端医療がもたらす「あたらしい人類」の可能性に思いを馳せる(高城剛)
成功を目指すのではなく、「居場所」を作ろう(小山龍介)
「試着はAR」の時代は来るか(西田宗千佳)

ページのトップへ