壮大な人気レースに巻き込まれる怖さ

「ブロマガ」はプラットフォームになり得るのか

先月の21日、niconicoが動画のメルマガを組み合わせた「ブロマガ」を開始すると発表した。コンテンツを提供するのは、小沢一郎、堀江貴文、GACKT、津田大介をはじめとする錚々たるメンバー。もちろん僕には、声もかからない。ニワンゴの杉本社長とはしょっちゅうMIAUで会ってるのに、この扱いにはびっくりだ。まさに「小物に用はない」ということであろう。

ドワンゴ取締役の夏野剛氏は発表会の席で「今回のブロマガは、既成メディアとも、個人が趣味でやるものとも違う、その中間。Twitterでキュレーターの役割を担える人が、マルチなフォーマットでコンテンツ配信できるプラットフォームだ」と述べた。また同社会長の川上量生氏は、トークイベントの中で「メルマガが成功したのはコンテンツではなく、プラットフォームだったから。ネット時代のコンテンツフォルダは、プラットフォームをとりに行かなきゃならない」と述べた。

僕がメルマガを始めたのも、なにもメールで配信したかったからというわけではなく、自分のチャンネルを持つことがメインであった。だからまぐまぐではなく、ePubに積極的だった夜間飛行と、まず最初に組むことにしたのだ。

今、コンテンツビジネスの現場では、プラットフォームの取り合いになってきているように思える。今回は、このプラットフォームの意味するものについて、少し考えてみようと思う。

1 2 3 4

その他の記事

旅を快適に続けられるための食事とトレーニングマシン(高城剛)
やまもといちろうのメールマガジン『人間迷路』紹介動画(やまもといちろう)
喜怒哀楽を取り戻す意味(岩崎夏海)
なかなか技あり、行列を緩和する「イベントアプリ」(西田宗千佳)
ぼくがキガシラペンギンに出会った場所(川端裕人)
言語を問うことの意味(甲野善紀)
(3)プレッシャーの受け止め方(山中教子)
絶滅鳥類ドードーをめぐる考察〜17世紀、ドードーはペンギンと間違われていた?(川端裕人)
今週の動画「太刀奪り」(甲野善紀)
アマチュア宇宙ロケット開発レポート in コペンハーゲン<前編>(川端裕人)
どうせ死ぬのになぜ生きるのか?(名越康文)
週刊金融日記 第307号【確定申告の季節ですがこれから事業をはじめる人にアドバイス、出口戦略言及で日本円が大躍進他】(藤沢数希)
なぜ、日本人はやりがいもないのに長時間労働で低賃金な仕事を我慢するのか(城繁幸)
「暗い心」から脱するための、あまりにもシンプルな指針(名越康文)
あれ、夏風邪かも? と思ったら読む話(若林理砂)

ページのトップへ