小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ」より

一から作り直した「非バッファロー的なもの」–『新おもいでばこ』の秘密

※メールマガジン「小寺・西田の金曜ランチビュッフェ」2015年3月20日 Vol.027 <観点の整理号>より

先週3月13日に行なわれた、バッファローのデジタルフォトアルバム「おもいでばこ」のファン感謝祭で、新モデルが発表された。かなり大がかりな発表会だったので、すでに記事等をご覧になった方もあるかもしれない。

当日は残念ながら出席できなかったが、後日おもいでばこプロジェクトシニアプロダクトプロデューサーの根本将幸氏に、直接詳しい話を伺う機会に恵まれた。

新おもいでばこをハードウェアとして旧モデルと比較すると、小さくなりました、容量増えました、速くなりました、ぐらいにしか見えない。だがその奥まで探ると、これまでの商品とはまったく違うという真の顔が見えてくる。

我々PC/IT系ユーザーから見れば、バッファローはPC/ネットワーク周辺機器の大手メーカーである。量販店に行けば、あの赤いロゴを冠したコーナーがあり、多くのストレージ製品が並んでいる。

一方あたらしいおもいでばこのボディには、バッファローのロゴが一切ない。リモコンにもない。ついでに説明書にもないのだ。箱にはかろうじて小さく付いているが、これだけバッファロー色が消えた商品も珍しい。

・製品にバッファローロゴ一切なし
103602

つまりおもいでばこがターゲットとするユーザーは、赤いバッファローロゴの威力が「効かない」人たちなのだ。初期のアップルが標榜した " The Computer forthe Rest of Us "、すなわちコンピューターギークではない普通の人たちのためのものという考え方がある。まさにおもいでばこは、" Strage for the Rest ofUs " な商品だ。

1 2 3

その他の記事

「考える」というのは「答えを出すこと」じゃないよ(家入一真)
「定額制コンテンツサービス」での収益還元はどうなっているのか(西田宗千佳)
統計学は万能ではない–ユングが抱えた<臨床医>としての葛藤(鏡リュウジ)
季節の変わり目はなぜ風邪をひきやすい?(若林理砂)
「幸せの分母」を増やすことで、初めて人は人に優しくなれる(名越康文)
アカデミー賞騒ぎを振り返って〜往年の名優を巻き込んだ「手違い」(ロバート・ハリス)
「ネットが悪い」論に反論するときの心得(小寺信良)
一流のクリエイターとそれ以外を分ける境界線とは何か?(岩崎夏海)
やっと日本にきた「Spotify」。その特徴はなにか(西田宗千佳)
カナダでは尊敬の意をこめて先住民族をファーストネイションズと呼びます(高城剛)
食えない中2はただの中2だ!(家入一真)
「科学」と「宗教」、あるいは信仰における「公」と「私」(甲野善紀)
「反日デモ」はメディアでどう報じられ、伝わったか(津田大介)
心のストッパーを外す方法(岩崎夏海)
長崎の街の行方に垣間見える明治維新以降の日本社会の力学(高城剛)

ページのトップへ