小山龍介
@ryu2net

ライフハックの究極形としての「場」の理論

成功を目指すのではなく、「居場所」を作ろう

「生命の与贈循環」とは

僕はNPO法人「場の研究所」というところで、研究員をやっています。何をやっているかというと、「場の思想」というものを研究しています。

「場」というものはどういうものなのか。

今年出版した『ビジネス・マネジメント・スタジアム』も、「場の思想」を使って落合元監督の采配術の秘密を探っています。

重要なキーワードに「生命の与贈循環」というものがあります。例えば、たまに草がぼうぼうに生えた荒地みたいな空地がありますよね。そこから、あるとき低木層が生えてきたとします。やがて林ができる。そのうち木が大きく育って、森になっていく。

森になると、いろんな動植物が生存できる豊かな「場」ができあがるわけです。生物界というのは、誰かが設計しているわけじゃないのに、お互いに関係しあって、豊かな場ができあがってくる。こうして生まれてくる「場」というのは何なのか、というのがおもなテーマになってきます。

つまり、豊かな「場」を作るプロセスが分かれば、それが、「企業が世の中に対して価値を提供し、その価値を認められ生き残っていく」ためのビジョンが見えてくると思うんですよ。

1 2 3 4 5 6
小山龍介
1975年生まれ。コンセプトクリエーター。株式会社ブルームコンセプト代表取締役。京都大学文学部哲学科美術史卒業後、大手広告代理店勤務を経てサンダーバード国際経営大学院でMBAを取得。商品開発や新規事業立ち上げのコンサルティングを手がけながら、「ライフハック」に基づく講演、セミナーなどを行う。『IDEA HACKS!』『TIME HACKS!』など著書多数。訳書に『ビジネスモデル・ジェネレーション』。2010年から立教大学リーダーシップ研究所客員研究員。

その他の記事

女の体を食い物にする「脅し系ナチュラル」との戦い方(若林理砂)
『赤毛のアン』原書から、アイスクリームの話(茂木健一郎)
現代社会を生きる者が心身を再構築するためのひとつの手法としてのアーユルヴェーダ(高城剛)
世界的観光地が直面するオーバーツーリズムと脱観光立国トレンド(高城剛)
有料のオンラインサロンを2年やってみて分かったこと(やまもといちろう)
「芸能人になる」ということ–千秋の場合(天野ひろゆき)
豚だらけの南の島、ババウ島に隠された奥深くも驚くべき秘密(高城剛)
本当の知性を育む「問いへの感度を高める読書」(岩崎夏海)
「科学的」と言われることは「現在のひとつの見方」にしか過ぎない(高城剛)
ゆとり世代がブラック企業を育んだ(岩崎夏海)
このイカが意外に便利、スマホ三脚「SQUIDDY」(小寺信良)
コロラドで感じた大都市から文化が生まれる時代の終焉(高城剛)
思考や論理と同じぐらいに、その人の気質を見よう(名越康文)
「Surface Go」を自腹で買ってみた(西田宗千佳)
週刊金融日記 第275号 <いまさら人に聞けないビットコインとブロックチェーン・テクノロジー他>(藤沢数希)
小山龍介のメールマガジン
「ライフハック・ストリート」

[料金(税込)] 756円(税込)/ 月
[発行周期] 月3回配信(第1,第2,第3月曜日配信予定)

ページのトップへ