壮大な人気レースに巻き込まれる怖さ

「ブロマガ」はプラットフォームになり得るのか

先月の21日、niconicoが動画のメルマガを組み合わせた「ブロマガ」を開始すると発表した。コンテンツを提供するのは、小沢一郎、堀江貴文、GACKT、津田大介をはじめとする錚々たるメンバー。もちろん僕には、声もかからない。ニワンゴの杉本社長とはしょっちゅうMIAUで会ってるのに、この扱いにはびっくりだ。まさに「小物に用はない」ということであろう。

ドワンゴ取締役の夏野剛氏は発表会の席で「今回のブロマガは、既成メディアとも、個人が趣味でやるものとも違う、その中間。Twitterでキュレーターの役割を担える人が、マルチなフォーマットでコンテンツ配信できるプラットフォームだ」と述べた。また同社会長の川上量生氏は、トークイベントの中で「メルマガが成功したのはコンテンツではなく、プラットフォームだったから。ネット時代のコンテンツフォルダは、プラットフォームをとりに行かなきゃならない」と述べた。

僕がメルマガを始めたのも、なにもメールで配信したかったからというわけではなく、自分のチャンネルを持つことがメインであった。だからまぐまぐではなく、ePubに積極的だった夜間飛行と、まず最初に組むことにしたのだ。

今、コンテンツビジネスの現場では、プラットフォームの取り合いになってきているように思える。今回は、このプラットフォームの意味するものについて、少し考えてみようと思う。

1 2 3 4

その他の記事

身体に響く音の道――音の先、音の跡(平尾文)
先進国の証は経済から娯楽大麻解禁の有無で示す時代へ(高城剛)
ロドリゲス島で出会った希少な「フルーツコウモリ」!(川端裕人)
人間の運命は完璧に決まっていて、同時に完璧に自由である(甲野善紀)
『STAND BY ME ドラえもん』は恋する時間を描いた映画(切通理作)
宇野常寛が考える”社会と個人”を繋ぐ新しい回路とは(宇野常寛)
宗教学たん執筆の記事とメルマガ『寝そべり宗教学』について(夜間飛行編集部)
「最近面白くなくなった」と言われてしまうテレビの現場から(やまもといちろう)
日本が世界に誇るべき観光資源、温泉について(高城剛)
古舘伊知郎降板『報道ステーション』の意味(やまもといちろう)
高城剛さん、ビットコインなどの仮想通貨についてどう思いますか?(高城剛)
安倍政権の4割近い支持率から見えること(平川克美)
働かないのか? 働けないのか? 城繁幸×西田亮介特別対談(前編)(城繁幸)
「すぐやる自分」になるために必要なこと(名越康文)
女の体を、脅すな<生理用ナプキンの真実>(若林理砂)

ページのトップへ