紀里谷和明
@kazuaki_kiriya

紀里谷和明のメールマガジン「PASSENGER」より

「見て見て!」ではいずれ通用しなくなる–クリエイターの理想としての「高倉健」

※紀里谷和明メールマガジン「PASSENGER」2014年12月12日 Vol.028より

 

――「最近、本を読まなくなった」と言う声をどの世代の方からも聞きますが。紀里谷さんは読んでいますか。

俺自身もなかなか読めなくなっています。今はやっぱりスマホがあるから1時間を読書にさくということが、なかなか難しい。あんまりよくないですよね。とにかく、情報が多いのが問題だと思う。

「モノを持たない」ようにするのと同じで、今はなるべく情報の排除をすすめていかないといけないなと思っているんです。たとえば、できることなら、Eメールとかはなくしていきたい。うちの会社は、すでに痕跡を残さないメールアプリとか使っていますけれども。

 

――本も映画も、作り手には厳しい時代なんでしょうか。

今は、みんなが誰かの時間を欲しがっているでしょう。子どもがお母さんの時間を欲しがるように。ありとあらゆる企業や人が、ユーザーの時間を欲しがっている。時間を割いてもらうには、注目してもらわないといけない。だから、炎上マーケティングなんかは子どもが「お母さん、こっち見てよ」って騒いだりいたずらをするのと原理は同じですよね。とにかく気をひくために目立つことをやる、という感じになっている。でも、それって本当に必要なの? と思うんですよね。

というのは、映画もそうなんです。「できるだけ多くの人に見てもらわなきゃいけない」というのが前提にある。それは、本当にその通りなんですけど、「とにかく注目されることに一番の価値があるんだ」というふうになってしまうと、何が本当に大事なのか、よくわからないじゃないですか。

「見て見て」って言われなくても見てもらえるようにすることのほうが本当は大事であって。

人も同じだと思うんですよ。やっぱり(高倉)健さんみたいな人が、一番いいような気がする(笑)。「見て見て」と言わなくても、みんなに見てもらえるような生き方(あり方)が、理想なんじゃないでしょうか。

 

 

紀里谷和明メールマガジン「PASSENGER

2014年12月12日 Vol.028<「わけがわからないけど面白い」は許されない?>ほか

目次36
===========
1.最近のキリヤ
2.映画監督デビューから10年、今振り返って思うこと
3.今週のおすすめ映画/特別編
4.「わけがわからないけど面白い」は許されない?
5.お蔵出しフォト
6.メディア掲載・作品など
===========
※購読開始から1か月無料! まずはお試しから。

※kindle、epub版同時配信対応!

 

紀里谷和明メルマガ「PASSENGER」のご購読はこちらから

 

紀里谷和明
映画監督・写真家紀里谷和明。生まれ育った熊本から15歳で単身渡米、全米屈指のアートスクールで建築・デザイン・音楽・絵画・写真などを学ぶ。世界中を旅しながら、PVやCMなど表現の場を広げ、2016年には初のハリウッド長編映画を公開予定。 紀里谷和明公式サイト:Kiriya.com/クリエーターSNSサイト:freeworld.tv

その他の記事

何でもできる若い時代だから言えていたこと(やまもといちろう)
「幸せの分母」を増やすことで、初めて人は人に優しくなれる(名越康文)
ゆとり世代がブラック企業を育んだ(岩崎夏海)
「先生」と呼ぶか、「さん」と呼ぶか(甲野善紀)
生き残るための選択肢を増やそう(前編)(家入一真)
人はなぜ働くのか(岩崎夏海)
少子化を解消するカギは「家族の形」にある(岩崎夏海)
【期間限定】『「赤毛のアン」で英語づけ』序文(茂木健一郎)
宗教や民主主義などのあらゆるイデオロギーを超えて消費主義が蔓延する時代(高城剛)
週刊金融日記 第268号 <ビジネスに使えて使えない統計学その2 因果関係を暴き出す他>(藤沢数希)
公開中映画『郊遊<ピクニック>』監督・蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)インタビュー 「俳優」「廃墟」「自由」を語る(切通理作)
『ご依頼の件』星新一著(Sugar)
時代の雰囲気として自ら線が引けてくれば……(甲野善紀)
老舗江戸前寿司店の流儀(高城剛)
VRコンテンツをサポートするAdobeの戦略(小寺信良)
紀里谷和明のメールマガジン
「PASSENGER」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回(金曜日配信予定)

ページのトップへ