岩崎夏海
@huckleberry2008

岩崎夏海のメールマガジン「ハックルベリーに会いに行く」より

『戦略がすべて』書評〜脱コモディティ人材を生み出す「教育」にビジネスの芽がある

※岩崎夏海のメルマガ「ハックルベリーに会いに行く」より

a5562fc323f13fa1883edbfae89b94cb_s


【おすすめ記事】
少子化問題をめぐる日本社会の「ねじれ」
一流のクリエイターとそれ以外を分ける境界線とは何か?
なぜ「もしドラ」の続編を書いたのか
結婚はむしろコスパサイコー!?ほとんどの若者が理解していない賢い老後の備え方
今そこにある「SNSの呪い」の危機

 

「コモディティ人材からの脱却」には何が必要か

『戦略がすべて』という本を読んだ。

『戦略がすべて』 (新潮新書)
http://amzn.to/1TfRrNp

この本は、現代のさまざまなトピックについてオムニバス的に書かれているのだけれど、通底するテーマは、人材がコモディティ化するようになってきた。コモディティ化した人材にはあまり明るい未来が待っていない。だから脱コモディティ人材になろう。そのためにはどうすればいいか——ということが書かれている。

この考えにぼくも大いに賛同する。ぼくの書いた『もしイノ』(※)も、人材がコモディティ化する時代にどうやってそこからの脱却を図っていくかがテーマだった。端的にいえば、それをイノベーションによって果たそうということが書いている。

※『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら』(ダイヤモンド社)
http://amzn.to/20bzTW2

この『戦略がすべて』には「教育」についても書かれているのだが、その部分を読んでいて気づいたのは、これからは脱コモディティ人材を育てる教育機関がクローズアップされるだろうということである。そういう教育機関に人が集まるし、当然それに伴って授業料も高くなるから、大きなビジネスの芽がある。

実際、今のアメリカの大学はその競争において一頭地を抜くため、どんどん授業料が高騰している。同時に、脱コモディティ人材を育てるためのノウハウも集積しているため、その価値はどんどん高まっている。

それに比べると、日本の教育機関は完全に後れを取った。2020年に入試改革があるから少しはましになるのかもしれないが、しかし「大学」は、もう教育機関としての機能を完全に失っていて、回復は絶望的ではないだろうか。ぼくは30年前に大学に進んだが、その頃にはもう何も学べないところになっていた。そういう状態がずっと続いている——いや、状況はどんどん悪くなっているほどだ。

だとするなら、アメリカと日本の大学の差は比べようがないくらいに広がって、やがて日本の有為な高校生が雪崩を打ってアメリカの大学に進学するという現象が起こるのではないだろうか。すでに中国や韓国がそうなっているように。

 
 

日本語しか使えない人材は圧倒的に不利?

そうなると、ぼくは日本の「英語化」というものも一気に本格化するのではないかと見ている。英語を話せるか話せないかが、脱コモディティ人材になるための欠かせない要素にしばらくなるのではないか。

ここでちょっと複雑なのは、真の脱コモディティ人材は英語が喋れなくとも需要がある。しかし真の脱コモディティ人材になるのは至難の業だから、ほとんどの人は並の脱コモディティ人材を目指すと思うのだが、そうなると英語が喋れないということは致命的な欠陥になる恐れが大きい。それに真の脱コモディティ人材にしても、似たようなスキルを持った者同士の頂上決戦になった場合、やっぱり英語を使えるか否かで差がつく可能性もあるので、それなら習得しておいた方が賢明という選択になるだろう。

ぼくなども、近頃は日本にいながらにして英語が喋れないことのハンデを日々感じるようになってきた。一つは、ぼくの本がなかなか欧米圏に届かないこと。ぼくは日本のローカル色が強い本を書いてきたので、なかなか欧米に分け入っていけない。その結果、非常に小さなマーケットの中で戦わざるを得ず、大きなビジネスにつながりづらい。

もう一つはYouTubeである。ぼくはYouTubeチャンネルを運営しているが、日本語で作っていたのでは日本人にしか届かないから不利である。

HuckleTV / ハックルテレビ – YouTube
https://www.youtube.com/user/genjiyamarotv

同時に、ぼくが見たいチャンネルも英語のものが多いので、その点でも不利益を感じる。ぼくがYouTubeチャンネルを英語で作ったら、今より10倍の視聴数は楽に稼げるだろう。それほど日本語は不利なのだ。

そういうふうに、日本に住んでいても英語を話せないことの不利をひしひしと感じるようになった昨今、この流れは想像以上に急速に来るものと見ている。そのため、これからの日本では英語教育にまつわる悲喜こもごもが今以上にくり広げられ、大変なことになるだろう。

また、そこでは教育そのものが大きな関心事となることも間違いない。日本の大学はもはや死に体だが、それに変わって世界のトップ大学にも引けを取らない新たな教育機関——形は分からないが私塾のようなもの——が日本にも現れるのではないかと思っている。

日本の教育も、歴史の中では何度も世界をリードするような場面があったので、それらが復権するというのはけっして難しいことではないと思う。ただし、くり返しになるがそれは大学ではなく、どこか別の機関、組織だと思うし、だからこそ、そこにイノベーションの、そしてビジネスの大きな芽があるのではないだろうか。

 

岩崎夏海メールマガジン「ハックルベリーに会いに行く」

35『毎朝6時、スマホに2000字の「未来予測」が届きます。』 このメルマガは、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(通称『もしドラ』)作者の岩崎夏海が、長年コンテンツ業界で仕事をする中で培った「価値の読み解き方」を駆使し、混沌とした現代をどうとらえればいいのか?――また未来はどうなるのか?――を書き綴っていく社会評論コラムです。

【 料金(税込) 】 864円 / 月
【 発行周期 】 基本的に平日毎日

ご購読・詳細はこちら
http://yakan-hiko.com/huckleberry.html

岩崎夏海
1968年生。東京都日野市出身。 東京芸術大学建築科卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。放送作家として『とんねるずのみなさんのおかげです』『ダウンタウンのごっつええ感じ』など、主にバラエティ番組の制作に参加。その後AKB48のプロデュースなどにも携わる。 2009年12月、初めての出版作品となる『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(累計273万部)を著す。近著に自身が代表を務める「部屋を考える会」著「部屋を活かせば人生が変わる」(累計3万部)などがある。

その他の記事

メディアの死、死とメディア(その1/全3回)(内田樹)
(1)上達し続ける人だけがもつ「謙虚さ」(山中教子)
少林寺、そのセックス、カネ、スキャンダル(ふるまいよしこ)
最近笑顔の減った男性は要注意!? 「つられ笑い」は心身の健やかさの指標(名越康文)
喜怒哀楽を取り戻す意味(岩崎夏海)
「奏でる身体」を求めて(白川真理)
年内に来る? Wi-Fi Awareとは(小寺信良)
4K本放送はCMスキップ、録画禁止に?(小寺信良)
ネットも電気もない東アフリカのマダガスカルで享受する「圏外力」の楽しみ(高城剛)
Amazonプライムビデオの強みとは(小寺信良)
人事制度で解く「明智光秀謀反の謎」(城繁幸)
今週の動画「太刀奪り」(甲野善紀)
一寸先は、光。自分しかない未来を恐れなければ道は開けるものです(高城剛)
中国からの観光客をひきつける那覇の「ユルさ」(高城剛)
光がさせば影ができるのは世の常であり影を恐れる必要はない(高城剛)
岩崎夏海のメールマガジン
「ハックルベリーに会いに行く」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 基本的に平日毎日

ページのトップへ