壮大な人気レースに巻き込まれる怖さ

「ブロマガ」はプラットフォームになり得るのか

先月の21日、niconicoが動画のメルマガを組み合わせた「ブロマガ」を開始すると発表した。コンテンツを提供するのは、小沢一郎、堀江貴文、GACKT、津田大介をはじめとする錚々たるメンバー。もちろん僕には、声もかからない。ニワンゴの杉本社長とはしょっちゅうMIAUで会ってるのに、この扱いにはびっくりだ。まさに「小物に用はない」ということであろう。

ドワンゴ取締役の夏野剛氏は発表会の席で「今回のブロマガは、既成メディアとも、個人が趣味でやるものとも違う、その中間。Twitterでキュレーターの役割を担える人が、マルチなフォーマットでコンテンツ配信できるプラットフォームだ」と述べた。また同社会長の川上量生氏は、トークイベントの中で「メルマガが成功したのはコンテンツではなく、プラットフォームだったから。ネット時代のコンテンツフォルダは、プラットフォームをとりに行かなきゃならない」と述べた。

僕がメルマガを始めたのも、なにもメールで配信したかったからというわけではなく、自分のチャンネルを持つことがメインであった。だからまぐまぐではなく、ePubに積極的だった夜間飛行と、まず最初に組むことにしたのだ。

今、コンテンツビジネスの現場では、プラットフォームの取り合いになってきているように思える。今回は、このプラットフォームの意味するものについて、少し考えてみようと思う。

1 2 3 4

その他の記事

『時間の比較社会学』真木悠介著(Sugar)
安倍昭恵女史と例の「愛国小学校」学校法人の件(やまもといちろう)
「群れない」生き方と「街の本屋」の行方(名越康文)
都市近郊の統一地方選が「ドッチラケ」な理由(小寺信良)
落ち込んで辛いときに、やってはいけないこと(名越康文)
なぜ若者に奴隷根性が植えつけられたか?(前編)(岩崎夏海)
旅を快適に続けられるための食事とトレーニングマシン(高城剛)
実際やったら大変じゃん…子供スマホのフィルタリング(小寺信良)
高齢の親と同居し面倒をみていますが、自分の将来が不安です(石田衣良)
物議を醸す電波法改正、実際のところ(小寺信良)
泣き止まない赤ん坊に疲れ果てているあなたへ(若林理砂)
ようやく到着 ポータブル原稿書きマシン「Gemini」(小寺信良)
「脳ログ」で見えてきたフィットネスとメディカルの交差点(高城剛)
教養の価値ーー自分と世の中を「素直に見つめる」ということ(岩崎夏海)
ソフトキーボード、ほんとうに「物理キーと同じ配列でいい」の?(西田宗千佳)

ページのトップへ