言語獲得以前の声の世界に学ぶ

フースラーメソード指導者、武田梵声の大阪講演2017開催決定!

「ボイストレーニングの歴史が動いた!」 とまで言われた大阪講演2016に続く、武田梵声氏による、フースラーメソード大阪講演の第2弾の開催が、2017年7月16日に決定しました!

ボイストレーニングの聖典と呼ばれたフースラーメソード、その源流(オールドイタリアンスクール、民謡研究)と展開(リードやチェザリーを含んだ三大ボイストレーニングメソードや、神経学的なボイストレーニング、アバンギャルドな音声実験まで)をも含んだあらゆる声の可能性を探求、実践、実験してゆく二時間です。

旧石器時代~現代まで、世界五大州全ての歌唱芸能を射程に入れた至高の二時間となるでしょう。声の可能性の解放、芸能の可能性の解放を求める全ての人の参加を心よりお待ちしています。

開催日時

2017年7月16日(日)19時30分~21時30分頃

開催場所

ココプラザホール(新大阪駅前)

参加費
7000円

申し込み方法

メール(bonjyou88@yahoo.co.jp)まで、大阪講演参加希望のメールを御送り下さい。また以下の予約必要事項を必ずご記入下さい。

予約必要事項

・お名前

・携帯番号

・メールアドレス

・芸歴(芸歴は無しでも問題ありません、もちろん初心者の方のご参加も問題ありません。また前回の大阪講演に参加した方も芸歴の記載は不要ですが、前回の講演参加と記載して下さい。)

フースラーメソードに関する質問(フースラーメソードに関する質問を受け付けます。当日の講演会の内容に反映させて頂きますが、全ての質問にお答えするものではありませんので、御了承下さい。特に質問が無い方は無しでも問題ありません。)

 

関連記事

間違いだらけのボイストレーニング--日本人の「声」を変えるフースラーメソードの可能性

 

 

DVD会員受付中!

武田梵声の私塾「野生の声音」

 

武田梵声の私塾「野生の声音」は、フースラーの高弟クレッチマーの流派でフースラーメソードを学んだ直系の孫弟子であり、これまで3万人以上に芸能指導、発声指導を行った第一人者である武田梵声氏が、満を持して開講する私塾です。

会員は毎月1回(原則土曜日開催)定例ゼミを開催(スタンダード会員のみ参加可能)。その他、イレギュラーにワークショップ等のイベントを行うことがあります。

また、定例ゼミの模様を収録したDVD+αは、翌月、ご自宅に送付いたします(スタンダード会員、DVD会員ともに、同じ内容です)ので、ご都合によりゼミに参加できなかった方も、ゼミの内容をご覧いただけます。

詳細・お申し込みはこちらから!

 

月1回の少人数講座&DVDを自宅にお届け!
武田梵声の私塾「野生の声音」

https://yakan-hiko.com/meeting/bonjo/top.html

 

その他の記事

クラウドの時代、拠点はシリコンバレーからシアトルへと移り変わるのか(高城剛)
リアルな経済効果を生んだ「けものフレンズ」、そして動物園のジレンマは続く(川端裕人)
本気でスゴイ!手書きアプリ2つをご紹介(西田宗千佳)
なぜ人は、がんばっている人の邪魔をしたくなるのか(名越康文)
社会システムが大きく変わる前兆としての気候変動(高城剛)
週刊金融日記 第265号 <日本社会で多夫一妻制が急激に進行していた 他>(藤沢数希)
なぜ母は、娘を殺した加害者の死刑執行を止めようとしたのか?~ 映画『HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話』佐藤慶紀監督インタビュー(切通理作)
名称だけのオーガニック食材があふれる不思議(高城剛)
シュプレヒコールのデジャブ感—大切なのは、深く呼吸をすること(名越康文)
なぜいま、世界史なのか? なぜ『最後の作品』が世界史なのか?(長沼敬憲)
「見て見て!」ではいずれ通用しなくなる–クリエイターの理想としての「高倉健」(紀里谷和明)
教育としての看取り–グリーフワークの可能性(名越康文)
主役のいない世界ーーCESの変遷が示すこと(本田雅一)
「有休を使い切ったうえで生理休暇って、アリなんでしょうか?」(城繁幸)
注目のスーパーフード、食用大麻で腸内環境の改善を目指す(高城剛)

ページのトップへ