名越康文
@nakoshiyasufumi

名越康文メールマガジン 生きるための対話(dialogue)より

名越先生、ゲームをやりすぎると心に悪影響はありますか?

※名越康文メールマガジン「生きるための対話(dialogue)」号外 Vol.091(2015年01月05日)より

 

103602

 

[Q1]ゲームをやりすぎるのは心によくない?

名越先生、こんにちは。いつも楽しく読ませていただいています。先生は、ゲームというものについて、どう考えておられますか? 私はゲームが好きで、新しいゲームを購入すると何時間でもプレーしてしまうし、空き時間があると、スマートフォンのゲームをやってしまいます。ただ、時折、「ゲームに費やしていた時間を他のこと(勉強など、実になること)に使ったほうがいいのではないか?」という思いにかられてしまうこともあります。(ただ、ゲームは好きなので、だからといって完全にやめてしまうのはためらわれますし、新しいゲームが出たらやってしまいそうです)

先生は以前、ツイッターか、ブログなどで、ゲームをされているということを書かれていたような気がします。世の中には、「ゲームをやりすぎると『ゲーム脳』になる」ということをおっしゃる方もいますが、先生は、ゲームについてはどのようにお考えでしょうか。

 

[A1]今日が最後の日だとして

「ゲーム脳」という表現に実態があるのかないのか、ということはさておいて、仮にそういう症状があるとしても、個人的には「ゲーム脳になったからといって何が悪いんだ」くらいに構えておかないといけないと思っております(もちろん、人に決してお勧めはしませんが)

もちろん、10歳以下の子供が寝ても覚めてもゲームばかりしていて食事もろくに取らない、というのは親の管理責任として問題は大いにあるでしょう。でも一方でそれは別にゲームに限ったことではないと思います。

あるいは、ゲーム機やパソコンなどの機器が発する光を長時間浴びることによって人間の心身に悪影響が生じるのでは、という見解もあります。そういったものが人間の心身にどのような影響を及ぼすかということについては必ずしも明らかになっていませんが、今後、「長時間ゲームをやると健康を損ねる」という研究結果が明らかになる、ということは十分に考えられます。

特に眠る前のあるいは中途覚醒した折にあびる画面光は完璧に脳を覚醒させてしまうために、とても身体には悪い、ということは言えるでしょうし、ゲームをプレーする人は、当然、こういった知見を踏まえておくべきでしょう。

ただ、だからといって、それが「ゲームをやりたくて仕方がない人」にゲームを控えさせる理由になるかというと、僕はそうは思わないのです。「身体にいい」と言われることばかりやって身体を弱くしてしまった人もいれば、若い頃にめちゃくちゃな不摂生をして病気になったけれど、それをきっかけに見違えるように節制するようになり、最終的には元気に長生きした、という人だっている。

「健康に悪いことをやらない」ということは、その人が充実した生を生きる上での十分条件ではありません。人間の内側にある「これだ!」という動機が満たされていれば、多少「健康に悪いこと」をやっていてもほとんど問題にならない、というのが現実なのです。

よって、僕はこんな問いを、ご自身に投げかけてみてはどうかと思います。

「明日、死ぬ。今日が人生最後の一日だというその一日に、自分はこのゲームをやるだろうか?」

もしそう問いかけてもなお、あなたがそのゲームを選んだとしたら、誰に後ろ指をさされることがあるでしょう? ゲーム脳になろうと、視力が落ちようと、まったく問題ないじゃないですか。

ただ、実はこれは理想論です。おそらくこの問いを差し向けられてもなお「私はこれをやる」というぐらい、強い必然性をもって日々を過ごしている人というのは、それほど多くはないはずです。

人間というのはほとんどの場合、本当の意味で自発的に行動することができていません。これはゲームに限ったことではない。仕事にしても、プライベートにしても、あなたが一日のうちでやっていることのうちどれくらいのことについて、「仮に今日が人生最後の一日だとしても、私はこれをやるよ」と言い切れるでしょうか? おそらく、ほとんどの人はゼロに近いと思うのです。

僕は思うんです。せめて、何日かに1回ぐらいは、「今日が人生最後の日」であっても必ずやると言い切れるような、必然的なことに取り組む日々を過ごしたい。もし、あなたにとってそれがゲームだというのであれば、それほど幸せなことはない、と思います。

 

 

名越康文メールマガジン「生きるための対話

6テレビ、ラジオなど各種メディアで活躍する精神科医・名越康文の公式メルマガです。メルマガ購読者とのQ&A、公開カウンセリング、時評、レビューなど盛りだくさんの内容を隔週でお届けします。

「ぼくらが生きているのは、答えのない時代です。でも、それはもしかすると、幸福なことなのかもしれません。なぜなら、答えのない問いについて対話し続け ることではじめて開ける世界があるからです。皆さんと一緒に、このメルマガをそんな場にしていきたいと思っています」(名越康文)

 

※月2回発行、500円+税(月額)。kindleや各種電子書籍リーダー対応。購読開始から1か月無料! まずはお試しから。

※kindle、epub版同時配信対応!

 

名越康文メルマガ「生きるための対話」のご購読はこちらから

 

名越康文
1960年、奈良県生まれ。精神科医。相愛大学、京都精華大学客員教授。 専門は思春期精神医学、精神療法。近畿大学医学部卒業後、大阪府立中宮病院(現:大阪府立精神医療センター)にて、精神科救急病棟の設立、責任者を経て、1999年に同病院を退職。引き続き臨床に携わる一方で、テレビ・ラジオでコメンテーター、映画評論、漫画分析など様々な分野で活躍中。 著書に『心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」』(角川SSC新書、2010)、『毎日トクしている人の秘密』(PHP、2012)、『自分を支える心の技法 対人関係を変える9つのレッスン』(医学書院、2012)、『質問です。』(飛鳥新社、2013)、『驚く力 さえない毎日から抜け出す64のヒント』(夜間飛行、2013)などがある。 名越康文公式サイト「精神科医・名越康文の研究室」 http://nakoshiyasufumi.net/

その他の記事

横断幕事件の告発者が語る「本当に訴えたかったこと」(宇都宮徹壱)
今週の動画「飇拳(ヒョウケン)」(甲野善紀)
ようやく到着 ポータブル原稿書きマシン「Gemini」(小寺信良)
親野智可等さんの「左利き論」が語るべきもの(やまもといちろう)
アイデアを生む予定表の「余白」(岩崎夏海)
ママのLINE、大丈夫?(小寺信良)
石田衣良さん、前向きになれる本を教えてください(石田衣良)
『時間の比較社会学』真木悠介著(Sugar)
減る少年事件、減る凶悪事件が導く監視社会ってどうなんですかね(やまもといちろう)
AV女優だからって、特別な生き方じゃない 『名前のない女たち~うそつき女』サトウトシキ監督インタビュー(切通理作)
なぜ人を殺してはいけないのか(夜間飛行編集部)
「VRでサッカー」を堪能する(西田宗千佳)
終わらない「大学生の奨学金論争」と疲弊する学びの現場(やまもといちろう)
在宅中なのに不在票? 今、宅配業者が抱える問題(小寺信良)
個人情報保護法と越境データ問題 ―鈴木正朝先生に聞く(津田大介)
名越康文のメールマガジン
「生きるための対話(dialogue)」

[料金(税込)] 540円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回発行(第1,第3月曜日配信予定)

ページのトップへ