壮大な人気レースに巻き込まれる怖さ

「ブロマガ」はプラットフォームになり得るのか

先月の21日、niconicoが動画のメルマガを組み合わせた「ブロマガ」を開始すると発表した。コンテンツを提供するのは、小沢一郎、堀江貴文、GACKT、津田大介をはじめとする錚々たるメンバー。もちろん僕には、声もかからない。ニワンゴの杉本社長とはしょっちゅうMIAUで会ってるのに、この扱いにはびっくりだ。まさに「小物に用はない」ということであろう。

ドワンゴ取締役の夏野剛氏は発表会の席で「今回のブロマガは、既成メディアとも、個人が趣味でやるものとも違う、その中間。Twitterでキュレーターの役割を担える人が、マルチなフォーマットでコンテンツ配信できるプラットフォームだ」と述べた。また同社会長の川上量生氏は、トークイベントの中で「メルマガが成功したのはコンテンツではなく、プラットフォームだったから。ネット時代のコンテンツフォルダは、プラットフォームをとりに行かなきゃならない」と述べた。

僕がメルマガを始めたのも、なにもメールで配信したかったからというわけではなく、自分のチャンネルを持つことがメインであった。だからまぐまぐではなく、ePubに積極的だった夜間飛行と、まず最初に組むことにしたのだ。

今、コンテンツビジネスの現場では、プラットフォームの取り合いになってきているように思える。今回は、このプラットフォームの意味するものについて、少し考えてみようと思う。

1 2 3 4

その他の記事

YASHICAブランドのスマホ向け高級レンズを試す(小寺信良)
世界でもっとも自然災害リスクが高いのに世界でもっとも幸せな国の一つと言われるバヌアツの魅力(高城剛)
沖縄の長寿県からの転落で考える日本の未来(高城剛)
高いエステはなぜ痛いのか――刺激と退屈の心理学(名越康文)
週刊金融日記 第313号【カード自作とSpaced Repetitionによるパワフルな暗記メソッド、トランプさんに振り回される世界経済他】(藤沢数希)
会社を立ち上げました–家入流「由来を語れる」ネーミングについて(家入一真)
ひとりぼっちの時間(ソロタイム)のススメ(名越康文)
株式会社ピースオブケイクのオフィスにお邪魔しました!(岩崎夏海)
「モテる人」が決して満足できない理由(岩崎夏海)
【第5話】オープン戦(城繁幸)
時の流れを泳ぐために、私たちは意識を手に入れた(名越康文)
「道具としての友人」にこそ、友情は生まれる(名越康文)
Spotifyでジョギングするとめっちゃ捗る件(小寺信良)
IoTが進めばあらゆるモノにSIMの搭載される時代がやってくる(高城剛)
有料のオンラインサロンを2年やってみて分かったこと(やまもといちろう)

ページのトップへ