岩崎夏海
@huckleberry2008

岩崎夏海「身辺雑記」より

上手な夢の諦め方

 

先日、ぼくが監修した新しい本『最後のプレイボール~甲子園だけが高校野球ではない~』が発売された。高校野球に携わる選手やマネージャー、指導者、あるいはその家族の実話を集めたドキュメンタリー集だ。全部で22編の物語が収録されている。

その中に印象的なエピソードがあった。

そのエピソードの主人公は、医者の家系に生まれた。彼は、子供の頃から周囲の影響で医者を目指していたが、同時に野球も大好きで、熱心に取り組んでいた。そうして高校に入る頃には、甲子園を目指して真面目に取り組むようになった。

すると、野球への愛情はどんどんと高まっていった。やがてプロ野球選手になることを夢見るようになり、高校最後の夏は地区大会で負けてしまったのだが、そこで諦めることなく、進学しても続けようと、浪人をして野球の強い大学を志した。

――と、ここまでは比較的よくある話なのだが、面白いのはここからだ。そうやって野球の強い大学を志していたのだが、いざ受験勉強を始めると、徐々に野球への思いが薄れていった。そうして「自分はやっぱり医者になった方がいいのではないか」と考え、そこから再度進路を変更し、あらためて医大を志したのだ。

そんなふうに、勉強を始めるのが遅れてしまった関係で、医大の受験にも二度失敗した。しかし三浪の末、ようやく志望する医大に合格し、医者になるための第一歩を踏み出すことができた。

このエピソードを読んだとき、ぼくは面白いと思った。なぜなら、こういう話は普通はドキュメンタリーとして取りあげないからだ。

というのも、この少年の生き方は、あまりにも「収まり」が悪い。医者と野球との間を不安定に揺れ動いているため、何かがドラマチックに展開するわけではない。「三浪」という苦労こそしたものの、最後は「医者」という元の鞘に収まっている。その意味で、「起承転結」が弱いのだ。

もう一つ、このエピソードがドキュメンタリーに相応しくないのは、少年が夢を「諦め」ているところだ。いや、医者という目標は諦めなかったが、野球という夢はあっさりと捨てた。そこのところも、ドラマチックさに欠けるところなのだ。

それゆえ、ドキュメンタリーではあまり見たことがない結構を持っているのだが、そこが逆に面白いのだ。こういうふうに起承転結が弱く、そのときどきで揺れ動くさまは、ドラマ性には欠けるが、その分とてもリアル――現実的なのである。

現実の社会では、よく「夢を諦めないこと」の重要性が喧伝されている。しかし実際は、ほとんどの人が何らかの夢を諦め、また叶えた人でも、人はやがて死んでしまうのだから、そこにずっと居続けられるわけではない。だから、夢というのは諦めないことより、実は諦めることを教えた方が、よっぽど役に立つのだ。

その意味で、ぼくは「甲子園大会」というものの意義に、今回あらためて気づかされた。

というのも、ほとんどの高校球児たちは、甲子園に出られない。参加する4000校の中で、出られるのはわずか50校ほど――その倍率は80分の1という、非常に狭き門なのである。

そのため、ほとんどの球児たちが、甲子園に出たいという夢を、残酷にも断たれてしまう。

しかし、そういうふうに残酷であるがゆえに、逆に球児たちは、そこで野球を諦められるのではないか。甲子園という華やかな舞台があり、その道が険しいからこそ、きれいさっぱり足を洗うことができる。そうして、次の道へと踏み出すことができる。

このエピソードに出てきた少年も、結局野球を引退することを決めた。そうして医者という新たな道を見つけ出して、そこに第一歩を踏み出した。

彼が「野球」という夢を諦められたのは、甲子園への道が残酷に断たれたからこそだ。そこで自分の実力のなさを思い知らされたおかげで、進路を変更し、医大に合格することができたのである。

この少年に限らず、球児には、高校を最後に野球をやめる人が少なくない。そこでは無数の夢が砕け散っている。地区予選が人生において「最後のプレイボール」になる少年が、本当に多いのだ。

しかし、そういうふうに夢が砕け散るからこそ、新しい道が拓ける。甲子園という大きな夢が挫折したからこそ、新たな道へと一歩を踏み出す勇気が湧きあがってくる。

この「最後のプレイボール~甲子園だけが高校野球ではない~」という本は、そういう夢が砕け散った人々の実話を集めたものである。そこには何より、色んな人の「夢の諦め方」というものが描かれているのだ。

 

※「岩崎夏海の身辺雑記」はメルマガ「ハックルベリーに会いに行く」で連載中です!

 

岩崎夏海メールマガジン「ハックルベリーに会いに行く」

35『毎朝6時、スマホに2000字の「未来予測」が届きます。』 このメルマガは、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(通称『もしドラ』)作者の岩崎夏海が、長年コンテンツ業界で仕事をする中で培った「価値の読み解き方」を駆使し、混沌とした現代をどうとらえればいいのか?――また未来はどうなるのか?――を書き綴っていく社会評論コラムです。

【 料金(税込) 】 864円 / 月
【 発行周期 】 基本的に平日毎日

ご購読・詳細はこちら

http://yakan-hiko.com/huckleberry.html

岩崎夏海

1968年生。東京都日野市出身。 東京芸術大学建築科卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。放送作家として『とんねるずのみなさんのおかげです』『ダウンタウンのごっつええ感じ』など、主にバラエティ番組の制作に参加。その後AKB48のプロデュースなどにも携わる。 2009年12月、初めての出版作品となる『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(累計273万部)を著す。近著に自身が代表を務める「部屋を考える会」著「部屋を活かせば人生が変わる」(累計3万部)などがある。

岩崎夏海
1968年生。東京都日野市出身。 東京芸術大学建築科卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。放送作家として『とんねるずのみなさんのおかげです』『ダウンタウンのごっつええ感じ』など、主にバラエティ番組の制作に参加。その後AKB48のプロデュースなどにも携わる。 2009年12月、初めての出版作品となる『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(累計273万部)を著す。近著に自身が代表を務める「部屋を考える会」著「部屋を活かせば人生が変わる」(累計3万部)などがある。

その他の記事

生き残るための選択肢を増やそう(前編)(家入一真)
ルンバを必要としない我が家でダイソンを導入した話(小寺信良)
新聞業界の斜陽と世迷言について(やまもといちろう)
ゲームと物語のスイッチ(宇野常寛)
できるだけ若いうちに知っておいたほうがいい本当の「愛」の話(名越康文)
中国人にとって、「村上春樹」は日本人ではない!?(中島恵)
小保方問題、ネトウヨとの絡み方などなどについて茂木健一郎さんに直接ツッコミを入れてみた(やまもといちろう)
少林寺、そのセックス、カネ、スキャンダル(ふるまいよしこ)
津田大介メールマガジン『メディアの現場』紹介動画(津田大介)
うまくやろうと思わないほうがうまくいく(家入一真)
「完全ワイヤレスヘッドホン」に注目せよ!(西田宗千佳)
ヘヤカツで本当に人生は変わるか?(夜間飛行編集部)
週刊金融日記 第291号【SegWit2xのハードフォークでまた天から金が降ってくるのか、日経平均は1996年以来の高値にトライ他】(藤沢数希)
【期間限定】『「赤毛のアン」で英語づけ』序文(茂木健一郎)
夏の帰省に強い味方! かんたん水やりタイマーセット「G216」(小寺信良)
岩崎夏海のメールマガジン
「ハックルベリーに会いに行く」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 基本的に平日毎日

ページのトップへ