やまもといちろうメルマガ「人間迷路」より

成宮寛貴友人A氏のブログの話



 騒ぎが拡大している俳優・成宮寛貴の暴露をした友人A氏の話、さっそくいろんなネタに発展していて、ITジャーナリストの三上洋さんも「アフィリエーターが急いで作ったブログのような感じ」と表現されています。もちろん、あまり知識がないなりに頑張って作ったものなのかもしれず、その辺は良く分からないのですが。

https://twitter.com/mikamiyoh/status/811638437291823105

 一方で、Netgeekがあっさり本人特定したとかで、ブログ記事にしていました。

【速報】成宮寛貴を売ったA氏を特定完了
http://netgeek.biz/archives/89753

 もしこれが事実としてA氏本人が真月ブルシさんとスカイ・フランコさん周辺なのであれば、まあ明らかに面倒くさい方面に絡まれた結果、同性愛のアウティングや薬物絡みで吊るされた可能性は否定できなくなってきます。こういう雰囲気の話は、金を払った貰ったという関係よりは「やるからやる」という流れで起きる問題でしょうし、以前に吉本興業の紛争でややこしい方面の話があった際もお金での解決ではテコでも動かなかった人たちが本人の土下座による謝罪で一転解決した事例もあって、実に筋論が大事にされる世界なのだなと思ったわけであります。

 本件薬物絡みでは、すでに幾つかの実話系雑誌でも話が出ているようですが、アスリート系のぶっ飛び女性が同じ売人であったとか、そこに介在しているヒルズ系ベンチャー企業家複数が借りたクルーザーの洋上でかなりの破廉恥をしていたなどという話が流れてきています。新興のPCメーカー社長やカードゲーム会社の経営幹部の名前も出ているようですが、大丈夫なのでしょうか。また、複数の有力クリニックに関与する整形外科医や、まだまだ人気のある女優の名前なども取り沙汰されて、実に華やかで微笑ましいです。

 なぜそのような話が乱舞するのかというと、このての「パーティーピープル」は刺激を求めて交遊を広げていくものの、こういう網の目というのは四方八方に伸びていくのではなくて、必ずどこかの売人や仕掛け人のところに集中していくのだということが分かります。思い返せば、吉本のとある有力芸人が薬物疑惑を囁かれて、テレビ番組を降板するかもしれないという話が出てしまいました。最初は本人も否定するし、事態が良く分からず雲を掴むような話だったのが、あるタイミングで「事情に詳しい」中堅の芸能プロダクションの社長が間に挟まって話をすることになったところ、どうも芸人氏がある情事沙汰で不義理をしたことがきっかけで起きた話ということが分かり、何となくなしをつけに言ったら有耶無耶になって、薬物疑惑も雲散霧消してしまった、というキツネにつままれる系の結果に終わったことがあります。本人としては相応に品行方正に生きているつもりでも、浮世のあれこれでいきなり別の方面から引っかけられる話もあり得るのだなあと思う次第であります。

 その意味では、成宮寛貴の件もそういううたかたのせめぎ合いに飲み込まれたものなのかなあと思うわけであります。本人なりにも悩んだでしょうし、誰を信頼したらよいのか分からないなかで、A氏やその周辺が週刊誌やテレビでネタを流すものだから、生きた心地もしないのかもしれません。いまだにプロレスラーの息子ってのも良く分からないんですが、何がどういう形で巻き込まれた結果がこの状態なのかひも解いてみると、いろんな人間模様が見えてくるのかなあといったところであります。

 また、成宮寛貴は有力事務所であるバーニング系のトップコートの所属で、彼らの手をもってしても、守り切れない何かがあったのでしょうか。

 

やまもといちろうメールマガジン「人間迷路」

Vol.175 成宮寛貴騒動の謎、メルカリあたりの預り金問題、トレンドとしてのIoTやAIにまつわる後ろ向きの話などなど
2016年12月26日発行号 目次
187A8796sm

【0. 序文】成宮寛貴友人A氏のブログの話
【1. インシデント1】オンラインゲームや「メルカリ」など預り金問題とか
【2. インシデント2】2017年トレンド予測:いよいよ本格的な普及が期待されるIoTやAIですがあえて後ろ向きな話をいくつか
【3. 迷子問答】迷路で迷っている者同士のQ&A

やまもといちろうメールマガジン「人間迷路」のご購読はこちらから

やまもといちろう
個人投資家、作家。1973年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。サイバーインテリジェンス研究所統計技術主幹など歴任。IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作に携わる一方、高齢社会研究や時事問題の状況調査も。日経ビジネス、文春オンライン、みんなの介護、こどものミライなど多くの媒体に執筆し「ネットビジネスの終わり(Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など著書多数。

その他の記事

スーツは「これから出会う相手」への贈り物 (岩崎夏海)
モアイの謎、イースター島にはまだまだ夢がある(高城剛)
「定額制コンテンツサービス」での収益還元はどうなっているのか(西田宗千佳)
公開中映画『郊遊<ピクニック>』監督・蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)インタビュー 「俳優」「廃墟」「自由」を語る(切通理作)
「相場下落」の冬支度、なのか(やまもといちろう)
こ、これは「スマート」なのか? スマートカメラ「IPC-T3710-Q3」が割とやべえ(小寺信良)
AirPodsから考えるBluetoothの「切り換え」問題(西田宗千佳)
「実現可能な対案」としての『東京2020 オルタナティブ・オリンピック・プロジェクト』(宇野常寛)
中国からの観光客をひきつける那覇の「ユルさ」(高城剛)
Amazon(アマゾン)が踏み込む「協力金という名の取引税」という独禁領域の蹉跌(やまもといちろう)
東大生でもわかる「整形が一般的にならない理由」(岩崎夏海)
なんでもアリのハイレゾスピーカー「RS-301」を試す(小寺信良)
世界旅行の際にちょっと得する航空券の買い方(高城剛)
「他人のタスク」に気を取られるな–自分を変える人のほうが得をする(名越康文)
人間関係は人生の目的ではない <つながり至上社会>の逆説的生き残り戦略「ひとりぼっちの時間(ソロタイム)」(名越康文)
やまもといちろうのメールマガジン
「人間迷路」

[料金(税込)] 756円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回前後+号外

ページのトップへ