壮大な人気レースに巻き込まれる怖さ

「ブロマガ」はプラットフォームになり得るのか

先月の21日、niconicoが動画のメルマガを組み合わせた「ブロマガ」を開始すると発表した。コンテンツを提供するのは、小沢一郎、堀江貴文、GACKT、津田大介をはじめとする錚々たるメンバー。もちろん僕には、声もかからない。ニワンゴの杉本社長とはしょっちゅうMIAUで会ってるのに、この扱いにはびっくりだ。まさに「小物に用はない」ということであろう。

ドワンゴ取締役の夏野剛氏は発表会の席で「今回のブロマガは、既成メディアとも、個人が趣味でやるものとも違う、その中間。Twitterでキュレーターの役割を担える人が、マルチなフォーマットでコンテンツ配信できるプラットフォームだ」と述べた。また同社会長の川上量生氏は、トークイベントの中で「メルマガが成功したのはコンテンツではなく、プラットフォームだったから。ネット時代のコンテンツフォルダは、プラットフォームをとりに行かなきゃならない」と述べた。

僕がメルマガを始めたのも、なにもメールで配信したかったからというわけではなく、自分のチャンネルを持つことがメインであった。だからまぐまぐではなく、ePubに積極的だった夜間飛行と、まず最初に組むことにしたのだ。

今、コンテンツビジネスの現場では、プラットフォームの取り合いになってきているように思える。今回は、このプラットフォームの意味するものについて、少し考えてみようと思う。

1 2 3 4

その他の記事

これからのビジネスは新宗教に学んだほうがいい!(家入一真)
夕陽的とは何か?(後編)(岩崎夏海)
あるといいよね「リモートプレゼンター」(小寺信良)
時代の雰囲気として自ら線が引けてくれば……(甲野善紀)
ゲームを通じて知る「本当の自分」(山中教子)
これからの時代にふさわしい正月らしさとは(高城剛)
今だからこそ! 「ドローンソン」の可能性(小寺信良)
メタ視点の鍛え方(岩崎夏海)
中国発「ビリビリ動画」の米NASDAQ上場と、日本の「ニコニコ動画」の終わりっぷり問題(やまもといちろう)
古い日本を感じる夏のホーリーウィークを満喫する(高城剛)
パニック的なコロナウイルス騒動が今後社会にもたらすもの(やまもといちろう)
見た目はあたらしいがアイデアは古いままの巨大開発の行く末(高城剛)
「ノマド」ってなんであんなに叩かれてんの?(小寺信良)
自分の身は自分で守るしかない時代(高城剛)
住んでいるだけでワクワクする街の見つけ方(石田衣良)

ページのトップへ