小山龍介
@ryu2net

ライフハックの究極形としての「場」の理論

成功を目指すのではなく、「居場所」を作ろう

「生命の与贈循環」とは

僕はNPO法人「場の研究所」というところで、研究員をやっています。何をやっているかというと、「場の思想」というものを研究しています。

「場」というものはどういうものなのか。

今年出版した『ビジネス・マネジメント・スタジアム』も、「場の思想」を使って落合元監督の采配術の秘密を探っています。

重要なキーワードに「生命の与贈循環」というものがあります。例えば、たまに草がぼうぼうに生えた荒地みたいな空地がありますよね。そこから、あるとき低木層が生えてきたとします。やがて林ができる。そのうち木が大きく育って、森になっていく。

森になると、いろんな動植物が生存できる豊かな「場」ができあがるわけです。生物界というのは、誰かが設計しているわけじゃないのに、お互いに関係しあって、豊かな場ができあがってくる。こうして生まれてくる「場」というのは何なのか、というのがおもなテーマになってきます。

つまり、豊かな「場」を作るプロセスが分かれば、それが、「企業が世の中に対して価値を提供し、その価値を認められ生き残っていく」ためのビジョンが見えてくると思うんですよ。

1 2 3 4 5 6
小山龍介
1975年生まれ。コンセプトクリエーター。株式会社ブルームコンセプト代表取締役。京都大学文学部哲学科美術史卒業後、大手広告代理店勤務を経てサンダーバード国際経営大学院でMBAを取得。商品開発や新規事業立ち上げのコンサルティングを手がけながら、「ライフハック」に基づく講演、セミナーなどを行う。『IDEA HACKS!』『TIME HACKS!』など著書多数。訳書に『ビジネスモデル・ジェネレーション』。2010年から立教大学リーダーシップ研究所客員研究員。

その他の記事

ゲンロンサマリーズ『海賊のジレンマ』マット・メイソン著(東浩紀)
廃墟を活かしたベツレヘムが教えてくれる地方創生のセンス(高城剛)
本気でスゴイ!手書きアプリ2つをご紹介(西田宗千佳)
NAB2017でわかったHDRのインパクト(小寺信良)
【第6話】闘志なき者は去れ(城繁幸)
石田衣良さん、前向きになれる本を教えてください(石田衣良)
先行投資か無謀な挑戦か ネット動画事業に関する是非と簡単な考察(やまもといちろう)
私的録音録画の新しい議論(小寺信良)
あれ? これって完成されたウエアラブル/IoTじゃね? Parrot Zik 3(小寺信良)
交渉の天才としての桃太郎(岩崎夏海)
東アジアのバブル崩壊と「iPhoneSE」(高城剛)
どうせ死ぬのになぜ生きるのか?(名越康文)
そう遠くない未来、僕らは“AI”を通してコミュニケーションするようになるだろう(高城剛)
喜怒哀楽を取り戻す意味(岩崎夏海)
カバンには数冊の「読めない本」を入れておこう(名越康文)
小山龍介のメールマガジン
「ライフハック・ストリート」

[料金(税込)] 756円(税込)/ 月
[発行周期] 月3回配信(第1,第2,第3月曜日配信予定)

ページのトップへ