高城剛メルマガ「高城未来研究所「Future Report」」より

ダンスのリズムがあふれる世界遺産トリニダの街

高城未来研究所【Future Report】Vol.571(2022年5月27日発行)より

今週は、キューバの古都トリニダにいます。

かつて、近隣のロス・インヘニオス渓谷に巨大なサトウキビ農場と砂糖工場があったため古くから栄えていたトリニダは、中心地だけなら徒歩10分ほどで一周できてしまうほどの小さな街で、現在は観光地として栄えています。
地面は石畳でできていて、建物の壁はカラフルな色に塗られ、50年代のアメリカン・ヴィンテージカーと馬車が走るため、ちょっとしたタイムスリップ感覚があることから欧州からのゲストに大人気の観光地となりました。
2000年には、ロス・インヘニオス渓谷と共に世界遺産にも認定されています。

しかし、新型コロナウィルス感染拡大の影響を多大に受け、3年前の20分の1まで観光客が激減。業を煮やした政府は、昨年11月から海外渡航客に対する隔離義務も入国時のPCR検査も廃止し、閉鎖していた国内空港の大半もオープンしました。
というのも、キューバ観光のハイシーズンは11月から3月で、欧州が寒くなる時期に避寒地として人気を博しているから、ここで稼がねばなりません
是が非でもハイシーズンに観光客を呼び込まねば観光業者の生活を維持できないのですが、結果はウクライナ紛争や航空運賃の高騰などもあり、思ったより呼びこめなかったのが現状です。

この惨状は、トリニダに限りません。
カンクンやマラケシュなど、パンデミック以前、GDPに占める観光業の割合が高かった都市は、今後、復興にかなりの時間を要すると思われます(https://www.traveller.com.au/cities-most-reliant-on-tourists-for-their-economies-named-highest-percentage-of-gdp-from-tourism-h1717r)。

また、トリニダはキューバのなかでもダンス・ミュージックの中心としても知られてます。
一般的にキューバの音楽で有名なのは「サルサ」ですが、実はキューバ生まれの音楽ではありません。
およそ100年前、サンティアゴ・デ・クーバで生まれ、当時一世を風靡したダンスミュージック「ソン」が、キューバ革命後、亡命キューバ人によって米国にもたらされ、それがニューヨークでドゥーワップ、R&B、ソウルやジャズ、ロックと融合して生まれたのが「サルサ」です。

このあたらしい音楽に飛びついたのは、亡命キューバ人たちだけではありませんでした。
プエルトリコ人をはじめとする米国で暮らすラティーノたちに支持され、瞬く間に大ブーム。
こうして「サルサ」は、アフロキューバンやプエルトリコの影響を受けたカリブ海の音楽すべてにつけられた商業的な名称となり、アメリカ人とラティーノたちの文化交流の切り口となっていきます。

その後、ニューヨークで生まれた「サルサ」が再び南下し、マイアミのキューバ人コミュニティで流行し、逆輸入する形でキューバに流れ込みます。
首都ハバナでは勿論、もともとダンスミュージックを屋外で踊る風習が根付く古都トリニダで、毎晩のように巨大ダンスパーティが開かれるようになるのです。

街角の広場で踊るサルサから反響音が楽しめる洞窟ディスコのレゲトンまで。
世界遺産トリニダの街は、写真では見ることができないリズムが、閑散とした街角から今日も変わらず軽快に聞こえてきます。
 

高城未来研究所「Future Report」

Vol.571 2022年5月27日発行

■目次
1. 近況
2. 世界の俯瞰図
3. デュアルライフ、ハイパーノマドのススメ
4. 「病」との対話
5. 身体と意識
6. Q&Aコーナー
7. 連載のお知らせ

23高城未来研究所は、近未来を読み解く総合研究所です。実際に海外を飛び回って現場を見てまわる僕を中心に、世界情勢や経済だけではなく、移住や海外就職のプロフェッショナルなど、多岐にわたる多くの研究員が、企業と個人を顧客に未来を個別にコンサルティングをしていきます。毎週お届けする「FutureReport」は、この研究所の定期レポートで、今後世界はどのように変わっていくのか、そして、何に気をつけ、何をしなくてはいけないのか、をマスでは発言できない私見と俯瞰的視座をあわせてお届けします。

高城剛
1964年葛飾柴又生まれ。日大芸術学部在学中に「東京国際ビデオビエンナーレ」グランプリ受賞後、メディアを超えて横断的に活動。 著書に『ヤバいぜっ! デジタル日本』(集英社)、『「ひきこもり国家」日本』(宝島社)、『オーガニック革命』(集英社)、『私の名前は高城剛。住所不定、職業不明。』(マガジンハウス)などがある。 自身も数多くのメディアに登場し、NTT、パナソニック、プレイステーション、ヴァージン・アトランティックなどの広告に出演。 総務省情報通信審議会専門委員など公職歴任。 2008年より、拠点を欧州へ移し活動。 現在、コミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門に、創造産業全般にわたって活躍。ファッションTVシニア・クリエイティブ・ディレクターも務めている。 最新刊は『時代を生きる力』(マガジンハウス)を発売。

その他の記事

「近頃の新入社員は主体性に欠ける」と感じる本当の理由(名越康文)
迷走する吉本興業の問題が“他人ごと”だけでは済まない理由(本田雅一)
年の瀬に「私の人生はこのままでいいのか?」と思ったら読む話(名越康文)
環境省が目論む「炭素税」の是非と社会転換の行方(やまもといちろう)
インドのバンガロール成長の秘密は「地の利」にあり(高城剛)
iPad「セカンドディスプレイ化」の決定版?! 「Luna Display」(西田宗千佳)
スマホVRの本命「Gear VR」製品版を試す(西田宗千佳)
成宮寛貴友人A氏のブログの話(やまもといちろう)
“美しい”は強い――本当に上達したい人のための卓球理論(上)(山中教子)
小商いと贈与(平川克美)
19人殺人の「確信犯」と「思想の構造」(やまもといちろう)
Qualcommブースで聴いたちょこっといい話(小寺信良)
気候変動や環境毒のあり方を通じて考えるフェイクの見極め方(高城剛)
夫婦ってなんなんだ、結婚ってなんなんだ(切通理作)
なぜ若者に奴隷根性が植えつけられたか?(前編)(岩崎夏海)
高城剛のメールマガジン
「高城未来研究所「Future Report」」

[料金(税込)] 880円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回配信(第1~4金曜日配信予定。12月,1月は3回になる可能性あり)

ページのトップへ