家入一真
@hbkr

家入一真メールマガジン「家入学級」より

いま必要なのは「ちゃんと知ろうとする」こと

※家入一真メールマガジン「家入学級」2015年5月5日 Vol.37より

a4b8fae45d51fcbe09f1344466323176_s

ネット上の極端な意見に流されないで

今ネット上には、放射能に関する極端な見解とか、「あの食材は体に悪いから食べてはダメ」とか、「地震は何者かの陰謀だ」とか、デマなのか本当なのよくわからない記事がたくさん出回っているよね。それに対していろいろな人がSNSで反応して、意見を交わし合ってるんだけど、往々にして過激になりがち。

こうしたネット上での争いについて、小野ほりでい@onoholidayというライターが書いた記事が当を得ていました。

※「常識人は淘汰される? ネットの風潮を左右する“ヤバい人バイアス”とは

原発問題とか、在日問題とか、ジェンダーの問題とか、極端な主張を持っている人たちは、「どちらでもいい」「どっちの意見も一理ある」みたいな中間層の人たちを敵とみなし攻撃する。彼らにとって、自分の意見と一致しない人は全員敵なんです。中間層のバランス感覚のある人たちは、極端な人に攻撃されるのが嫌で、黙ってしまう。結果、ネットには極端な人しかいなくなってしまうという・・・。

ネット上での争いを横目で見ながら、僕が大事だと思うのは、『知ろうとすること。』に書いてあること。

知ろうとすること。』早野龍五、糸井重里 著(新潮社)

「内容紹介」より
福島第一原発の事故後、情報が錯綜する中で、ただ事実を分析し、発信し続けた物理学者・早野龍五。以来、学校給食の陰膳(かげぜん)調査や子どもたちの内部被ばく測定装置開発など、誠実な計測と分析を重ね、国内外に発表。その姿勢を尊敬し、自らの指針とした糸井重里が、放射線の影響や「科学を読む力の大切さ」を早野と語る。未来に求められる「こころのありよう」とは。
 
 
糸井重里さんと一緒にこの本を書いた早野龍五さんも、過激な反原発派には「公用学者」と言って叩かれたりしてるけど、僕はすごくよかった。やっぱり放射能問題も含め、いろんな物事をよく調べないまま不安になってる人って多いと思う。真実がわからないままネットやメディアに踊らされてしまう。

不安をあおる情報ばかり横行していて、いったい何を信じていいのかわからない。そのなかで、感情に流されるんじゃなくて、ちゃんと自分の頭で考えて、知ろうとする。そういう態度が大事なんじゃないかな。

『知ろうとすること。』には、原発がどういうものなのか、素人でもわかりやすく書いてある。それを知った上でどう判断するのかは、読者一人ひとりにゆだねられているけど、いろんなデータと照らし合わせて、客観的に分析されている。まぁその数字ですら、反原発派の人たちは「こんなのは嘘の数字だ」と批判したりするけど、僕は僕の意志で、糸井さんもそうでしょうけど、早野さんを信用することにした。震災後の早野さんの活動や発言を通じて、「この人は信頼できるな」と僕自身が判断したわけです。もちろん彼の言うことだけを鵜呑みにするのはよくないけどね。冷静に、客観的に、情報を選びとりたいものです。

 

家入一真メールマガジン「家入学級

2015年5月5日 Vol.37

>>>> 家 入 学 級 * 時 間 割 <<<<

1時間目:今日の授業「最近のオススメ本/ネット上の極端な意見」
2時間目:【Q&A】瞑想ビジネス
3時間目:【対談記録】シモダテツヤさん「満足度50%の人生相談展」2
4時間目:メディア情報・活動予定/学級日誌/次号予告

 

30ダメだけど、なぜかみんなに愛されてやまない連続起業家・家入一真が、4ヶ月の準備期間を経てメルマガ界に帰ってきました!(通算3度目) 学校嫌いだった著者が「学校では教えてくれない、この世を生きる術」について、ときにマジメに、ときにはゆるく語ります。日頃、twitterで寄せられる悩みに140字を超えて答えるコーナーや、ゲストを迎えた対談、講演録なども掲載。 自分の夢に向かって頑張っている人も、世の中にちょっと生きづらさを感じている人も。日本一自由な学び場メルマガ、「家入学級」に来たれ!

【料金(税込)】 648円 / 月 <初回購読時、1ヶ月間無料!!> 【 発行周期 】 月2回配信(第1,第3火曜日配信予定)

詳細・お申し込みはこちらから

家入一真
1978年生まれ。起業家/投資家/クリエイター。悪ふざけをしながら、リアル・ネットを問わず、カフェやWEBサービスや会社など、遊び場を作りまくっている。JASDAQ最年少上場社長。40社程の若手ITベンチャーにも投資している。解放集団Liverty代表、JASDAQ上場企業paperboy&co.創業者、カフェ運営企業partycompany Inc.代表取締役、ベンチャー投資企業partyfactory Inc.代表取締役、クラウドファンディングCAMPFIRE運営企業ハイパーインターネッツ代表取締役。個人名義でも多数のウェブサービスの立ち上げを行うクリエイターでもある。

その他の記事

今の京都のリアルから近い将来起きるであろう観光パニックについて考える(高城剛)
週刊金融日記 第265号 <日本社会で多夫一妻制が急激に進行していた 他>(藤沢数希)
光がさせば影ができるのは世の常であり影を恐れる必要はない(高城剛)
捨てることのむつかしさ?(やまもといちろう)
39歳の私が「人生の復路」に備えて考えた3つのこと(編集のトリーさん)
在宅中なのに不在票? 今、宅配業者が抱える問題(小寺信良)
PTAがベルマーク回収を辞められないわけ(小寺信良)
ルンバを必要としない我が家でダイソンを導入した話(小寺信良)
金は全人類を発狂させたすさまじい発明だった(内田樹&平川克美)
東京と台北を比較して感じる東アジアカルチャーセンスの変化(高城剛)
クラウドの「容量無制限」はなぜ破綻するのか(西田宗千佳)
「50歳、食いしん坊、大酒飲み」の僕が40キロ以上の減量ができた理由(本田雅一)
「不倫がばれてから食生活がひどいです」(石田衣良)
「野良猫」として生きるための哲学(ジョン・キム)
一寸先は、光。自分しかない未来を恐れなければ道は開けるものです(高城剛)
家入一真のメールマガジン
「家入学級」

[料金(税込)] 648円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回配信(第1,第3火曜日配信予定)

ページのトップへ