高城剛メルマガ「高城未来研究所「Future Report」」より

出力してこそ、入力は正しく消化される

※「高城未来研究所【Future Report】Vol.195(2015年3月13日発行)より

708f428a9f575daf71fcd86af7164761_s-compressor

Q.往復4時間の通勤時間をどう活用しますか?

東京在住38歳妻子持ちの男です。20年来のファンでメルマガも初回から購読しています。いつも新鮮な気づきをいただきありがとうございます。この度、仕事で通勤時間が片道2時間の場所に異動になりました。諸事情あり、会社も辞めず引越しもせずに電車通勤となります。往復4時間!ですが幸いに行きも帰りも座れるので、時間の過ごし方をどうするか検討しています。

とりあえず読書(kindle)と、スポーツや音楽の動画がみたいのでファブレットの購入を考えています(現在はiPhone4sを使用なので)。候補はiPhoneplusかNexus6、またはNexus5+iPadmini(テザリングで使用)、で悩んでいます。サイズ感が重要と日々おっしゃっていますがオススメはありますでしょうか。また高城さんであれば何をして毎日の通勤時間を過ごすと思われますか?

 

A.iPadminiが良いと思いますよ

Amazonで年間数百冊(電子含む)も購入する僕は、もしかしたら、「Amazonでもっとも本を買う男」かもしれませんし、そうじゃないかもしれませんが、少し視点を変え「Amazonでもっとも本を買うけど、それと同じほど本を売る男」だったら、きっとそれは僕でしょう。

いま、誰もが入力したら、出力してバランスをとることが可能な時代に生きています。それが、本当にデジタルやインターネットを「使いこなす」ことだと思います。

さて、ご質問にあります長時間に及ぶ通勤時間を「幸い」だと考え、僕なら徹底的に読書に励みます。そして、一年間徹底的に読書日記をつけ、それをどこかで発表すると思います。なぜなら、入力は出力してこそ、正しく消化するからです。

そう考える(なにかを書くことを考える)と、iPhone6Plusでは小さいですよね。やはり、iPadminiが良いと思いますよ。この時間を、読む、 見るだけでなく、ご自身の「あたらしい表現の時間」としてお考えください。旅に出て、人と会い、本を読む。そして伝える。これが僕の人生の大半のように。

 

 

┃高┃城┃未┃来┃研┃究┃所┃【Future Report】
Vol.195
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
/ 2015年3月13日発行 /

■目次
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
… 1. 近況
… 2. 世界の俯瞰図
… 3. デュアルライフ、ハイパーノマドのススメ
… 4. マクロビオティックのはじめかた
… 5. 身体と意識
… 6. Q&Aコーナー
… 7. 著書のお知らせ

 

23高城未来研究所は、近未来を読み解く総合研究所です。実際に海外を飛び回って現場を見てまわる僕を中心に、世界情勢や経済だけではなく、移住や海外就職のプロフェッショナルなど、多岐にわたる多くの研究員が、企業と個人を顧客に未来を個別にコンサルティングをしていきます。毎週お届けする「FutureReport」は、この研究所の定期レポートで、今後世界はどのように変わっていくのか、そして、何に気をつけ、何をしなくてはいけないのか、をマスでは発言できない私見と俯瞰的視座をあわせてお届けします。

詳細・ご購読はこちらから
http://yakan-hiko.com/takashiro.html

 

ご紹介動画

高城剛
1964年葛飾柴又生まれ。日大芸術学部在学中に「東京国際ビデオビエンナーレ」グランプリ受賞後、メディアを超えて横断的に活動。 著書に『ヤバいぜっ! デジタル日本』(集英社)、『「ひきこもり国家」日本』(宝島社)、『オーガニック革命』(集英社)、『私の名前は高城剛。住所不定、職業不明。』(マガジンハウス)などがある。 自身も数多くのメディアに登場し、NTT、パナソニック、プレイステーション、ヴァージン・アトランティックなどの広告に出演。 総務省情報通信審議会専門委員など公職歴任。 2008年より、拠点を欧州へ移し活動。 現在、コミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門に、創造産業全般にわたって活躍。ファッションTVシニア・クリエイティブ・ディレクターも務めている。 最新刊は『時代を生きる力』(マガジンハウス)を発売。

その他の記事

「消防団員がうどん食べてたらクレームが来て謝罪」から見る事なかれ倫理観問題(やまもといちろう)
「近頃の新入社員は主体性に欠ける」と感じる本当の理由(名越康文)
なぜ若者がパソコンを使う必要があるのか(小寺信良)
「常識」の呪縛から解き放たれるために(甲野善紀)
『STAR SAND-星砂物語-』ロジャー・パルバース監督インタビュー (切通理作)
夏の帰省に強い味方! かんたん水やりタイマーセット「G216」(小寺信良)
成功する人は群れの中で消耗しないーー「ひとりぼっちの時間(ソロタイム)」のススメ(名越康文)
子育てへの妙な圧力は呪術じゃなかろうか(若林理砂)
世界遺産登録を望まない、現代の隠れキリシタンたち(高城剛)
嗤ってりゃいいじゃない、って話(やまもといちろう)
年末年始、若い人の年上への関わり方の変化で興味深いこと(やまもといちろう)
人は生の瀬戸際までコミュニケーション能力が問われるのだということを心に刻む(やまもといちろう)
日本人に理想的な短期間ダイエット「七号食」(高城剛)
大人の女におやつはいらない 上質な人生を送るための5つの習慣(若林理砂)
なぜ若者に奴隷根性が植えつけられたか?(後編)(岩崎夏海)
高城剛のメールマガジン
「高城未来研究所「Future Report」」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回配信(第1~4金曜日配信予定。12月,1月は3回になる可能性あり)

ページのトップへ