壮大な人気レースに巻き込まれる怖さ

「ブロマガ」はプラットフォームになり得るのか

先月の21日、niconicoが動画のメルマガを組み合わせた「ブロマガ」を開始すると発表した。コンテンツを提供するのは、小沢一郎、堀江貴文、GACKT、津田大介をはじめとする錚々たるメンバー。もちろん僕には、声もかからない。ニワンゴの杉本社長とはしょっちゅうMIAUで会ってるのに、この扱いにはびっくりだ。まさに「小物に用はない」ということであろう。

ドワンゴ取締役の夏野剛氏は発表会の席で「今回のブロマガは、既成メディアとも、個人が趣味でやるものとも違う、その中間。Twitterでキュレーターの役割を担える人が、マルチなフォーマットでコンテンツ配信できるプラットフォームだ」と述べた。また同社会長の川上量生氏は、トークイベントの中で「メルマガが成功したのはコンテンツではなく、プラットフォームだったから。ネット時代のコンテンツフォルダは、プラットフォームをとりに行かなきゃならない」と述べた。

僕がメルマガを始めたのも、なにもメールで配信したかったからというわけではなく、自分のチャンネルを持つことがメインであった。だからまぐまぐではなく、ePubに積極的だった夜間飛行と、まず最初に組むことにしたのだ。

今、コンテンツビジネスの現場では、プラットフォームの取り合いになってきているように思える。今回は、このプラットフォームの意味するものについて、少し考えてみようと思う。

1 2 3 4

その他の記事

真っ正直に絶望してもいいんだ(甲野善紀)
「罪に問えない」インサイダー取引が横行する仮想通貨界隈で問われる投資家保護の在り方(やまもといちろう)
「スポンサードされた空気」のなかでどのように生きて行くべきなのか(高城剛)
NAB2017でわかったHDRのインパクト(小寺信良)
2018年は誰もが信じていたことがとても信用できなくなる事態が多発するように思われます(高城剛)
身体に響く音の道――音の先、音の跡(平尾文)
就活解禁になっても何やっていいのかわからない時に読む話(城繁幸)
父親の背中、母親の禁止–『ドラゴンボール』に学ぶ好奇心の育み方(岩崎夏海)
「分からなさ」が与えてくれる力(北川貴英)
無意識の中にある「他者への期待」–その功罪(名越康文)
「見るだけ」の製品から「作ること」ができる製品の時代へ(高城剛)
私事ながら、第4子になる長女に恵まれました(やまもといちろう)
名越先生、ゲームをやりすぎると心に悪影響はありますか?(名越康文)
世界的な景気減速見込みで訪れる「半世紀の冬」(やまもといちろう)
萌えセックス描写溢れる秋葉原をどうするべきか(やまもといちろう)

ページのトップへ