3月7日「奏でる身体2」に向けて

「奏でる身体」を求めて

2014年3月13日、武術研究者の甲野善紀先生を迎えての鼎談「奏でる身体2」を行うことになりました。ここで、フルーティストとしてのこの20年ほどの間の試行錯誤の日々を振り返ってみたいと思います。

「なぜ音楽家が、武術研究者に身体操法を学ぶ必要があるのか」という疑問にもある程度、答える内容を述べたつもりです。(白川真理 フルート奏者・音楽家)

 

・「奏でる身体2」の詳細はこちら

http://yakan-hiko.com/event.php?id=20140313

 

 

公開レッスンでの大失敗

 

今から20年ほど前、まだ私が30代だった頃のこと。フルートの公開レッスンを受ける機会がありました。受講生はほとんどが20代の若手ばかり。ドイツで学び、日本でプロのはしくれとして演奏活動を始めていた私は、受講生の中では年齢も、経験も頭ひとつ抜けていたはずでした。

 

しかし、私はその場で、大失敗をしてしまいました。若手に見られているということ、プロとして、恥ずかしい演奏はできないという緊張感があったのでしょう。通常のコンサート以上に上がってしまい、心臓はドキドキと聞こえる程の速い動悸を打ちました。一音出すだけでもブルブルと息が震え、まともな演奏ができず、大恥をかいてしまったのです。

 

しかしこの時私が痛感したことは、「なぜこんな失敗をしてしまったのだろう」という後悔というよりは、「これは、たまたまではない」ということでした。思い通りに行かない居心地の悪さ、失敗するかもしれないという恐怖心と背中合わせの中で演奏を続けてきた自分自身の演奏に、改めて気付かされたのです。

 

そのときまでの私は、本番のたびに無理矢理奮い立たせて「さあ、やるぞ! 私は大丈夫!」という過剰にテンションを上げることによってごまかしてきました。もちろん、それで乗りきれることもありましたが、常に身体には違和感が残り、次はどうなるか、その次はどうなるかと不安で、毎回、いわば「丁半博打」を打つような気持ちで本番を重ねてきていました。

 

後輩や、同僚に囲まれた中での「大失敗」は、私にとって、「このままじゃダメだ! 変わりたい」と真剣に考えるきっかけになったのです。

1 2 3 4

その他の記事

今週の動画「切込入身」(甲野善紀)
変化のベクトル、未来のコンパス~MIT石井裕教授インタビュー 前編(小山龍介)
僕ら“ふつうのおじさん”が理解できないこと(本田雅一)
「芸能人になる」ということ–千秋の場合(天野ひろゆき)
就活解禁になっても何やっていいのかわからない時に読む話(城繁幸)
名越先生、ゲームをやりすぎると心に悪影響はありますか?(名越康文)
週に一度ぐらいはスマートフォンを持たず街に出かけてみよう(名越康文)
『STAND BY ME ドラえもん』は恋する時間を描いた映画(切通理作)
大学の奨学金問題、貸し倒れ率見る限り問題にならないのではないか(やまもといちろう)
世界は本当に美しいのだろうか 〜 小林晋平×福岡要対談から(甲野善紀)
本当の才能は「何かに没頭した時間」が育ててくれる(名越康文)
先行投資か無謀な挑戦か ネット動画事業に関する是非と簡単な考察(やまもといちろう)
多くの若者がホリエモンを誤解している(岩崎夏海)
ボブ・ディランとぼく(ロバート・ハリス)
21世紀の稼ぎ頭は世界中を飛び回るシェフ、DJ、作家の三業種(高城剛)

ページのトップへ