本田雅一
@rokuzouhonda

メルマガ「本田雅一の IT・ネット直球リポート」より

“YouTuberの質”問題は、新しいようでいて古い課題

※この記事は本田雅一さんのメールマガジン「本田雅一の IT・ネット直球リポート」 Vol.071「“YouTuberの質”問題は、新しいようでいて古い課題」(2020年7月2日)からの抜粋です。


「最近、質の低いYouTuberの行為が目に余る」「なんであんなのがたくさんのフォロワーを?」といった話を耳にするようになってきた。自分自身がYouTubeで発信するようになっているため、“YouTuber”という名称や括(くく)りがどういうものか、今ひとつピンと来ていないところがある。

「自分だってYouTuberだろう?」……なんて言われると話がややこしくなる。しかし、ここではいったんYouTuberの定義を“YouTubeを通じた売り上げをおもな収入源にしている人たち”と設定して話を進めていきたい。

かつて富士の樹海に取材に行き、そこで亡骸を見つけてふざけた動画をアップしたり、あるいはわざわざ海外にまで出掛けて異国の文化財を冒とくする行為などを行ったりと、YouTuberの問題行動が伝えられてきたが、昨今のそれは異質だ。

そもそも、YouTuberと言っても、質やジャンル、テイストなどはバラバラ。“ブロガー”といった時、いろんなブロガーがいるように、YouTuberにもさまざまな人たちがいる。しかしながら、“これまで見られなかった(ように感じる)”異常な行動をとる人たちがいるのも事実だろう。

何かネット上で大きな話題となっているキーワードが登場すると、「○○の兄です。弟がご迷惑をおかけしました」「○○の息子です。母が生前、お世話になりました」などといった動画が上がる。既に亡くなっている人、あるいは逮捕された有名人の家族を騙(かた)り、YouTubeに動画をアップすることは日常茶飯事で、それ自身が大喜利のお題のようになっていると言っても過言ではない。

そして冒頭の「YouTuberの行為が目に余る」という話につながっていくが、ちょっと待って欲しい。YouTuberが玉石混交であることは間違いない。しかし、活動の場所が変化しているだけであって、彼らのような存在は今までにもあったではないか。

 

誠実さとおもしろさ。映像エンターテインメントを制作する上での“正しさ”とは?

その現象だけを見ると、腹立たしいというよりも“異様”というほうがいいだろう。新型コロナウィルスで亡くなった岡江久美子さん、志村けんさんなど著名人の家族を騙って、無関係な他人がさまざまな動画を制作していることだ。ご存知のようにYouTubeでは、検索結果の順番をAIが自動的に調整している。その上位にくる映像の多くは、極めて過激なものばかりだ。

「息子です」などと騙っているのは、さほど悪質ではないと思えるものもある。愛人を名乗ってみたり、あるいは「最高です。いやぁ、死んでくれて本当によかった!」「悲しんでいる暇があったら、さっさと遺骨を捨ててこい」と言ったものまである。

紹介している自分が嫌になるほどだが、これらはYouTubeの闇の一部でしかない。これら不謹慎動画は、一つ一つを取り上げているとキリがないほど多いが、後を絶たないのは、これらの不謹慎動画は実に簡単に収益を上げられるからだ……
 
(この続きは、本田雅一メールマガジン 「本田雅一の IT・ネット直球リポート」で)
 

本田雅一メールマガジン「本田雅一の IT・ネット直球リポート」

2014年よりお届けしていたメルマガ「続・モバイル通信リターンズ」 を、2017年7月にリニューアル。IT、AV、カメラなどの深い知識とユーザー体験、評論家としての画、音へのこだわりをベースに、開発の現場、経営の最前線から、ハリウッド関係者など幅広いネットワークを生かして取材。市場の今と次を読み解く本田雅一による活動レポート。

ご購読はこちら

本田雅一
PCハードウェアのトレンドから企業向けネットワーク製品、アプリケーションソフトウェア、Web関連サービスなど、テクノロジ関連の取材記事・コラムを執筆するほか、デジタルカメラ関連のコラムやインタビュー、経済誌への市場分析記事などを担当している。 AV関係では次世代光ディスク関連の動向や映像圧縮技術、製品評論をインターネット、専門誌で展開。日本で発売されているテレビ、プロジェクタ、AVアンプ、レコーダなどの主要製品は、そのほとんどを試聴している。 仕事がら映像機器やソフトを解析的に見る事が多いが、本人曰く「根っからのオーディオ機器好き」。ディスプレイは映像エンターテイメントは投写型、情報系は直視型と使い分け、SACDやDVD-Audioを愛しつつも、ポピュラー系は携帯型デジタルオーディオで楽しむなど、その場に応じて幅広くAVコンテンツを楽しんでいる。

その他の記事

フリーランスで働くということ(本田雅一)
『声の文化と文字の文化』ウォルター・オング著(森田真生)
「どこでもできる仕事」と「そこじゃなきゃできない仕事」(高城剛)
「ルールを捨てる」とき、人は成長する 世界のトップビジネスパーソンが注目する「システマ」の効果(北川貴英)
怒って相手から嫌われることのメリット(岩崎夏海)
自分の心を4色に分ける——苦手な人とうまくつきあう方法(名越康文)
古い日本を感じる夏のホーリーウィークを満喫する(高城剛)
川の向こう側とこちら側(名越康文)
武器やペンよりもずっと危険な「私の心」(名越康文)
「生涯未婚」の風潮は変わるか? 20代の行動変化を読む(やまもといちろう)
「道具としての友人」にこそ、友情は生まれる(名越康文)
ピコ太郎で考えた「シェアの理解が世代のわかれ目」説(西田宗千佳)
カーボンニュートラルをめぐる駆け引きの真相(高城剛)
ビジネスに「自己犠牲」はいらない! ーー私たちが「社員満足度経営」にたどり着いた理由(鷲見貴彦)
任天堂の役割は終わったのか スマホでゲーム人口拡大を受けて(やまもといちろう)
本田雅一のメールマガジン
「本田雅一の IT・ネット直球リポート」

[料金(税込)] 550円(税込)/ 月
[発行周期] 毎月2回(第2、4木曜日予定)

ページのトップへ