【動画】宇野常寛特別インタビュー第4回

宇野常寛特別インタビュー第4回「僕がもし小説を書くなら男3人同居ものにする!」

宇野常寛インタビュー「僕がネットに興味を持てなくなった理由」(メルマガ「ほぼ日刊惑星開発委員会 2014.8.31」 夜間飛行特別号外より)

 

企画・制作:夜間飛行

34宇野常寛メルマガ「PLANETS/第二次惑星開発委員会」
http://yakan-hiko.com/hobowaku.html

※この動画は夜間飛行版「PLANETS/第二次惑星開発委員会」で月1回配信している号外動画のダイジェストです、完全版は上記リンクからメールマガジン「ほぼ日刊惑星開発委員会」をご購読ください。

 

第4回「僕がもし小説を書くなら男3人同居ものにする!」
(完全版:30分08秒)

語り手:宇野常寛

聞き手:井之上達矢(夜間飛行代表)

 

視聴者おいてきぼり上等!で
宇野常寛が本気で語ります!!

今回のテーマは「今、宇野さんが書きたい小説」。

現代においても、
「近代的な家族形成以外で人は救われない」と
まだまだ人は信じてしまいがち。
でも、
ベタな国家や会社の物語でも、家族の物語でもない、
第3の空間が持つ力を見直すような「小説」を書きたいという宇野さん。

都内某所にて、
同居を始めた中年男3人が大活躍!?

さて、どんな物語になるのか。
ぜひ、覗いてみてください。

 

 

続きをご覧になりたい方は、宇野常寛メルマガ「PLANETS/第二次惑星開発委員会」でどうぞ! ご購読はこちらから

PLANETS/第二次惑星開発委員会
http://yakan-hiko.com/hobowaku.html

その他の記事

苦手を克服する(岩崎夏海)
ヒットの秘訣は「時代の変化」を読み解く力(岩崎夏海)
教養の価値ーー自分と世の中を「素直に見つめる」ということ(岩崎夏海)
言語を問うことの意味(甲野善紀)
宇野常寛が考える”社会と個人”を繋ぐ新しい回路とは(宇野常寛)
津田大介×石田衣良 対談<前編>:メルマガは「アナログ」なメディアである(津田大介)
フェイクニュースか業界の病理か、ネットニュースの収益構造に変化(やまもといちろう)
知的好奇心の受け皿としての「私塾」の可能性(名越康文)
「夢の国」に背徳が登場する日はやってくるのか(高城剛)
東大卒のポーカープロに聞く「場を支配する力」(家入一真)
戸田真琴の青春を黒い雨で染める~『コクウ』(『ほくろの女は夜濡れる』)監督榊英雄&主演戸田真琴ロング座談会(切通理作)
「暮らし」をシェアする時代がくる? 注目のシェアリングエコノミー(家入一真)
今年の冬は丹田トレーニングを取り入れました(高城剛)
『ご依頼の件』星新一著(Sugar)
夕陽的とは何か?(前編)(岩崎夏海)

ページのトップへ