小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ」より

一から作り直した「非バッファロー的なもの」–『新おもいでばこ』の秘密

※メールマガジン「小寺・西田の金曜ランチビュッフェ」2015年3月20日 Vol.027 <観点の整理号>より

先週3月13日に行なわれた、バッファローのデジタルフォトアルバム「おもいでばこ」のファン感謝祭で、新モデルが発表された。かなり大がかりな発表会だったので、すでに記事等をご覧になった方もあるかもしれない。

当日は残念ながら出席できなかったが、後日おもいでばこプロジェクトシニアプロダクトプロデューサーの根本将幸氏に、直接詳しい話を伺う機会に恵まれた。

新おもいでばこをハードウェアとして旧モデルと比較すると、小さくなりました、容量増えました、速くなりました、ぐらいにしか見えない。だがその奥まで探ると、これまでの商品とはまったく違うという真の顔が見えてくる。

我々PC/IT系ユーザーから見れば、バッファローはPC/ネットワーク周辺機器の大手メーカーである。量販店に行けば、あの赤いロゴを冠したコーナーがあり、多くのストレージ製品が並んでいる。

一方あたらしいおもいでばこのボディには、バッファローのロゴが一切ない。リモコンにもない。ついでに説明書にもないのだ。箱にはかろうじて小さく付いているが、これだけバッファロー色が消えた商品も珍しい。

・製品にバッファローロゴ一切なし
103602

つまりおもいでばこがターゲットとするユーザーは、赤いバッファローロゴの威力が「効かない」人たちなのだ。初期のアップルが標榜した " The Computer forthe Rest of Us "、すなわちコンピューターギークではない普通の人たちのためのものという考え方がある。まさにおもいでばこは、" Strage for the Rest ofUs " な商品だ。

1 2 3

その他の記事

虚実が混在する情報の坩堝としてのSNSの行方(やまもといちろう)
「ラスト・ナイツ」ついに公開ーー苦労そのものに喜びがある(紀里谷和明)
今週の動画「飇拳(ヒョウケン)」(甲野善紀)
心のストッパーを外す方法(岩崎夏海)
思考や論理と同じぐらいに、その人の気質を見よう(名越康文)
ようこそ、あたらしい体験「サウンドメディテーション」へ(高城剛)
縮む地方と「奴隷労働」の実態(やまもといちろう)
いま、東シナ海で何が起きているのか(小川和久)
50歳食いしん坊大酒飲みでも成功できるダイエット —— 超簡単に腕や脚を細くする方法について(本田雅一)
集団的自衛権を考えるための11冊(夜間飛行編集部)
人間は「道具を使う霊長類」(甲野善紀)
ダイエットが必ず失敗する理由(名越康文)
iPhone6の画面サイズにみる「クック流Apple」の戦略(西田宗千佳)
ビジネスマンのための時間の心理学――できる人は時間を「伸び縮み」させている(名越康文)
「テレビを作る側」はどこを向いているか(小寺信良)

ページのトップへ