【連載】元卓球世界王者の「上達の法則」

(2)「目標」から「目的」へ

あなたが卓球をやる「目的」はなんですか?

卓球が上手くなるというのは、試合に勝つことだ、と考える人がいま す。もっと極端な言い方をすれば「スポーツなんてしょせん、勝ち負けがすべてだ」という人もいる。もちろん人それぞれ、考えがあってもいいんです。でも、 私はそういう言葉を聞くと、「本当かな? 本当にそう思っておられるのかな?」とも思うんです。

例えばどんな強い人だって、ケガをしたら弱くなりますよね。年齢とともに筋力が衰えてきたら、昔と同じようには勝てなくなるかもしれない。あるいは勝ったその瞬間はうれしいかもしれないけれど、何年か経てば、そんな試合のことは自分以外、誰も覚えてないかもしれないですよね。

 

[caption id="attachment_2770" align="aligncenter" width="640"] 選手時代の筆者[/caption]

 

私は、卓球をやるには「目標」と「目的」があると考えています。

「目標」というのは、例えば全日本選手権で優勝するとか、今度の大会でベスト8に入る! といったことがある。それはそれでいいけれど、それは卓球をやる「目的」ではありませんよね。

「目的」というのは、「自分は何のために卓球をやるのか」ということです。「勝ち負け」は目標にはなるかもしれないけれど、それは卓球をやる「目的」にはならないんじゃないかな、と私は思うんです。

選手として活躍している人も、趣味として楽しんでいる人も、自分は何のために卓球をやるのか、ということを一度考えてほしんです。なぜなら、目標と目的を混同していると、何をやっても次につながっていかないから。卓球をがんばるのはいいけれど、それがその人の「人生」につながらなかったら、つまらないと私は思うんです。

1 2

その他の記事

先端医療がもたらす「あたらしい人類」の可能性に思いを馳せる(高城剛)
開発者会議で感じた「AWS」という企業の本質(西田宗千佳)
総務省家計調査がやってきた!(小寺信良)
スマホが売れないという香港の景気から世界の先行きを予見する(高城剛)
東大生でもわかる「整形が一般的にならない理由」(岩崎夏海)
京都で実感した宗教を超える文化のグローバリゼーション(高城剛)
ソニーが新しい時代に向けて打つ戦略的な第一手(本田雅一)
『風の谷のナウシカ』宮崎駿著(名越康文)
昼も夜も幻想的な最後のオアシス、ジョードプル(高城剛)
「逃げる」というのは「努力しない」ということじゃないよ(家入一真)
日本が観光立国になり得るかどうかの試金石はVIPサービスにあり(高城剛)
準備なしに手が付けられる、ScanSnapの新作、「iX1500」(小寺信良)
ネットは「才能のない人」でも輝けるツールではありません!(宇野常寛)
スペイン、アンダルシア地方の旅の途中で考えたこと(本田雅一)
「狭霧の彼方に」特別編 その1(甲野善紀)
【DVD】軸・リズム・姿勢で必ず上達する究極の卓球理論ARP
「今のままで上達できますか?」元世界選手権者が教える、新しい卓球理論!

ページのトップへ