壮大な人気レースに巻き込まれる怖さ

「ブロマガ」はプラットフォームになり得るのか

先月の21日、niconicoが動画のメルマガを組み合わせた「ブロマガ」を開始すると発表した。コンテンツを提供するのは、小沢一郎、堀江貴文、GACKT、津田大介をはじめとする錚々たるメンバー。もちろん僕には、声もかからない。ニワンゴの杉本社長とはしょっちゅうMIAUで会ってるのに、この扱いにはびっくりだ。まさに「小物に用はない」ということであろう。

ドワンゴ取締役の夏野剛氏は発表会の席で「今回のブロマガは、既成メディアとも、個人が趣味でやるものとも違う、その中間。Twitterでキュレーターの役割を担える人が、マルチなフォーマットでコンテンツ配信できるプラットフォームだ」と述べた。また同社会長の川上量生氏は、トークイベントの中で「メルマガが成功したのはコンテンツではなく、プラットフォームだったから。ネット時代のコンテンツフォルダは、プラットフォームをとりに行かなきゃならない」と述べた。

僕がメルマガを始めたのも、なにもメールで配信したかったからというわけではなく、自分のチャンネルを持つことがメインであった。だからまぐまぐではなく、ePubに積極的だった夜間飛行と、まず最初に組むことにしたのだ。

今、コンテンツビジネスの現場では、プラットフォームの取り合いになってきているように思える。今回は、このプラットフォームの意味するものについて、少し考えてみようと思う。

1 2 3 4

その他の記事

教育経済学が死んだ日(やまもといちろう)
LINE傍受疑惑、韓国「国家情報院」の素顔(スプラウト)
『「赤毛のアン」で英語づけ』(4) 大切な人への手紙は〝語感〟にこだわろう(茂木健一郎)
今の京都のリアルから近い将来起きるであろう観光パニックについて考える(高城剛)
無風と分裂の横浜市長選2017、中央が押し付ける「政策」と市民が示す「民意」(やまもといちろう)
ダイエットは“我慢することでは達成できない”というのが結論(本田雅一)
日本のエロAIが世界を動かす… ことにはならないかもしれない(やまもといちろう)
人生に一発逆転はない–心の洗濯のススメ(名越康文)
「言論の自由」と「暴力反対」にみる、論理に対するかまえの浅さ(岩崎夏海)
所得が高い人ほど子どもを持ち、子どもを持てない男性が4割に迫る世界で(やまもといちろう)
“コタツ記事”を造語した本人が考える現代のコタツ記事(本田雅一)
今そこにある「SNSの呪い」の危機(岩崎夏海)
『趾(あしゆび)でカラダが変わる』中村考宏インタビュー(下村敦夫)
「キレる高齢者」から見る“激増する高齢者犯罪”の類型(やまもといちろう)
馬鹿に乗っかられて壊滅した「評価経済ネタ」バブルの今後(やまもといちろう)

ページのトップへ