藤沢数希
@kazu_fujisawa

週刊金融日記 第286号<日本で高額所得者がどれだけ税金を払うのか教えよう、衆院選は安倍vs小池の天下分け目の戦いへ他>

藤沢数希のメルマガ『週刊金融日記』第286号(2017年10月2日発行)より、冒頭部分をお届けします。


〘第286号 目次紹介〙

// 週刊金融日記
// 2017年10月2日 第286号
// 日本で高額所得者がどれだけ税金を払うのか教えよう
// 衆院選は安倍vs小池の天下分け目の戦いへ
// 香港の高級中華レストランを二軒ほど
// 既セックス女性を男友だちに紹介することについて
// 他
 

 こんにちは。藤沢数希です。

 先週は香港に行っていたのですが、日本では小池百合子都知事が「希望の党」を結成し衆院選で戦う意向を示したため、日本の政治が一気に動き出しましたね。

 報道によると、小池氏が知事の仕事を辞して衆院選に出馬することはひとまず否定しているとのことですが、僕の外資系証券会社に勤務していた経験から言うと、出るんではないかな、と思っております。

 経歴がピカピカで、面接受けがすこぶるいいけど仕事ができない外国人マネジャーなんかが、高額の報酬でヘッドハントされてきて、威勢よく仕事を始めるんですけど、1年ぐらいでプロジェクトが詰んで、いよいよヤバくなってくると、持ち前の面接力とピカピカの履歴書で、また、次の会社に転職していくんですよね。仕事を放り出してね(笑)。小池さんも、そんな感じに見受けられます。

 LINE株式会社が運営するブロゴスの有料メルマガサービスですが、LINEビジネスに経営資源を集中させるため、来年の初め頃にはサービスを停止するそうです。まだ先の話ですが、ブロゴスで週刊金融日記を購読して頂いている方は、お手数ですが、他のプラットフォームに乗り換えください。よろしくお願いします。

 さて、今週も面白い投稿がたくさんありました。見所は以下のとおりです。

―既セックス女性を男友だちに紹介することについて
―彼女を失いお金を稼ぐ意味を無くしてしまいました
―女子大生とのアポの際に「おごりですか?」とよく聞かれます
―「築地ブランド」について
―非モテ向けのマッチングアプリを作るとしたら
―あまり身元が知れない女性と初セックスの際に「ゴムはつけないで」と言われたら
―女性の思わせぶりな態度と本気の違いを見抜く方法
―せっかく一人暮らしを始めたのに家に連れ込めません

 それでは今週もよろしくお願いします!

 

1.日本で高額所得者がどれだけ税金を払うのか教えよう

 これから書くことは、僕が覚えているだいたいの数字で計算しているので、あまり正確ではないのだが、まあ、どんな感じなのか、タイトルの件について、封筒の裏でやるような計算(back-of-the-envelope calculation)をしながら、ざっくりと書き出してみようと思う。今後、みなさんが日本でがんばり続けるのがいいのか、あるいは、香港やシンガポールに移住することを計画したほうがいいのかを考える際の一助になれば幸いである。

 じつのところ、税金だけを理由に外国に出ていく人は多くない。家族のことがあったり、住み慣れた国で過ごしたいという当たり前の気持ちもある。そもそも言葉や文化が違う外国に長年住むことは、多くの人にとって快適なものではない。もちろん、そういうことが好きな人もいるが、日本人全体の割合としては少数派であろう。また、多くの中小企業経営者、医師や弁護士などの仕事を考えてみても、そもそも海外に住めば日本と同じ水準の所得を維持できないことが大半だ。しかし、プログラマやトレーダー、いまならブロガーやYouTuberなど、住む国を比較的簡単に変えられる高額所得の個人が増えてきているのも事実である。

【高額所得の個人事業主やマイクロカンパニーの場合】

(続きは藤沢数希のメールマガジン『週刊金融日記』第286号にてお読みください)

藤沢数希のメルマガはこちら

藤沢数希のメールマガジン『週刊金融日記』


【料金】 864円(税込)/月 <初回購読時、1ヶ月間無料!>
【発行周期】 月4回以上配信(毎週日曜日配信予定)

藤沢数希が政治、経済、ビジネス、そして恋愛工学について毎週メルマガをお届けします。不特定多数が閲覧するブログ『金融日記』では書けないディープで具体的なお話が満載。マネーと恋愛に関する経済分析、法律論、リスクマネジメントを中心に情報をお届けします。



藤沢数希・著『損する結婚 儲かる離婚』

男女双方とも、簡単に全財産以上の金額が吹っ飛ぶのが結婚という金銭契約です。 「結婚はデリバティブ取引と同じでゼロサムゲーム。こと金に関しては夫婦は食うか食われるかの関係にある」。金融工学と恋愛工学について研究を重ねてきた藤沢数希が、適切な結婚相手の選び方を具体的なケースを元に解き明かす!

藤沢数希
理論物理学、コンピューター・シミュレーションの分野で博士号取得。欧米の研究機関で教鞭を取った後、外資系投資銀行に転身。以後、マーケットの定量分析、経済予測、トレーディング業務などに従事。また、高度なリスクマネジメントの技法を恋愛に応用した『恋愛工学』の第一人者でもある。月間100万PVの人気ブログ『金融日記』の管理人。

その他の記事

見た目はエントリープラグ? 驚異の立ち乗りロケット「ティコ・ブラーエ」を見てきました(川端裕人)
トランスフォーマー:ロストエイジを生き延びた、日本ものづくりを継ぐ者 ――デザイナー・大西裕弥インタビュー(宇野常寛)
村上春樹から上田秋成、そしてイスラム神秘主義(内田樹&平川克美)
NHK Eテレ「SWITCHインタビュー達人達 片桐はいり×甲野善紀」は明日(7月2日)22時放送です!(甲野善紀)
「一人でできないこと」を補う仕組み–コワーキングスペースが持つ可能性(家入一真)
地上で幸せになるためには、絶対に手に入らないものについて考えるのが良い(茂木健一郎)
「プログラマー的思考回路」が人生を変える(家入一真)
幻の鳥・ドードーの来日説を裏づける『オランダ商館長の日記』(川端裕人)
ビジネスマンのための時間の心理学――できる人は時間を「伸び縮み」させている(名越康文)
夜間飛行が卓球DVDを出すまでの一部始終(第1回)(夜間飛行編集部)
交通指揮者という視点(小寺信良)
猥雑なエネルギーに満ちあふれていた1964年という時代〜『運命のダイスを転がせ!』創刊によせて(ロバート・ハリス)
仕事とは「何を」するかではなく「どう」するかだ(岩崎夏海)
「10年の出会い、積み重ねの先」〜日本唯一のホースクリニシャン宮田朋典氏による特別寄稿(甲野善紀)
週刊金融日記 第296号【魑魅魍魎たちが跋扈する暗号通貨市場を生き抜く、多数のイベントが待ち構える12月のビットコイン他】(藤沢数希)
藤沢数希のメールマガジン
「週刊金融日記」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回以上配信(毎週日曜日配信予定)

ページのトップへ