夜間飛行が卓球DVDを出すまでの一部始終(第3回)

2012年4月某日、夜間飛行事務所で編集作業に勤しむイノウエに届いた1本のメールからすべては始まった。
(第1回はこちらから)
(第2回はこちらから)

 

やはりDVDしかない

次の日、イノウエはさっそくTから送られてきた資料を読みこんだ。

ARP(アープ理論)というのは、Axis(軸)、Rhythm(リズム)、Posture(ポスチュア)の頭文字A、R、Pからとったものであること、卓球をフォアハンドやバックハンド、ツッツキやドライブといった個別の技術ではなく、その大本になる身体運動から整理したものであることなどが徐々に理解できてきた。

これは、既存の卓球の技術体系とはずいぶん違う捉え方だ。例えば一般的な指導では、バックハンドロングとツッツキは、まったく別の技術とされている。しかし、アープ理論ではそれらは「腕の動き」が違うだけで、「身体の動き」としては同じものだと考えるのだ。

[embed]http://www.youtube.com/watch?v=jSsITy9z3TA[/embed]

 

あるいは、テイクバック→インパクト→フォロースルーといった「フォーム中心」の捉え方も否定する。卓球の運動は、必ず「相手のボールのバウンド」に合わせて行われる。よって、フォームは運動の「結果」に過ぎず、反復練習によって身体に覚えこませるような意味でのフォームは存在しない。

姿勢を美しく保ち、相手のボールのリズムを合わせ、2種類の軸(センターアクシスとサイドアクシス)を使い分けて打球する。

一見、多種多様に見える卓球の技術も、アープ理論によってシンプルに整理することができる。それによって、動画のような非常にスムーズな技術の切り替えが実現できるようになる。

[embed]http://youtu.be/w3rdMjMY8g0[/embed]

 

アープ理論の概要をある程度理解したイノウエはひとしきり思案した。

このコンテンツには間違いなく力がある。すごみがある。ただ、どういうパッケージにするかは考えどころだ。

理論を正確に説明するには言葉や図解が必要だ。その一方で、最初にみた動画のインパクトは大切にしたい。はじめてアープ理論を知る人が「こういうふうにプレーしたい」と感じるようになるには、やはり動画の力を最大限にいかすべきだ。

5月の声を聴く頃、方針は決まった。夜間飛行ではじめての、卓球のDVD作成プロジェクトがスタートしたのだ。

 

(第4回につづく)
(第2回はこちらから)
(第1回はこちらから)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2012年12月11日発売!

壁を越えたいすべての人に贈る
究極の卓球理論DVD

[DVD] 軸・リズム・姿勢で必ず上達する 究極の卓球理論ARP(アープ)

世界のトップ選手たちはなぜあれほど速く、激しいラリーの中でもバランスの取れた、美しい姿勢を崩さずにプレーを続けられるのか。全日本選手権を2度制し、世界選手権団体優勝に導いた名選手・山中教子がまとめた卓球理論=ARP(アープ)理論は、その秘密を軸・リズム・姿勢の三要素でひもとき、誰でも学べる形にまとめている。初心者からトップランカーまで、卓球に取り組むすべてのプレーヤー必携の究極の卓球理論!!

特設販売サイトはこちら!
http://arp.yakan-hiko.com/

その他の記事

「負けを誰かに押し付ける」地方から見た日本社会撤退戦(やまもといちろう)
【第5話】オープン戦(城繁幸)
これからのクリエーターに必要なのは異なる二つの世界を行き来すること(岩崎夏海)
「電気グルーヴ配信停止」に見るデジタル配信と消費者保護(西田宗千佳)
揺れる「全人代」が見せるコロナと香港、そして対外投資の是非(やまもといちろう)
実は「スマート」だった携帯電話は、なぜ滅びたのか ーー10年前、初代iPhoneに不感症だった日本市場のその後(本田雅一)
週刊金融日記 第291号【SegWit2xのハードフォークでまた天から金が降ってくるのか、日経平均は1996年以来の高値にトライ他】(藤沢数希)
夕陽的とは何か?(前編)(岩崎夏海)
大国の世相変化に翻弄される香港の今(高城剛)
『驚く力』から『ソロタイム』へ–『驚く力 矛盾に満ちた世界を生き抜くための心の技法』文庫版あとがき(名越康文)
開成中高校長「『勉強しなさい』を言ってはいけない」教育論の波紋(やまもといちろう)
高城剛のメルマガ『高城未来研究所「Future Report」』紹介動画(高城剛)
話題のスマホ「NuAns NEO」の完成度をチェック(西田宗千佳)
トランスフォーマー:ロストエイジを生き延びた、日本ものづくりを継ぐ者 ――デザイナー・大西裕弥インタビュー(宇野常寛)
「身の丈」萩生田光一文部科学相の失言が文科行政に問いかけるもの(やまもといちろう)

ページのトップへ