言語獲得以前の声の世界に学ぶ

フースラーメソード指導者、武田梵声の大阪講演2017開催決定!

「ボイストレーニングの歴史が動いた!」 とまで言われた大阪講演2016に続く、武田梵声氏による、フースラーメソード大阪講演の第2弾の開催が、2017年7月16日に決定しました!

ボイストレーニングの聖典と呼ばれたフースラーメソード、その源流(オールドイタリアンスクール、民謡研究)と展開(リードやチェザリーを含んだ三大ボイストレーニングメソードや、神経学的なボイストレーニング、アバンギャルドな音声実験まで)をも含んだあらゆる声の可能性を探求、実践、実験してゆく二時間です。

旧石器時代~現代まで、世界五大州全ての歌唱芸能を射程に入れた至高の二時間となるでしょう。声の可能性の解放、芸能の可能性の解放を求める全ての人の参加を心よりお待ちしています。

開催日時

2017年7月16日(日)19時30分~21時30分頃

開催場所

ココプラザホール(新大阪駅前)

参加費
7000円

申し込み方法

メール(bonjyou88@yahoo.co.jp)まで、大阪講演参加希望のメールを御送り下さい。また以下の予約必要事項を必ずご記入下さい。

予約必要事項

・お名前

・携帯番号

・メールアドレス

・芸歴(芸歴は無しでも問題ありません、もちろん初心者の方のご参加も問題ありません。また前回の大阪講演に参加した方も芸歴の記載は不要ですが、前回の講演参加と記載して下さい。)

フースラーメソードに関する質問(フースラーメソードに関する質問を受け付けます。当日の講演会の内容に反映させて頂きますが、全ての質問にお答えするものではありませんので、御了承下さい。特に質問が無い方は無しでも問題ありません。)

 

関連記事

間違いだらけのボイストレーニング--日本人の「声」を変えるフースラーメソードの可能性

 

 

DVD会員受付中!

武田梵声の私塾「野生の声音」

 

武田梵声の私塾「野生の声音」は、フースラーの高弟クレッチマーの流派でフースラーメソードを学んだ直系の孫弟子であり、これまで3万人以上に芸能指導、発声指導を行った第一人者である武田梵声氏が、満を持して開講する私塾です。

会員は毎月1回(原則土曜日開催)定例ゼミを開催(スタンダード会員のみ参加可能)。その他、イレギュラーにワークショップ等のイベントを行うことがあります。

また、定例ゼミの模様を収録したDVD+αは、翌月、ご自宅に送付いたします(スタンダード会員、DVD会員ともに、同じ内容です)ので、ご都合によりゼミに参加できなかった方も、ゼミの内容をご覧いただけます。

詳細・お申し込みはこちらから!

 

月1回の少人数講座&DVDを自宅にお届け!
武田梵声の私塾「野生の声音」

https://yakan-hiko.com/meeting/bonjo/top.html

 

その他の記事

「見て見て!」ではいずれ通用しなくなる–クリエイターの理想としての「高倉健」(紀里谷和明)
旅を快適に続けられるための食事とトレーニングマシン(高城剛)
終わらない「レオパレス騒動」の着地点はどこにあるのか(やまもといちろう)
猥雑なエネルギーに満ちあふれていた1964年という時代〜『運命のダイスを転がせ!』創刊によせて(ロバート・ハリス)
『声の文化と文字の文化』ウォルター・オング著(森田真生)
「ルールを捨てる」とき、人は成長する 世界のトップビジネスパーソンが注目する「システマ」の効果(北川貴英)
迂闊に「学んで」はいけない–甲野善紀技と術理 2017「内腕の発見」(甲野善紀)
最近ハゲ関連が熱い、あるいは新潟日報と報道の問題について(やまもといちろう)
誰も無関係ではいられない「メディアの倫理」(小寺信良)
なぜ昔の絵本はロングセラーであり続けるのか?(岩崎夏海)
村上春樹から上田秋成、そしてイスラム神秘主義(内田樹&平川克美)
福島第一原発観光地化計画とはなにか――東浩紀に聞く「フクシマ」のいまとこれから(津田大介)
世界を息苦しくしているのは「私たち自身」である(茂木健一郎)
週刊金融日記 第275号 <いまさら人に聞けないビットコインとブロックチェーン・テクノロジー他>(藤沢数希)
「小学校プログラミング必修」の期待と誤解(小寺信良)

ページのトップへ