壮大な人気レースに巻き込まれる怖さ

「ブロマガ」はプラットフォームになり得るのか

先月の21日、niconicoが動画のメルマガを組み合わせた「ブロマガ」を開始すると発表した。コンテンツを提供するのは、小沢一郎、堀江貴文、GACKT、津田大介をはじめとする錚々たるメンバー。もちろん僕には、声もかからない。ニワンゴの杉本社長とはしょっちゅうMIAUで会ってるのに、この扱いにはびっくりだ。まさに「小物に用はない」ということであろう。

ドワンゴ取締役の夏野剛氏は発表会の席で「今回のブロマガは、既成メディアとも、個人が趣味でやるものとも違う、その中間。Twitterでキュレーターの役割を担える人が、マルチなフォーマットでコンテンツ配信できるプラットフォームだ」と述べた。また同社会長の川上量生氏は、トークイベントの中で「メルマガが成功したのはコンテンツではなく、プラットフォームだったから。ネット時代のコンテンツフォルダは、プラットフォームをとりに行かなきゃならない」と述べた。

僕がメルマガを始めたのも、なにもメールで配信したかったからというわけではなく、自分のチャンネルを持つことがメインであった。だからまぐまぐではなく、ePubに積極的だった夜間飛行と、まず最初に組むことにしたのだ。

今、コンテンツビジネスの現場では、プラットフォームの取り合いになってきているように思える。今回は、このプラットフォームの意味するものについて、少し考えてみようと思う。

1 2 3 4

その他の記事

カバンには数冊の「読めない本」を入れておこう(名越康文)
「疲れているとついイラッとしたり、怒りっぽくなってしまうのですが……」(石田衣良)
暗い気分で下す決断は百パーセント間違っている(名越康文)
「レゴとは、現実よりもリアルなブロックである」(宇野常寛)
責任を取ることなど誰にもできない(内田樹)
僕たちは「問題」によって生かされる<前編>(小山龍介)
「脳ログ」で見えてきたフィットネスとメディカルの交差点(高城剛)
クリエイターとして成功したければ本を捨てろ(岩崎夏海)
タバコ問題を考えなおす(川端裕人)
頑張らなくても失敗しないダイエット(本田雅一)
東大生でもわかる「整形が一般的にならない理由」(岩崎夏海)
「けものフレンズ」を見てみたら/アマゾン・イキトスで出会った動物たち(川端裕人)
ヘルスケアで注目したい腸のマネージメント(高城剛)
継続力を高める方法—飽き性のあなたが何かを長く続けるためにできること(名越康文)
人としての折り返し地点を見据えて(やまもといちろう)

ページのトップへ