小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ」より

ライドシェアの本質をアメリカで見た

※メールマガジン「小寺・西田の金曜ランチビュッフェ」2018年10月12日 Vol.192 <未来をコントロールする号>より

読者のみなさんもご存じの通り、西田はこの9月、ほとんどの時間をアメリカで過ごした。自動車の免許もないので、移動はもっぱらUberやLyftなどの「ライドシェア」に頼るのが通常だ。

ただ、今回はちょっと違っていた。

まず、短距離については「電動スクーター」「電動自転車」のシェアリングを使った。筆者が使ったのは「Lime」というサービス。スマホアプリと連動し、街中に乗り捨てられているLimeの電動スクーターや電動自転車を借りる、というものだ。Limeは日本のクレジットカードを使って簡単に登録できるため、利用のハードルが低い。スマホさえあれば、「歩いて10分から30分までの距離(=電動スクーターで約半分)」については、1回数ドル以内で移動可能になる。ライドシェアを依頼するより気軽で、安価なところがいい。
 
・今回使った「Lime」の電動スクーターと電動自転車。どちらも同じアプリで使える。サンノゼでは電動スクーターを、シアトルでは電動自転車のお世話になった。

乗り捨てが景観を汚す、街中をそれなりのスピードで走るので危ない、などの問題はあり、諸手を挙げて支持されているサービスではないのだが、正直旅行者にとっては、快適で安価な良いサービスだと思えた。今後世界中で似たサービスが使えるなら、旅行時の移動は本当に楽になる。なんとかいい落としどころが見つかればいいな、と思っている。

だが、こちらは6月に長期間渡米した時にもチェック済みだったので、そこまで新奇性はなかった。

今回驚いたのは、ライドシェア、なかでもLyftの進化ぶりだ。

9月に行ったアップルとOculus(Facebook)のカンファレンスでは、取材移動の足として、両社がLyftの利用クーポンを配っていた。

アップルやOculusが関係者に配るのは初めてだと思うが、こうしたシステムは以前からあったものだ。たいてい、「期間中は○○ドル分の乗車が無料に」といった形式のクーポンである。とはいえ、そういう配り方をするところが多かったわけではない。単なるクーポンなので、その会社と関係ないところで使われる可能性もあるからだ。管理はできないものの、飲みにいくのに使われちゃたまらない、というのが正直なところではないだろうか。

だが、今回のクーポンはちょっと違っていた。

なんと「出発地や到着地が固定」のクーポンだったのだ。以下は、実際の画面である。特定のエリアが指定されていて、そこを発着とする形でしか有効にならないのである。これだったら、クーポンを無駄遣いされる危険性もかなり減る。使う側も安心して使える。
 
・クーポンを使う場合、ピンクのエリア内だけが有効になる。このエリアは当然、クーポンごとに異なっている。

なぜこういうクーポンが登場したのか、詳しいことはわからない。だが、最近Lyftが始めたものであるようで、おそらくは、Lyftが大きなイベントを主催する企業に売り込み、使ってもらっているのだろう。相当なディスカウントがあっても不思議はない。

Lyftも上手い手を考えたものだ。この仕組みが定着すれば、ライドシェアでシャトルバスなどの業務用交通の需要すら奪える。バスを仕立てて管理するより、ライドシェアの方が安くつくし便利、という発想だ。

こういうコントロールができるのも、システムの柔軟さがあってのことだ。

「ライドシェアって、要は白タクだろう?」という発想は捨てたほうがいい。システムによって配車をコントロールすることで、公共交通を大きく変えられる、というのが、ライドシェアが生み出した変化の本質だ。

このことを、日本のタクシー会社はもっと真剣に考えた方がいいのではないか。

 

小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ

2018年10月12日 Vol.192 <未来をコントロールする号> 目次

01 論壇【小寺】
 2030年を考える
02 余談【西田】
 ライドシェアの本質をアメリカで見た
03 対談【小寺】
 「テレビメディアをガラガラポン」は成功したか (4)
04 過去記事【小寺】
 スマートホームは現実になるか
05 ニュースクリップ
06 今週のおたより
07 今週のおしごと

 
12コラムニスト小寺信良と、ジャーナリスト西田宗千佳がお送りする、業界俯瞰型メールマガジン。 家電、ガジェット、通信、放送、映像、オーディオ、IT教育など、2人が興味関心のおもむくまま縦横無尽に駆け巡り、「普通そんなこと知らないよね」という情報をお届けします。毎週金曜日12時丁度にお届け。1週ごとにメインパーソナリティを交代。   ご購読・詳細はこちらから!

その他の記事

一流のクリエイターとそれ以外を分ける境界線とは何か?(岩崎夏海)
Amazonプライムビデオの強みとは(小寺信良)
温泉巡りで気付いた看板ひとつから想像できる十年後の街並み(高城剛)
ワタミ的企業との付き合い方(城繁幸)
夏休みの工作、いよいよ完結(小寺信良)
人はなぜ初日の出に惹かれるのか–数万年の心の旅路(鏡リュウジ)
「コンテンツで町おこし」のハードル(小寺信良)
なぜアップルのユーザーサポートは「絶賛」と「批判」の両極の評価を受けるのか(西田宗千佳)
東芝「粉飾」はなぜきちんと「粉飾」と報じられないか(やまもといちろう)
大手企業勤務の看板が取れたとき、ビジネスマンはそのスキルや人脈の真価が問われるというのもひとつの事実だと思うのですよ。(やまもといちろう)
除湿、食事、温灸……梅雨時のカラダ管理、してますか?(若林理砂)
リアルな経済効果を生んだ「けものフレンズ」、そして動物園のジレンマは続く(川端裕人)
日本人の情報感度の低さはどこからくるのか(やまもといちろう)
週刊金融日記 第269号 <性犯罪冤罪リスクを定量的に考える、日経平均株価2万円割 他>(藤沢数希)
2ちゃんねるのスレがニュースになる時代(家入一真)

ページのトップへ