小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ」より

やっと日本にきた「Spotify」。その特徴はなにか

※メールマガジン「小寺・西田の金曜ランチビュッフェ」2016年9月30日 Vol.098 <秋は腹ペコ号>より

9月29日(すなわち、このメルマガが発行される前日だ!)、Spotifyが日本参入を正式発表した。4年前から「来る」と何度も言われ、「NetflixかドコモのiPhoneかSpotifyか」と一部では言われていたが、ようやく発表に至った。詳しい発表会のレポートや、ダニエル・エクCEOのインタビューはAV Watchの方(9月29日中には公開されているはずだ)を見ていただくとして、ここではサービスのプレビューと発表会のこぼれ話をお伝えしたい。

・「音楽と生活」を推すSpotify

・発表会場。アーティストからのメッセージビデオもすべて「Konnnichiwa JAPAN」で始まった。

さて、Spotifyとはなにか? 発表会の冒頭で、Spotify JAPANの取締役であるハネス・グレー氏は「われわれはテクノロジー企業ではない。テクノロジーを利用する音楽企業だ」と語った。ある意味あたりまえなのだが、この辺がSpotifyの言いたいことであり、本質とも言える。

アップルにしろAmazonにしろ、「オンライン配信」の第一世代=ダウンロード販売からスタートしている企業は、楽曲を「買ってもらう」ためにお勧めし、プロモーションする。しかしSpotifyが(実質的に)生み出した第二世代のデジタルミュージックである「ストリーミング・ミュージック」は、楽曲を「買う」形になっていない。正確にいえば、第一世代の事業者が移行したモデルでは「買う」ものとのミックスモデルになっているが、それは「後付け」といってもいい。

ストリーミング・ミュージックは「聞き放題サービス」と言われる。だが、それはサービスの性質を正確に表したものではない。音楽の聞き放題サービスに「価値を見いだしてもらう」ために、「好きかもしれないけれど知らない曲」を発見する機能を強化しているのが、Spotifyなどのストリーミング・ミュージックなのである。

いつも聞く曲がだいたい同じなら、わざわざ毎月お金を払う必要はない。ディスクでもダウンロードでもいいので「買えば」いい。聞く回数が増えればそちらの方がお得だ。使い方も今まで通りでシンプルである。しかし、大量の曲から「聞くかも知れない曲」に出会う姿を実現できていれば、それは新しい価値になる。

放送局のCDライブラリーやタワーレコードに放り込まれて、「なんでも好きな曲を聞いていい」と言われても、きっと誰もがまごつく。知っている曲を見つけて、それから聞いていくはずだ。だが、隣にDJがいて「君にはこれがいい」と言ってくれれば、知らない曲にも手を出すだろう。Spotifyなどがやっているのは、要はそういうことだ。だから、SpotifyアプリのHome画面も、いきなり「プレイリスト」である。無料プランは、楽曲を選んで聞く「オンデマンド」に再生時間の制限があり、「プレイリスト」なら無料になる。

・SpotifyアプリのHome画面。最近聞いたプレイリストと、聞いた楽曲をベースにした「おすすめ」が並ぶ。

「君にはこれがいい」が有効に働くには、お勧めのクオリティが高くなければならない。だから、ストリーミング・ミュージックの企業は必ず「AIとビッグデータ」の会社になり、音楽を知るキュレーターの能力に頼るのだ。そこにIT企業としてのアイデンティティが生まれる。

Spotifyが先行サービスと違う点をひとつ挙げるとすれば、いわゆる「ヒットチャート」の中に「バイラルチャート」があることだ。これは、Spotifyからソーシャルメディアへシェアされた量をベースにしており、一般的なヒットチャートとは異なる。こうした手法をうまく採り入れ、楽曲発見に活かしているところが、Spotifyの先進的な部分とも言える。

・Spotifyの特徴でもある「バイラル」でのチャート。いまは日本のものがまだないが、どういうランキングになるか楽しみだ。

一方で、ちょっと見た限りでは、楽曲のラインナップは他社と極端に違わないように思える。また、無料プランが差別化点ではあるものの、有料プランの料金は他社と同じ水準である。そして、ここまで説明したようなサービスの概要は「毎日、彼らが想定する使い方」をしてみないとピンとこない。

こうしたこともあり、Spotifyが「絶対日本でもヒットする」と、筆者には断言できるだけの要素がまだない。しかし逆にいえば、「音楽配信の使い方」が、他国同様日本も変わってくるかどうかの試金石にもなり得る。

この辺は、色々な人の意見が聞きたい。洋楽聞きの小寺さんなどがどういう反応をするのか、実は楽しみでもある。

 

小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ

2016年9月30日 Vol.098 <秋は腹ペコ号> 目次

01 論壇【小寺】
 Uberの本領発揮なるか。Uber Eats始動
02 余談【西田】
 やっと日本にきた「Spotify」。その特徴はなにか
03 対談【小寺】
 地方から世界に打って出るよしみカメラの秘密 (4)
04 過去記事【小寺】
 パソコンは“終わってしまう”のか
05 ニュースクリップ
06 今週のおたより
07 今週のおしごと

 
12コラムニスト小寺信良と、ジャーナリスト西田宗千佳がお送りする、業界俯瞰型メールマガジン。 家電、ガジェット、通信、放送、映像、オーディオ、IT教育など、2人が興味関心のおもむくまま縦横無尽に駆け巡り、「普通そんなこと知らないよね」という情報をお届けします。毎週金曜日12時丁度にお届け。1週ごとにメインパーソナリティを交代。   ご購読・詳細はこちらから!

その他の記事

『「赤毛のアン」で英語づけ』(3) 〝大事なこと〟にはこだわっていい(茂木健一郎)
“B面”にうごめく未知の可能性が政治も社会も大きく変える(高城剛)
「民進党」事実上解党と日本の政治が変わっていくべきこと(やまもといちろう)
「モノ」と「場所」に拡張していくインターネット(高城剛)
iPad Pro発表はデジタルディバイス終焉の兆しか(高城剛)
彼女を部屋に連れ込んでどうにかしたい時に聴きたいジャズアルバム(福島剛)
フリーランスで働くということ(本田雅一)
「完全ワイヤレスヘッドホン」に注目せよ!(西田宗千佳)
日本のペンギン史を変える「発見」!?(川端裕人)
なぜ、僕らは「当然起こるバッドエンド」を予測できないのか?(岩崎夏海)
「iPad Proの存在価値」はPCから測れるのか(西田宗千佳)
「なぜかモテる人たち」のたったひとつの共通点(岩崎夏海)
いつか著作権を廃止にしないといけない日がくる(紀里谷和明)
「見て見て!」ではいずれ通用しなくなる–クリエイターの理想としての「高倉健」(紀里谷和明)
教育にITを持ち込むということ(小寺信良)

ページのトップへ