石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』より

人生における「老後」には意味があるのでしょうか?

石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』2016年7月8日Vol.25より



【Q】「老後」に希望が感じられません

最近は子どもを作らずに夫婦だけで過ごすという方も多いようです。でも、それって老後に相手に先立たれたら、さみしいような気がします。いや、人間誰しも、老いたら寂しく過ごすものでしょうか。そうだとしたら、この先に希望もなく試練しかない気がします。人生において老後にはどんな意味があるのでしょうか。

 

【A】そもそも人生に意味なんてない。希望は自分で作るものではないでしょうか

えー、老後に?

その前にですね、人生とか命っていうものに意味はないよね。

例えば海の中の海底火山とかにブクブク熱水が湧くじゃないですか。ああいうところでしか生きられない海の生き物ってたくさんいますよね。海の底の真っ暗な熱いドロドロの温泉しか知らないまま死んでいく生物と、人間って、何にも変わらないと思いますよ。自分の意思でもなく、選んだ場所でもないところに、この時代たまたま生まれて死んでいくだけのものなので。

だから意味を作りたいと思えば作れるけど、「何の意味があるでしょうか?」と思っていたら意味は作れないんだよね。

あなたは今イメージだけで語っているじゃない。「年を取ったら悲惨に違いない」って。いやいや、そんなはずないよね。だって今の心を持ったまま年を重ねていくんだから。

例えば、今映画を見たり、お芝居を見に行ったり、あるいは友達と飲んで楽しいと思いますよね。それは年を取っても全く変わらないじゃないですか。その自分の自由時間は、老後にさらに増えていくわけなので。考え方によっては今よりずっと楽しくなるかもしれない。でも、命に意味なんて何もない。その中でどうやって生きたらいいのかということだけしかないんです。

「子どもがいなければさみしい」っていうのも決めつけに過ぎないよね。子どもがいてさみしい人なんていっぱいいるじゃない。子どもに殺される親もいるし、子どもが人を殺すっていうような事件もたくさんあるので。その意味の作り方は自由なので、「さみしい、つまらない老後にならないように、お好きなように生きたらどうですか。でも、そもそも命に意味なんてないよ」っていうのしか答えようがないんだよね。

ただ生まれて死んで、その中でなんとかもがいて、よりよい人生を送りたいと思っているだけ。それが人間だと、ぼくは思うな。

でもそれはカタツムリだってインフルエンザウイルスだって一緒だけどね。そういうこと考えるのであれば、昔の哲学者たちが人生の意味をどう捉えていたのかということを、ちょっと勉強してみると楽しいかもね。

でも、ライオンに食べられるシマウマにも、シマウマを食べるライオンにも意味はないと思うよ。ただおなかが減ったから食べているだけで。人間だって年取ったら死ぬっていうだけでしょ。でもそういう命が満ちている地球に生まれたっていうのがおもしろいよね。月に生まれたら石ころだからね。

 

石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』

kinei大好きな本の世界を広げる新しいフィールドはないか? この数年間ずっと考え、探し続けてきました。今、ここにようやく新しい「なにか」が見つかりました。

本と創作の話、時代や社会の問題、恋や性の謎、プライベートの親密な相談……

ぼくがおもしろいと感じるすべてを投げこめるネットの個人誌です。小説ありエッセイありトークありおまけに動画も配信する石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』が、いよいよ始まります。週末のリラックスタイムをひとりの小説家と過ごしてみませんか?
メールお待ちしています。
banner
http://yakan-hiko.com/ishidaira.html

石田衣良
1960年、東京都生まれ。 ‘84年成蹊大学卒業後、広告制作会社勤務を経て、フリーのコピーライターとして活躍。 ‘97年「池袋ウエストゲートパーク」で、第36回オール読物推理小説新人賞を受賞し作家デビュー。 ‘03年「4TEENフォーティーン」で第129回直木賞受賞。 ‘06年「眠れぬ真珠」で第13回島清恋愛文学賞受賞。 ‘13年「北斗 ある殺人者の回心」で第8回中央公論文芸賞受賞。 「アキハバラ@DEEP」「美丘」など著書多数。 最新刊「オネスティ」(集英社) 公式サイト http://ishidaira.com/

その他の記事

日本でも「ダウンロード越え」が見えたストリーミング・ミュージックだが……?(西田宗千佳)
付き合ってるのに身体にも触れてこない彼氏(25歳)はいったい何を考えているのでしょう(石田衣良)
猥雑なエネルギーに満ちあふれていた1964年という時代〜『運命のダイスを転がせ!』創刊によせて(ロバート・ハリス)
私的録音録画の新しい議論(小寺信良)
「常識」の呪縛から解き放たれるために(甲野善紀)
『一人っ子政策廃止』は朗報か?(ふるまいよしこ)
米朝交渉を控えた不思議な空白地帯と、米中対立が東アジアの安全保障に与え得る影響(やまもといちろう)
トランスフォーマー:ロストエイジを生き延びた、日本ものづくりを継ぐ者 ――デザイナー・大西裕弥インタビュー(宇野常寛)
iliは言語弱者を救うか(小寺信良)
【第5話】オープン戦(城繁幸)
花見で教えられるこの世の唯一の真実(高城剛)
「レゴとは、現実よりもリアルなブロックである」(宇野常寛)
武器やペンよりもずっと危険な「私の心」(名越康文)
経営情報グループ『漆黒と灯火』というサロンらしきものを始めることにしました。(やまもといちろう)
仮想通貨はトーチライトか?(やまもといちろう)
石田衣良のメールマガジン
「石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 月 2 回以上配信(メルマガは第 2・第 4 金曜日配信予定。映像は適宜配信)

ページのトップへ