【動画】宇野常寛特別インタビュー第4回

宇野常寛特別インタビュー第4回「僕がもし小説を書くなら男3人同居ものにする!」

宇野常寛インタビュー「僕がネットに興味を持てなくなった理由」(メルマガ「ほぼ日刊惑星開発委員会 2014.8.31」 夜間飛行特別号外より)

 

企画・制作:夜間飛行

34宇野常寛メルマガ「PLANETS/第二次惑星開発委員会」
http://yakan-hiko.com/hobowaku.html

※この動画は夜間飛行版「PLANETS/第二次惑星開発委員会」で月1回配信している号外動画のダイジェストです、完全版は上記リンクからメールマガジン「ほぼ日刊惑星開発委員会」をご購読ください。

 

第4回「僕がもし小説を書くなら男3人同居ものにする!」
(完全版:30分08秒)

語り手:宇野常寛

聞き手:井之上達矢(夜間飛行代表)

 

視聴者おいてきぼり上等!で
宇野常寛が本気で語ります!!

今回のテーマは「今、宇野さんが書きたい小説」。

現代においても、
「近代的な家族形成以外で人は救われない」と
まだまだ人は信じてしまいがち。
でも、
ベタな国家や会社の物語でも、家族の物語でもない、
第3の空間が持つ力を見直すような「小説」を書きたいという宇野さん。

都内某所にて、
同居を始めた中年男3人が大活躍!?

さて、どんな物語になるのか。
ぜひ、覗いてみてください。

 

 

続きをご覧になりたい方は、宇野常寛メルマガ「PLANETS/第二次惑星開発委員会」でどうぞ! ご購読はこちらから

PLANETS/第二次惑星開発委員会
http://yakan-hiko.com/hobowaku.html

その他の記事

企業のトップストーリーについて思うこと(やまもといちろう)
祝復活! 『ハイスコアガール』訴訟和解の一報を受けて(編集のトリーさん)
パチンコで5万円負けてしまった後に聴きたいジャズアルバム(福島剛)
ウェブ放送&生放送「脱ニコニコ動画」元年(やまもといちろう)
ゆとり世代がブラック企業を育んだ(岩崎夏海)
働かないのか? 働けないのか? 城繁幸×西田亮介特別対談(後編)(城繁幸)
台湾から感じるグローバルな時代の小国の力(高城剛)
岐路に立つデジカメ、勝ち組キヤノンの戦略(小寺信良)
目的がはっきりしないまま挑戦する人の脆さと凄さ(やまもといちろう)
夜間飛行が卓球DVDを出すまでの一部始終(第2回)(夜間飛行編集部)
「貸し借り」がうまい人は心が折れない(岩崎夏海)
誰がiPodを殺したのか(西田宗千佳)
旅行需要急増でのんびり楽しめる時間が残り少なくなりつつある南の島々(高城剛)
安倍昭恵女史と例の「愛国小学校」学校法人の件(やまもといちろう)
メディアの死、死とメディア(その1/全3回)(内田樹)

ページのトップへ